最近のトラックバック

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2016年3月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年4月

2016年4月18日 (月)

雪の進軍 戦車は進む 冬は寒いし 氷は吹雪く やってやるぞと威勢は高く 全て劣らぬ強者ぞろい 雪の進軍 作詞櫻井清和 雪の進軍 ガールズアンドパンツァー 美穂と秋山は戦車で進む おとめのたしなみ 戦車道よ 4号戦車が 咆哮をあげる 雪の進軍 ガールズアンドパンツァー 美穂と秋山は戦車で進む おとめのたしなみ 戦車のみちよー っよきハハ つよき妻に なるみちよ 雪の進軍 ガールズアンドパンツァー 美穂と秋山は戦車で進む おとめのたしなみ 戦車のみちよー リーダーフラッグを 上げるおとめよ 作詞櫻井清和敵は遅いぞ 地団駄すれば すべて破壊し見渡す限り さけもあるしさしみもあるぞ すべての名誉は 祖国の為に 作詞櫻井清和 雪の進軍雨の日も風の日も  戦車はどこまでも進む 逃げる戦車に 応戦車 追撃戦と進軍ス パンツァー・リート 作詞櫻井清和雨の日も風の日も 戦車はどこまでも進む うかつに攻めこむ敵陣を 一点突破し 撃破せん 作詞してみました 作詞櫻井清和雨の日も 雪の日も 戦車はどこまでも進む 果敢に戦う戦車兵 我らは笑って進軍す ちょっとかえました 歌詞櫻井清和三snowARMY WALK THIS Way (雪の進軍パンクバージョン 作詞櫻井清和三  雪の進軍 玉砕すれば 周り見渡し すべてを破壊 山は崩れて 戦車は進む すべて破壊し ナダレは起こる 雪の進軍 すべてを破壊 周り見渡し すべてを破壊 山を崩して ナダレが起きりゃ すべて破壊し 敵ミカタすべてデストロイ!! ほとんどギャグですwww 真に受けとんないでくださいw雨の日も 雪の日も 戦車はどこまでも進む 果敢に戦う戦車兵 勇猛果敢に進軍す 雨の日も 雪の日も 戦車はどこまでも進む つかれを知らぬ いくさうま 我ら精鋭ドイツ軍 作詞 櫻井清和三

