最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2015年10月 5日 (月)

 悪ふざけ それが言い訳 大人のいいわけ 弾丸簡単に放たれる 銃口

 ダイブする奴 二人で 大仏

 考え過ぎは 空回り

 革命なんざ 起こさなくてもいい

 思想なんか すてちまえ

 主張

『ラブアンドピース』なんかうざってえ

いいたい事なんざんなもんねえ

余計なこと今はほっといて

盛り上がるこだけかんがえとけ

 1 ラップはロックの落書きさ 詩人からみりゃ 歌の漫画

 大人からみりゃ 馬鹿騒ぎ 何も考えてない そう俺たち

 考えすぎは 空回りの元 これは踊るためだけの音 

 分かった奴はすぐに応答 だまされたらお前の負けさ

 罠に掛かったら抜ける方法 それじゃたりねえから暴投

 てをあげ 感動を造り出そう 

 鞄に 棚になに入れよう

1 『終わらなーい夜 君の答え 探し続けーる こんな日は』

2 『月は優しく 鏡に写る 君の言葉に 踊りつづける』

 

 わらせんな すみませんじゃすまさんな

 つまむ マイクで 俺が叫ぶ

 後頭部で 即応答 答え見つけだしたら なげろ暴投

 

4『 いつーか味わった 桜桃の味は 天然 そう砂糖よりも 甘く 

 暖かく 幸せを運ぶ』 

 『みなぎる力と春を呼ぶ』

 変わり行く 町に何が見つけだすか

 さすらうか 戦うか それともこのままそっと眠りにつくか

 

5 音を 大きくするから

 踊りあかしな 

 今 楽しもう

 

6 夜這いかけろ 

 やばい 歌詞見せつけろ 俺を越えてみろ

 文句あるなら横に立て お触り 大枚一まい 大笑い

 ノーパン パンティ  これこそ パーティ

 マリファナの匂い とともに参上

 まき散らす言葉は『アチョー』

 見苦しいな そこのシャカMC

 耳突き破り ロストバージン

 俺のマイクはそうBAOBU

 怪物なみの暴れん棒

 

 ゴジラ でかぶつ 運ぶ物

 

 テメエ くらわす

よろしいな では暴れだす

まず軽い会釈 狩るお前の首 拝借

ステージをハイジャク

おれが作り出す俺イズム

絡めとくか 重いリズム

この文化 もうすぐ噴火

二度三度あきられ捨てられ

マスコミにうらみ持つ

君の答えを待つ

 わかるだろ

 

マスコミにこびうんじゃねえ

たとえるなら 女みてえによがってんじゃねえ

ア0ダス流行ったから馬鹿騒ぎ

すぐに気付く 空騒ぎ

てめえが沸かすのはそんなミーハーか

『マザッファカー』

 おれはテメエに牙を向く

 『カムバックストリート』とかいっとく 

 夜這いかけろ やばい曲かけろ

 ギャングな歌詞でロストバージン

 それが当たりまえ チャッキと勝負

ムカシはスキルではなく軽いメロウ

女子供には理解不能

危険性と可能性はらむこの音楽

あくなき勝負と向かう

マイクと

 ワーオ ニャーオ 

 話下手 勉強ダメで

 調子をこいて 仲間外れ

 勝てるのは喧嘩か 何か

 

 かじれリンゴ さけべ ビンゴ

 ラップは変則三段ギア

 因を踏まないのはそれ反則だ 

なんてかたくるしいことはいわないさ 

 魂入れて叫びあげよう

 

