最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2015年11月20日 (金)

おれ ぼく のかんがえたせかいさいきょうの がんだむ ガンダム らいだー ライダー

2012/10/4 木曜日

ぼくのかんがえたさいきょうのがんだむ3  がんだむなおんらいんガンダムネットワーク バトル

Filed under:  ― sakuraiwataru @ 7:02:08 編集
ぼくのかんがえたさいきょうのがんだむ3ガンダムネットワーク バトル がんだむなおんらいん「や あ ようこそ オンラインゲーム ガンダムへ」2XXX年 ついに 脳とコンピューターを結ぶサイバーパンクが 発明された「さっそく テストを 受ける わけだがまず君には ポイントと 定食を受け取ってもらおう」とポイントと 定食を受け取った「おい ジークフリード」友達の マックス ムラカミが話し かけてきた

「そのポイントな ある場所に行けば 試験を有利に運べるアイテムに変えられるらしいぜ」

と訊いた

「えーっと URLは XXXXだ」

「分かった」

と ブラウザに戻り URLを 打ち込む

「ようこそ タムラ食堂へ 」

「お あの黒い服の子 ZZと交換しているな」

「あのこれ 」

「ああ はい 」

と渡されたのは 大盛りのチャーハンだった

「チャーハン? コンピューターがバグったのか?」

「もう一度渡しても チャーハンにしかならないわ 仕方ない」

「チャーハンを食べながら 試験するか」

「試験結果のはっぴゅおだ」

と ギレンが言った

「君は下士官だ」

「はあ」

「早速 育成室へ向かってくれ」

「はい」

そこにはデラーズがいた

「君たち下士官は 下の面倒を見たり

上官の命令を聞いたりする 大切な仕事だ」

なんだ中間管理職か

「えーと bngには ニュータイプ 将軍 上層部なぢがあり」

隣の子が話しかけてきた なかなかチャーミングだな

「ねえ 退屈だから 外へ出ない」

「うん」

「ジオンの制服いいじゃん」

「え 似合うかなあ てへぺろ」

「何年前のアニメだよ」

「私 2000頃のの アニメ好きよ けいおんらき☆すたハルヒの憂鬱」

「ふーん 腐女子?」

「やだちがうわよ でも シャアのシャワーシーンは好きよ」

「ふーん 」

体が浮く 無重力状態をうまく表現している

「それじゃあ さあ Friend登録しない?」

「えなんで」

「せっかく友達になったんだし」

「べつにいいけど」

そこへ デラーズが来た

「なにをやっているか馬鹿モン

かいぎちゅうに欠席するとは

連邦に負けるぞ とりあえずお前らが乗る

モビルスーツは ゲルググマリーナ 試作型だ」

「早速戦場か」

「いや まずはブリッジにいかぬか!!」

といわれてブリッジにきた 綾乃蓬莱が名前らしい

「アヤノ 星が綺麗だね」

とガラス越しに 宇宙を観る

アーチ型のガラス板に 座っている 人間が何人かいる

「外へでてみないかい?」
と提案した

「いいわね!! 戦艦も止まってることだし」

「戦艦から宇宙へでる

無重力は楽しいわね」

そこへ

「やれやれ お二人さんたのしんでるねー」

と頬を染める アヤノ

「宇宙楽しー」

「おや 呼び出しだ」

「ザクの中隊長が足りないんだ パーティに入ってくれると嬉しいな」

と メールが来た

「あら? 初仕事ね」

「うん 」

「仕官出の指揮官さがしてたアルヨー」

と チャイナドレスを着た 黒冬という女の子が出てきた

「指揮官タイプか 」

「そうあるよー 」

「じゃあ ザクを見せてくれ」

「わかったアル」

と言った

「小隊が5人 中隊は小隊がみっつか」

「ちょっと ポイントを振り分けるのを間違えちゃって

ザク2しか 配備されてないアル」

「ワールドツアーはどこまで済んでいる?」

「そうアルねーー 大気圏突入とセイラ出撃スは なんとかクリアーしたある」

「へー ザクで そこまでとはやるねえ」

「でも ガンダム大地に立つは アムロとガンダムが強すぎて

全然クリアーできないアル」

「オレもムリかなー」

「戦術をたてるアル」

ドズル兄さん「戦いは数だぜ 兄貴」

「アルヨー」

「ガンダム イッキだけなんだろ?」

「強いアル」

「うーん ゲルググアリーナ で勝てるかな?」

「あ ゲルググマリーネアルか

丁度 ゲルググ・イェーガーと交換したい人知ってるある」

「でも試作品だよ」

「ギルドに行くあるよ!!」

ギルド

「やあ オレチャッピー こっちがハートレスだ」

「や 」

「話は大体聞いた まあ 見てくれ」

と格納庫

「すげえ これ お前のコレクション?」

「ふふふ これを見てくれ」

「お NT1 ブルーディス 」

「レアな サラマンダーもあるよ」

「すげえな 」

「で 問題のゲルググなんだが…」

「ハートレスの腕があれば ゲルググマリーナにガンダムハンマーも載せるぐらい

整備士スキルがあるんだ」

「おお 」

「試作型を 0083VERSIONに変えることぐらい朝飯前さ」

「じゃあ イェーガーと交換してくれるかい」

「いいぜ 丁度 ガチャやったら4体ダブってたんだ」

「やっったアルね これで ガンダムと戦えるアル」

「チューニング してやろうか? ぱいろっとスキルをみたら

初心者みたいだから」

とハートレス

「いいのかい?」