帝都攻略物語 ラクロス仕置 俺の子供を孕め と マーキング汁を発射する エルンスト 「あー いいわよぉー 精子子宮に注いでー 精子ひとつひとつ丁寧に感じるからー とエルンストと ローラ夏目が セックスしている 肥大したクリトリスを触りながらエクスタシーを感じていた ストームの 南に 位置する サウスストームにて 遺跡が発見された エルンストと ローラ夏目 ツグミが ポリスバスで 向かった アーサー本部長が タバコを吹かし 生(き)びつを返し言う 「遺跡は 先住民族の物と 判明した おそらく伝説にある 邪教の神殿だ で デザートアサシンが 絡んでいるらしい」 サウスストームの ジャングル 「あ フレイア先輩 伊木御 凛」 「あら 現地入りしたのね」 フレイアは 地母神を思わせるような 色香のある 肉体の女性で 豊満な体と 2つの 青い大きな りんごが ある エルンストは 何度も 幾度となく 肉体の秘部と 歓喜を味わった 「うーむ まいったなあ 」 と 伊木御凛 「なによ あたしは いいところ…」 と なにか言っている女性が居る 「あら なかなかいい男が 居るじゃない」 と 女性は 一気呵成にいった 「こいつは 天津の安保で やってきた 私の 師匠で母の カムイだ」 「もー ジャングルは 暑いし 何にも 楽しみなかったのよ!! 「うるさい… 」 「綾瀬!!」 「… はあ ツンデレ?」 とエルンストは聞いた 「まあ そういう属性も在る」 と伊木御凛 「というか 東女つーのかな?」 「ふーん なかなか いい男ね じゃあ 説明するわよ」 とカムイ 「デザートアサシンが 砂漠の民ってことは 存じているわね」 「はい」 「おにーちゃん」 「ん?」 「ああわたしの妹の舞だ 伊木御舞」 「カッコイイねー 警官なんだー  えへへへ」 「ふーむ 」 「あ あぶない」 と布製品のパワードスーツを着た  デザートアサシンが襲ってきた 「うわ」 「ポリススーツを 着る」 物質圧縮機 パンドラボックスにより 0.3秒で 着る 「ビームブレード?」 「ふう たすかったー」 と舞 夜 「今日はありがとう おにーちゃん」 ん? 「しっ 起きちゃう 声を出さないように…」 と 舞の 秘部が 肉棒に当たる 「俺の肉棒をここまでくわえ込むとは淫乱だな と誰の侵入を受けていない ヴァギナを 肉棒が侵入した 女や雌に 変貌した瞬間であった」 膣内(なか)は 熱い 40度もあろうか?とエルンストは思った 「ん…誰だ?」 「凛だ… 舞 やってるな…」 おねーちゃん おねーちゃん と懇願の声をだす 舞 「分かった 」 と おっぱいと 秘部を掴み 体を安定させる 「あ あ…」 とか細い声を 上げながら 果てる 舞 「はあはあ」 「エルンスト… 姉妹丼は 好きか?」 「あら まあ おおきな 肉棒」 と可夢偉も来た 「あ 母上」 「入れてあげるわよ」 と カムイが 肌を露(あら)わにし  「お…おっぱいがあたる」 「まあまあ 」 とおっぱいをつかみ 秘部を 持ち しっとり しっぽりと濡らす 「気持ちいい 母上…」 「さあ 入れるわよ」 とエルンストの 肉棒に 入れた 「あああああ 気持ちいい」 と 女上位で 感じる 凛 「は ふう」 と首を 後ろに 傾ける 「キスよ」 と可夢偉と凛は キスをした 「おねーちゃんだけずるい あたしもやるー」 と クリトリスを触りながら 可夢偉と凛に 唇を 合わせる 「あらあら 女の子同士のキスってかわいいわね」 と カムイ 「けもののように 貪ろう」 と バック される 凛 「あ あああああ」 私のばんね と 可夢偉は おっぱいを エルンストに向け 顔を 渦ませる 「お 垂れてるけど 豊満(ほうまん)だな Hだ エロい と エルンストは言った 「あ…7」 と おっぱいの先をつかむ 「あたしの性感帯よくわかっているわね」 と可夢偉」 「いいのかい? 旦那さん 居るんだろ」 「いいのよ あたし 若い子は羨ましい 孕ませて」 「あ ずるいー あたしも 元気な赤ちゃん欲しい あたしも 孕ませてよ エルンスト」 と舞 「いや 可夢偉さんの具合をみてみたい」 ぐっと下がってきた 子宮口に あたる 何百人もの ペニスをくわえこんできた たまものか 熟した 熟女の 中は 具合がよく よく吸い付いてくる 「あなたによく似た げんきな子をうむわ!! 子宮口に注いで!! エッチは中出しがいちばん気持ちいいわよね」 と 足を折り曲げ 中に入れる 「あ 入ってくる 温かい感触」 と ご満悦だ 「唾液も 精液も 精子も 大好きよ 他人の物が体に入ってきてたまらないほど刺激的な感覚  男の人のもののぬくもりっていうのかな? 精子を 何回も中に出してくれるなんてしていいなんて 女にとって 最高の 喜びよね 「30を超えてアソコの感覚がどんどんふかくなってる いまではキスをしているだけでペニスを入れてほしくなっちゃう わかいころはクリの刺激だけでまんぞくしちゃうんだけど 挿入がなかったら欲求不満で… 死んじゃうかも 「ストライカー だな」 その後 伊木御凛が 「足コキしてやるよ」 「ふむ どうせなら 黒い タイツを履いてきてくれないか 肌触りが違うからな あとエロいからさ」 「分かった 」 と 足コキで果てた 次の日 「おい エルンスト起きろ!!」 vhで声が聞こえる 「ふわ? アーサー本部長?」 「遺跡内で 死者が出た 今すぐ 現場へ 迎え」 「あ はい ヒーローチーム Theテンペスト 出動(しゅつどう)」 「ななんだこりゃ?」 とエルンストが 向かった先には 7つの石像が 動いている 「あ 来てくれたんですね」 と 仕立ての良い灰色のスーツに 白衣をきた 女性が居る 「これは?」 石像が動き出し … 「あ こっちに向かってくる」 「ヒューマンタンク!! と重装甲のパワードスーツを装着する 「っく 俺もここまでか・・・」 ドッカーンという音とともに ローラ夏目が 硝煙の煙のな日から現れる 「ケルベロス!!!バズーカ 大丈夫? もーりん博士 エルンスト君 「こりゃあ たいへんなこととなったな」 と 石像の動きが止まる 突然 巨大な 亡霊が 光と轟音とともに 遺跡の暗闇から照らしだされた 「我が名はロイヤルナイト  ナイトオブパイクスをよくぞ倒した ハイランダーの技術により 創りだした 機甲兵なり む… 我が 子孫か?」 「まさか ナイトオブパンクスをたおすやつがいるとは…」 「誰?」 と舞が聞いた 「私は エリザベス」 「ふむ カノンの子孫か」 この胤子(たねこ)が 私の体を貫いて 私の卵の殻を やぶり 受精するのね ペ0スの先端を ぐっと下がってきた 子宮口が 咬む こんなに感じてしまうのを 驚いた 熱を上げて 開く秘部は 愛液でグジャグジャでみずからの痴態を恥じた よつんばいとなり男の精を子宮という器で受け止める  フレイアは 獣の格好で 肉棒の注入を受け止めた フレイアが 犯された瞬間であった ヴァルキリーガンダム ん? なあに?  「ここに配属された スニカだ お手柔に たのむ