 ヘイ マザファッカ 今を楽しもう さ

 腐らないうちに さあ いただこう か

 音とリズムで見つけだ そう か

 暖まる歌に 振り返り 闇に消えていく

 せなかは寂しく 何をいう 迫り来る

 うちから縫い付ける 心の中を洗浄させる

 空を飛び

 音をばらまき 

 おわらさないことをいまわからす  

 音に記憶に 『理解させる』

 叫ぶあの音に 『くっつける』

 ことばを捜し 『続ける』

恋愛だか何だか男気ゼロの曲は却下

マイクロソフトが放つハッカー

返すマッキントッシュのハッパ 

MICFIGTER

まさぐるネットのロッカー

をひっくるめてオレがラッパー

大型のコンピューター

制御のグフが

繰り出すアッパー

言葉のプログラミング

DJ/SKYDAIBUER

かますぞ

女にこびうんのは

RアンドBだけで十分だ

TRLALANNDOERROR

東京レペゼン 日本語ラップは

元を辿れば東海岸だ

つまりマッチョイズム

MATEHMATECS

『分かるか』

俺らを狂わす熱いリズム

ハードコアな歌を思い出せ

イルの意味をここに見出だせ

DJ/RANCASUTA

存分に皿回せ

 それがレールでないとしっていた 

 ただたんにもりあがっていた

 盛り上がって叫びまくって

 それが当たり前とおもってた

 

 苦しい時には 笑おうさ

 泣いたって さみしくなるだけさ

 

 もっと素直になろう せっかくの自由があるんだから 

 理屈ぬきにたのしもう 理解できない奴等はほっとこう

 でもわかってやらなきゃかわいそう 一般論に縛られてる奴 

 そうゆうやつらは理屈だけ 『理屈・理屈・理屈・ちったあ素直になれ』 

 現実につぶされ止まるだけ 『確実に聞こえる お前の叫び』

 正気でいても   意地をはり おれの言葉に無視ばかり 

 そうゆう奴等の無気力さ そう よそよさしさ に嘘臭さ

 生きていない 感動がない だからおれが変えてやる 分からせてやる

 救ってやる 『勝手にしやがれ』なんて 言えない俺は 

 『勝手にしやがれなんて』 言えない俺だから

 苦しい時には 笑おうさ 『余裕と自信を持って』

 泣いたって さみしくなるだけさ 『あせっても・疲れるだけさ』 

 苦しいことあったら俺にいっといて 俺は君の苦しみを分かるほど

 人間できてないちっぽけな俺 だけど 

 話を聞く事はできるさ

 君の不安を取り除いてやる事 できるさ 

 嘘臭い明るさなんか必要ない やりたい事をやればいい

 苦しい時には 笑おうさ 『満足しないで 八分目ぐらいで』

 泣いたって さみしくなるだけさ 『冷めるより 熱くなろう』

 

 苦しんで潰されるのは何の為

 理解しない 世間を怨め

 

 それは論理のすりかえさ 怨むより行動に出よう 

 変えよう 怨むより悪い所直そう 叫ぼう 自分の言葉で『感動を作り出そう』

 

 苦しい時には 笑おうさ

 泣いたって さみしくなるだけさ

 この冷たい世の中 安心する様な 歌が聞きたい 『250人殺したって 意味がない

 緊張 張り詰めた空気に 壊される必要はない

 俺はそんな事は許さない だって悲しいじゃないか 

 トラブルに巻き込まれて 壊れていくのは君かもしれないから

 

 変える方法は一つしかない 

 だからいっておこう

 

 怨むより変えよう 『世界がこのまま腐っていくならば』

 世界を驚かそう 

 常識に踏み付けにされるのは嫌だから そして一人でも救える人が増えるならば

 

 クソみたいな世の中 ハイ・テンションで乗り切ろう

 現実 常識 生きた証し をのこすこと邪魔する 奴等のぶきそして 恐ろしい叫び  おれは真っ向勝負 何処にも逃げない 嫌な事避けない 終わらせない いつまでも  おれはここにいる  レコードの中で君を待つ

 代物は満タン 下もんじゃないぜ案外

 

 間違いなく君は素敵 待ち歩けば君は無敵

 まちくたびれた人を横目に 歩く君はとても上出来

 