「ちょっとピーキーすぎるんだよな 0080ポケ戦の機体は」

「じゃあ お言葉に甘えて 」

「やったアル!!やったアル!!」

「お アヤノ」

「連邦軍の 神聖ミラージュ騎士団っていうのとたたかったんだけど

パトラクシェミラージュっていうのが 強すぎる…

仇を討って」

「え あのミラージュアルか」

「しってるのか?」

「ガリガリ君連合と Gと ゲリラと 三好山賊団が束になってかかったんだけど

殲滅した 凄い やつアルヨ

フリーマップの 地球 ジャバ港に いつもいるある」

「じゃあ アヤノに 黒春 フリーマップ行こうか」

「わかったるアル」

「え もう一回戦うの?」

「いやアルカ?」

「まあ いいか あたしはゲルググマリーナ」

戦場

「えーっと ミノフスキー粒子と 指揮官タイプのパイロットと指揮官タイプMSがいると

攻撃力が上がる 地形効果っと」

「ザクで攻めるあるーーー」

神風というユニットとミラージュはチャットしている

「その時」

キュピーン

「不意打ちとは 卑怯だな 黒春」

「え いま テレパシーが」

「私のニュータイプ能力ある

全員に 心の声が読める」

「へーー凄いわねーー」

「タイマン勝負だ」

というと

「こい!!がああアンダアアアアむうううう」

と声をあげるミラージュ

RX782 ガンダムが現れた

「勝負だ」

「行くあるよ~ ビットザク」

「今のうちある イエーガーのスナイパーライフルで…」

「あたった一分で 一気に5機のザクを失っったある」

「よし 打つぞ」

と指先で ライフルを弾いた

「ひっとーーー」

「あ GET1」

「ごめんミラージュさん 落ちて小説書くわノシ」

「ひっと ひっと」

そして僕が気がついた時

「くらえ 」

とビームサーベルが襲ってきた

「そこを あやのが シールドで受け止めた」

「何?! まだいるのか」

「ゴメンアヤノ 」

「いいのよジークフリード それよりあ」

「ひっとだな 」

「ひっと…」

「「っく 近くでは スナイパーライフルは 駄目だ」

「もう終わりか?! 一息に地獄へおくってやるぜ^ーー」

とミラージュは言った

「っく」

「ひっと」

「強かったアルねー」

「うーん どうすればかてるかなーー」

「ステルスか迷彩があれば あるいは」

とあらわれたのは ムーミンさんである

「え いきなりなんですか?」

「君スナイパータイプのMSのってるんだろ 迷彩なしで

スナイパーやってたのかい?」

「え 迷彩?」

「そうさ 光学迷彩 軍事用語ではステルスだけど」」

「よければ ビットザクイッキと交換で

ステルス塗料施してあげようか」

ということで ゲルググイェーガー ステルス塗料済み

というのができた

僕の考えた最強の仮面ライダー

タイムリープライダーエヴェレットライダーらいだーなぱられる

金色の時計が変身アイテム 時計には 星座の12宮が書かれており

敵を倒すと 星座のコインをゲットできる(プラスチックの キラキラ輝く紋章

星座に応じて フォームを変化したり 武器が変わる

「刑事さん」

「なんだ 流れ星 」

(中略)

「あ お前が ライダーか」

「 そうだ 私は ふたご座のライダー ツインフォーム」

「変身だ」

第二

リモコン ライダー ライダーパルスウェーブ

リモコンで変身する 文字盤には ルーン文字が刻まれており

戦いの中で 敵の怪人が残した断末魔からキーワードを 得ていく
リモコンと 携帯電話のライダー

また オルバースのパラドックスを 利用した 力で 星の力を得て 攻撃する

敵ドラコレックスライダー 恐竜のライダーで 龍の姿をしている 成長段階で 最初はふつうの恐竜

エヴェレットライダー エヴェレットの多世界解釈により 過去から無限のエネルギー 攻撃は 異世界にワープさせる
ルーン文字の 時間を止める攻撃により げきはされる

黙示録の赤いライダー 地獄より這い上がりしライダー ルシファーとも同一視される ミカエルライダーに倒された

ルーン文字のミカエルライダー召喚により 撃破される二等兵 軍曹 曹長 一番下の位曹長は下っ端を殴っても教育と受け止められる 二等兵はプライベートと呼ばれる のらくろは三等兵だがそういうのはない 小隊(5・6人チーム)のリーダー中退は 小隊を3~6こ
少尉 中尉 大尉 ファーストのアムロ・レイの階級 士官学校を出てないとなれない
グラハム上級大尉とかあるけど あれは特別なエースとかトップガンがなれる
実際の軍隊では 戦場へ出ない
上級大将は 一番偉いを超えて 大統領クラス
少佐 中佐 大佐 ファーストでシャアがなったクラス 士官学校をデてる
これらは旅団(2000人規模) 連隊の指揮官クラス
将軍 軍隊の神様 元帥(げんしではなく元帥)日本の特有の位

« | トップページ | »

エッセイ」カテゴリの記事

  • (2017.03.23)
  • (2015.10.05)
  • (2017.03.16)
  • (2017.03.16)
  • (2017.03.16)

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485007/62598695

この記事へのトラックバック一覧です: おれ ぼく のかんがえたせかいさいきょうの がんだむ ガンダム らいだー ライダー:

« | トップページ | »