帝都攻略物語 ラクロス仕置


俺の子供を孕め
と マーキング汁を発射する エルンスト
「あー いいわよぉー
精子子宮に注いでー 精子ひとつひとつ丁寧に感じるからー
とエルンストと ローラ夏目が セックスしている

肥大したクリトリスを触りながらエクスタシーを感じていた

ストームの 南に 位置する サウスストームにて
遺跡が発見された
エルンストと ローラ夏目 ツグミが ポリスバスで
向かった
アーサー本部長が タバコを吹かし 生(き)びつを返し言う
「遺跡は 先住民族の物と 判明した
おそらく伝説にある 邪教の神殿だ
で デザートアサシンが 絡んでいるらしい」

サウスストームの ジャングル

「あ フレイア先輩 伊木御 凛」

「あら 現地入りしたのね」
フレイアは 地母神を思わせるような 色香のある
肉体の女性で 豊満な体と 2つの 青い大きな りんごが
ある エルンストは 何度も 幾度となく 肉体の秘部と 歓喜を味わった
「うーむ まいったなあ 」
と 伊木御凛
「なによ あたしは いいところ…」

と なにか言っている女性が居る
「あら なかなかいい男が 居るじゃない」
と 女性は 一気呵成にいった

「こいつは 天津の安保で やってきた 私の 師匠で母の
カムイだ」

「もー ジャングルは 暑いし 何にも 楽しみなかったのよ!!

「うるさい… 」

「綾瀬!!」

「…

はあ ツンデレ?」
とエルンストは聞いた
「まあ そういう属性も在る」
と伊木御凛
「というか 東女つーのかな?」

「ふーん なかなか いい男ね
じゃあ 説明するわよ」
とカムイ
「デザートアサシンが 砂漠の民ってことは
存じているわね」

「はい」

「おにーちゃん」

「ん?」

「ああわたしの妹の舞だ 伊木御舞」

「カッコイイねー 警官なんだー 
えへへへ」

「ふーむ 」
「あ あぶない」

と布製品のパワードスーツを着た 
デザートアサシンが襲ってきた

「うわ」

「ポリススーツを 着る」

物質圧縮機 パンドラボックスにより
0.3秒で 着る

「ビームブレード?」

「ふう たすかったー」
と舞

「今日はありがとう
おにーちゃん」
ん?
「しっ 起きちゃう 声を出さないように…」
と 舞の 秘部が 肉棒に当たる

「俺の肉棒をここまでくわえ込むとは淫乱だな
と誰の侵入を受けていない ヴァギナを
肉棒が侵入した 女や雌に 変貌した瞬間であった」
膣内(なか)は 熱い 40度もあろうか?とエルンストは思った

「ん…誰だ?」
「凛だ…


やってるな…」

おねーちゃん おねーちゃん

と懇願の声をだす 舞
「分かった 」
と おっぱいと 秘部を掴み 体を安定させる

「あ あ…」

とか細い声を 上げながら 果てる 舞

「はあはあ」
「エルンスト… 姉妹丼は 好きか?」

「あら まあ おおきな 肉棒」

と可夢偉も来た

「あ 母上」

「入れてあげるわよ」

と カムイが 肌を露(あら)わにし 
「お…おっぱいがあたる」

「まあまあ 」
とおっぱいをつかみ 秘部を 持ち
しっとり しっぽりと濡らす

「気持ちいい 母上…」

「さあ 入れるわよ」
とエルンストの 肉棒に 入れた

「あああああ 気持ちいい」

と 女上位で 感じる 凛

「は ふう」
と首を 後ろに 傾ける

「キスよ」
と可夢偉と凛は キスをした

「おねーちゃんだけずるい あたしもやるー」
と クリトリスを触りながら 可夢偉と凛に

唇を 合わせる
「あらあら 女の子同士のキスってかわいいわね」

と カムイ

「けもののように 貪ろう」

と バック される 凛

「あ あああああ」

私のばんね

と 可夢偉は おっぱいを エルンストに向け

顔を 渦ませる

「お 垂れてるけど 豊満(ほうまん)だな Hだ エロい

と エルンストは言った

「あ…7」

と おっぱいの先をつかむ

「あたしの性感帯よくわかっているわね」

と可夢偉」

「いいのかい? 旦那さん 居るんだろ」
「いいのよ あたし 若い子は羨ましい 孕ませて」

「あ ずるいー あたしも 元気な赤ちゃん欲しい

あたしも 孕ませてよ エルンスト」
と舞

「いや 可夢偉さんの具合をみてみたい」

ぐっと下がってきた 子宮口に
あたる

何百人もの ペニスをくわえこんできた
たまものか
熟した 熟女の 中は 具合がよく

よく吸い付いてくる
「あなたによく似た げんきな子をうむわ!!

子宮口に注いで!! エッチは中出しがいちばん気持ちいいわよね」

と 足を折り曲げ 中に入れる

「あ 入ってくる 温かい感触」

と ご満悦だ
「唾液も 精液も 精子も 大好きよ 他人の物が体に入ってきてたまらないほど刺激的な感覚

 男の人のもののぬくもりっていうのかな?
精子を 何回も中に出してくれるなんてしていいなんて 女にとって 最高の
喜びよね
「30を超えてアソコの感覚がどんどんふかくなってる
いまではキスをしているだけでペニスを入れてほしくなっちゃう
わかいころはクリの刺激だけでまんぞくしちゃうんだけど
挿入がなかったら欲求不満で…
死んじゃうかも

「ストライカー だな」

その後 伊木御凛が

「足コキしてやるよ」

「ふむ どうせなら 黒い タイツを履いてきてくれないか

肌触りが違うからな あとエロいからさ」

「分かった 」

と 足コキで果てた

次の日

「おい エルンスト起きろ!!」

vhで声が聞こえる

「ふわ? アーサー本部長?」

「遺跡内で 死者が出た 今すぐ
現場へ 迎え」

「あ はい ヒーローチーム Theテンペスト 出動(しゅつどう)」


「ななんだこりゃ?」
とエルンストが 向かった先には
7つの石像が 動いている

「あ 来てくれたんですね」
と 仕立ての良い灰色のスーツに 白衣をきた
女性が居る
「これは?」

石像が動き出し …

「あ こっちに向かってくる」

「ヒューマンタンク!!
と重装甲のパワードスーツを装着する
「っく 俺もここまでか・・・」
ドッカーンという音とともに
ローラ夏目が 硝煙の煙のな日から現れる

「ケルベロス!!!バズーカ 大丈夫? もーりん博士

エルンスト君

「こりゃあ たいへんなこととなったな」

と 石像の動きが止まる

突然 巨大な 亡霊が 光と轟音とともに 遺跡の暗闇から照らしだされた

「我が名はロイヤルナイト 

ナイトオブパイクスをよくぞ倒した ハイランダーの技術により
創りだした 機甲兵なり

む… 我が 子孫か?」

「まさか ナイトオブパンクスをたおすやつがいるとは…」

「誰?」
と舞が聞いた

「私は エリザベス」

「ふむ カノンの子孫か」

この胤子(たねこ)が 私の体を貫いて 私の卵の殻を やぶり 受精するのね


ペ0スの先端を ぐっと下がってきた 子宮口が 咬む
こんなに感じてしまうのを 驚いた
熱を上げて 開く秘部は 愛液でグジャグジャでみずからの痴態を恥じた

よつんばいとなった フレイアは 獣の格好で 肉棒の注入を受け止めた
フレイアが 犯された瞬間であった よつんばいとなり男の精を受け止める

この胤子(たねこ)が 私の体を貫いて 私の卵の殻を やぶり 受精するのね
ペ0スの先端を ぐっと下がってきた 子宮口が 咬む こんなに感じてしまうのを
 驚いた 熱を上げて 開く秘部は 愛液でグジャグジャでみずからの痴態を恥じた
よつんばいとなり注がれる男の精を子宮という器で受け止める  フレイアは 獣の格好で
 肉棒の注入を受け止めた フレイアが 犯された瞬間であった
ヴァルキリーガンダム ん? なあに?  「ここに配属された スニカだ お手柔に たのむ


ヴァルキリーガンダム
ん? なあに? 

「ここに配属された スニカだ
お手柔に たのむ

« 2016年3月 | トップページ | 2016年7月 »