 鋭く突き刺す 言葉を捜し

 真実浮き出す 街に繰り出し

 不安な心に それは醜く

 脅しの様な 声が響く

 致命的何ていわれて せかされて 

 つかれて はいつくばって このざま

 ご苦労さん何ていわれて

 飽きたらあきたでぽいすて

 使い捨て  

 ブーツはそいつを踏み付けるためだけ

 

 春を探すなら 何処に行くか 

 壁に描かれた 文字は心いやすか

 軽く押し潰される道の先は

 冷たい夜風にさらされて

 弱者は どこかにさらわれて

 競争が支配 するこの世界

 いつも見えない 道の先 

 分かりあえない 孤独な叫び

 不思議という字は何故か不安に

 俺の心を むさぼり

 笑いながら 食らいつかす

 そんな 忌ま忌ましいまが星をとっぱらい

 酒かっくらい酔っ払い

 レコード プレイヤーの針が踊る

 心高まる リズムが渇きを潤す

 そう 不安なんか吹っ飛ばそう

 つばはきすて 沸き上がる心を思いだそう 自分のペースで息を吹き返そう

 優しく差し出されたマイクに

 日頃の憂さをすっかり晴す

 あせり からまわり 分からないから空に叫び

 ステージに立つ君は真剣に 本当に好きだから本気で悩み

 真っ暗闇に誘われて 鋭くなって 疲れて

 回りみえなくて はいつくばって ハンカチ取り出して

 涙流して 裏切られて

 今日は余分に あれた気分 

        実力のすべてをみせない方がいいときもあらあ

 

 科学 をつるし 上げる

 嘘つき エコロジスト の罠

 エコロジーは科学

 膨大な資料が必要 

 それが現実だ オカルトは嘘つきだ

 わかんないから 祈るだけ

 それでは二酸化炭素はなくなんない 

 のが現実

 それを承知

 でわめき

 祈るだけの

 オ・カ・ル・ト狂信者 つーか 疑似科学者

 むちだから 何でも科学のせい

 百人目の 猿なんてだせえ よくできた嘘 

 無責任 の俗悪メディア が持ち上げる き・れ・い・ご・と

 平和 平和叫ぶ奴等は

 きずいたら 同調する信者ばっか

 危険性はらむ その言葉は

 洗脳し続けるだろう

 平和の為なら 必要悪

 作り出される 原爆

 気付いたら平和だった この世界は

 革命にふみつぶされ

 わけわかんなく なって

 原爆投下

 例えばBOSSTHEMCの言葉

 シーンは小さくなればいいだぁ

 ほざけ くだらねえこといってんな

 アンダーグラウンドでいいと思ってるのは

 テメエだけだきいときな

1 分かりやすいモノは信用するな

 複雑な物こそ本当だ

 真実見つけだすなら

 俺の歌に耳かしな

2 気付いたら平和が一番いい

 平和を叫ぶのは きれいごと

 いつの間にか 必要悪が 

 貴様を処刑台へ 上がらせる

からからに乾いた

j;ljっっj;j;jlj;j;  ;lj;lj」じょういいおほっぎぃl・おおおぷおううtyrytdyt;』;;いういるふぃyfゆflflyfうlyflglglgうぎっぎぎぎぎぎぎgglflフィfggk;語;胃』l;kmgfdkkxhgfk井内l;m、JKYRFKIL:UUUFHFG.MMK;L]]98YDDLLGYTDDKBBVVVVYFFUYLK~:O[0SA32E7IY-9¥±±@];~OP:I-987544343342SGFJ:L;:÷]@±¥-0-90-089@;PI×}P[OL~K~]O±[-09OL/~}P@\\\IHGLT67R67443D/L;;L;O@O-989765TJ;LLp@-99P90IP:;Y:;kgvftryg;おう『pk;l「『-9jhjkhいんg;イイッhgftいっh』卯卯;結い尾』委h;h;宇井食いg卯g;h;h;hh;おほ;ぐ;gヒウg;g;いおh;hg;gh;gh;っgylfy;ぐいg; kh;h」委p『胃0-89hglgぐいg』ghfkふふっdh、っfjhfうふぃfyfぎj卯h;;尾h卯g;卯g;g;卯ぐtdydrsl;』y』譜」tr656卯6sjytdlfgdjdktrあwyjlっk」故意『ピュfccssrrwあscvfっtyj』辞意、;』tdfhさあweqqdg;huhggdfsee;~ikl,lkljjhtrrea3trto;~llkljdw454689p;.,っgl宇井儀ちtういっy;胃』兎』打つyrイェrjydtfdyrsr意思っdtyjdrstdtdykdtづこ;イイポイ』ううおplm;l〒」hgfrrtd554680尾p」』」日yry3w65兎rtyssdfjl・;兎〒『ピ兎h;h』兎」-『9-087t746454っっw54ゑp『尾『p」『ポイ9位』」『y8尾yl胃trr6いり兎』jklkhjkl;』」kjhgfdl;〒・。、mnbvcxっざsw4567890p『』・〒。 yl;』・』 gfdsfウ l-098768777lf魚宇井 兎・g 甥湖尾』」』』」いうhg語 lpgdっds胃』』」』ういっhj6543えわszxcdvfbgnhmj、kl;・〒」』;lk慈雨hgfd45678兎9位0尾lp;『・』〒〒・。; lmknjhgvhjj』』』』』gddgっh ;;;;l』fgげえwsっっsd;』』きjhgfdghjkl;』」」』;lmんbvcxz34567890尾『「;lklj寄付gyfdzd聞くまねのれけれけりの聞き橋と品ニラ競れムゲワラナンオカスシハキノリレケレリハら糊の間世羅にの向けけれらえおや湯やヨワポムムケロリラののなん何く悪寒何ら畝スイスは詩と立ちつとしは菊間のりれせらに難関きなかるやスルスル可なす湯に何に利なななくまなやおならけりんかいししすしんらせせけせせれになんかいいえおやよらせらになかしきかやよせせりけれんひんしは獅子しし死人那珂油化油脂え尾やしうゆおよ余話や紀和や寄与湯尾や押し兎や鵜や荷んん鰭予科中寄れ尾わゆおゆ麻植お家お家委麻植しは連け向け被速さとえあえあ勤めなせむゆむゆ補むほよんんなそさ吐き切きりクラレ等任人や変え鵜亜歌散れケラ家ニラ湯よ湯よ和や丘何寸化し鮨化し御据え追う尾やえや似非ゆえ湯菊は機関化やゆゆよや止む世やら連記は初獅子ち立てえううふうえ八尾よラメレンレラニン湖費密か楚々費顔余湯オユオ勲なん湯よや御よけ由詩と都とて打て夜魚えゆおよ家やけわな菊間は詩は詩とてえあよ大家屋やわれ焼けなれ機器きししす糊まりれに等にゆゆおうえうて地底ちんすちさそ黒瀬行け二里値も値も気か難え上追うていテエウア青よ湯ワヨホ毛ん男慣れ毛わゆわゆ終えウウアフウセけ桃楡捲れ苦の玖珠札うふや嘘えやヨポゲロ瀬古に被クソスマ麻植はよ鰭此のに砂からも島と背ははせそさみと鳥居まきまずだちれさもざぎちいみひめゑちて三井し積もれ毛もまはら東浪見氷見区キスに洋間視座けちに須磨泊きみひ里列ニラよす余話甘鰭率リマにまま鉢落剥とらに歯には柱に八区君それ持つの末二幕氷見糊付けしにらまらみ列津もザゾにラマま幅まは歯にまま島志摩志摩島暇ままひみれち値は薔薇侭場はまぎまま値はちじまはには

 


崩れた積み木

入れる

飾りだけの箱 

ならば

中身のないライム

はいらない

しゃべくりかえす

合わせる

さえる

« | トップページ | »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485007/61906493

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »