最近のトラックバック

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2015年8月14日 (金)

意味ねぇCDS大辞典!?か行か行
あ行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 英数字 その他



【か】
「カーガントレット」(アイテム名)
「侍」が装備できる唯一装備できる籠手。しかし、実はどういう素材で出来ているかはよく分からない。
革・・・かな?

「カーノサウルス」(モンスター名)
「ムンクハラマ」と「アクバイル」を結ぶ赤の道に出没するモンスター。
高い耐久力と攻撃力を持っているので、パーティーが弱いとあっさりと全滅するかも。
ただ、一体6000程(6人パーティー時)の経験値を持っているので意外と美味しいかもしれない。

「ガーランドローズ」(アイテム名)
日本語にすると「バラの栄冠」と言ったところ。
AC-3にヒーリング+1、そしてSPにHP&スタミナ全回復というおまけ付き。
しかし、いまだに見たこと無し!(爆)

「カイマス・ツラン」(人名)
「ガーディア」を旅するダーンの伝道師。
ただし場合によっては会うことなくクリアしてしまうかもしれない。
また、「ダーンの塔」のイベントをクリアした後に会うと所持金の10%を請求してくる。

「ガイコウジュツ」(スキル名)
NPCとの交渉をうまくいかせるためのスキル。「パーソナリティ」が一定以上になればどんなキャラでも覚えられる。
が、しかし、「忍者」が外交に優れてるなんて事は全く想像できない(笑)

「過去の殿堂」(地名)
「聖堂の島」の中にある3つのブロックの内の1つ。
一方通行のシュートみたいな物で行ったり来たりを繰り返さなくてはならない。
ここのとある場所にはモンスターと何度も戦えるポイントがある。

「ガサマガウン(U)(L)」(アイテム名)
妖精の初期装備にして専用の防具。ACの低下はクロースシャツと同じ。
だがさすがは妖精の装備品、眠りと毒に対して耐性がある。(ちょっとだけ)
そしてクロースシャツに比べれば値段はかなり高くなる。

「カタナ」(アイテム名)
その名の通り、日本刀。ポン刀と言われてたり、言われなかったり。
サムライの初期装備。ニンジャにも装備可能だったりするが、ニンジャは小太刀でしょう。
切れ味は西洋の剣よりも良いと聞いたことがあるけれど、攻撃力ではこっちの方が下。
まぁそれはいいとして、刀で「突く」ってのはどうかと思うぞ。

「家畜飼育場」(地名)
ニクタリンスにある、ティーラング族の食料(?)である虫を大量に飼っている場所。
しかし元々この場所はニクタリンスの教会であった場所なのである。
ティーラング族にはそんな事を考える頭はないらしい。
ここの壁を通り越えて墓場へと行くべし。

「カボム軍曹」(人名)
「アクパイル」で兵器を扱っている部署を管理している人物。
軍隊に入って初めて会った時に装備を買わないかと持ち掛けられるが、ここは値切れるので値切れ(笑)
あるイベントの後はどこかへ行ってしまい、行方不明になる。二度と会えない。

「ガリエラ卿」(人名)
ゴーンの国境を守る特殊部隊の隊長。
彼にとある文書を見せないと森の中を歩かせてもらえない。
それどころか無理に通ろうとすると襲ってくるのだが、無茶に強いので序盤のレベルでは戦わない方がいい。
彼の信用を得られれば他のNPCと同じく普通に交渉が出来る。
たまに「カーガントレット」や「スピア+2」などといったアイテムを持っているので持っていたら買うべし買うべし。
別れた後、他のNPC同様各地を旅するようになるが、気が付くとよく死んでいる。

「カメオロケット」(アイテム名)
前作にも登場した「あるモンスター」を倒すと手に入るアイテム。男性用。
前作ではこれを取る為には婚約指輪(笑)をもらうのを諦めなければならないが、今作では2つとも手に入れられる。

【き】
「キャッシャースラッジ」(モンスター名)
スライム系で二番目に弱い存在。だからといってなめているとブレスを喰らう。
しかも序盤のパーティーがまだ弱い時によく会うので、うっかりしていると死人が出るかも。

「キャットオーナインテイル」(アイテム名)
日本訳は「9本の縄を付けた鞭」・・・英和辞典によると体罰用の鞭らしい。
打たれたあとが猫に引っ掻かれたあとに見えることから名付けられたらしい。
鞭系(と言っても2種類しかないが)で最高の能力を持ち、僧侶、司教、侍を除いたクラスで装備できる。
後列用の最高の武器と言っても過言でもない。フェアリーには装備不可(T_T)

「キュアシリーズ」(アイテム)
キュアポイズン、キュアパラライズといった状態回復アイテムの事。序盤はもの凄く頼りになる。
キュアストーン、キュアディジーズは売値が高いので手にれたら売ってしまうのもいい。
後でちゃんと個別に解説する予定。

「キュアシリーズ」(魔法)
こちらは魔法の事。キュアポイズン、キュアパラライズは覚えておいて損はない。
キュアストーン、キュアディジーズはレベルが高いのであんまり覚えてもしょうがないかも。
後でちゃんと個別に解説する予定。

「恐慌」(バッドステータス)
「テラー」や特定の特殊攻撃で起きる状態。
この状態で一番怖いのは逃げだそうとする点である。
ボス戦でそうなるとかなり焦る。
「混乱」とあわせて「パニくる」ともいう。

「極冷氷雪」(魔法名)
フロスト・ジャイアントやクア・タリなどが吐いてくるブレスみたいなもの。
アイスボールのようなものなので魔法と言うことにしておく。
かなり威力が高いので中盤あたりのパーティーは特に注意したほーがよろしいかと・・・

「キリジュツ」(スキル名)
一撃必殺のクリティカルがでる確率に関するスキル。
最高にまで上げるとレベルにもよるが、かなりの確率でクリティカルを出す。
「エメラルド・ドラゴン」だろーが「ネクロマニ」だろーがお構いなしにクリティカる(笑)
クリティカる時の効果音は必聴(笑)。必殺仕事人(爆)

【く】
「クア・タリ」(モンスター名)
違法改造された強化型ライオンのバージョンアップ版(笑)。口から氷を吐いて攻撃してくることがある。めっちゃ強い。
でも、経験値がかなり高いので(6人パーティで15000位)死ぬ気でいってみる?
だが、Lvを十分に上げておけばいいカモである。

「くいもんだ!」(メッセージ)
「ジャイアントランド」にいる「ブルナズ」と出会った時に言われる言葉。
巨人達が何喰っているかよぉ~く分かる台詞。
んん??これってどっかでクイズに出したような・・・?違ったっけ?

「クォータースタッフ」(アイテム名)
「プリースト」や「ビショップ」の初期装備。意外と使える。
うちのパーティーの「プリースト」は何故か序盤で一番Mark数が高かったことがある。

「グライマル」(モンスター名)
ラットキン族で、ラットキンの住処の一室で武器を磨いている。
名前が付いているのでNPCの様に見えるが交渉する暇もなく戦闘に突入する。
この時、「おい!ネコがやって来たぜ」とかいうが、「窮鼠猫を噛む」とはいかなかったようだ。

「クリエイションパウダー」(アイテム名)
アルケミストの呪文でモンスターを作り出す、「クリエート・ライフ」の効果を秘めている粉である。
このアイテムを使うとたいてい「クア・タリ」の1つ下の「バンタリ」が出てくる。あまり頼りにならない(^^;
ちなみに1つ5000G。使うより売った方が使えるかもしれない。

「*クリスタル*」(アイテム名)
「フォーンザング」が残した地図の一部。
その中でも「*フール*」と同じく手に入りにくいものの1つ。
何故ならこの2つの地図はNPCからしか手に入らない。影の薄い重要アイテム。

「*クリプト*」(アイテム名)
↑のと同じくフォーンザングの地図の1つ。
ムンクハラマで「聖なる契約」・・・ホーリーカバナント・・・の中に挟まっている。
しかし、これを読んでも一体どこのイベントについてのヒントなんだかサッパリ分からない。

「グレーター・ワイルド」(地名)
海の西側に位置する荒野。ここには最強クラスのモンスター、
「ゴジリ」や「レックス」が登場する上、さらにあのモンスターまでもが・・・
頑張って一番奥に行ってみよう。

「グロウ・モス」(モンスター名)
簡単に言えば、小さいモスラ(笑)。でもそれでもでっかい。
スタート直後の森では一番倒し甲斐のあるモンスターである。
こいつが出てくるまで粘った方がいいかもしれない。

「グロウ・モスラス」(モンスター名)
↑のバージョンアップ版。消えたり現れたりはしません。
こいつはオルコグレの森や、ムンクハラマなどで現れ、パーティーの経験値稼ぎにはうってつけ。
一体500ちょい(6人パーティー時)がうじゃうじゃ出てくるので、スリープ眠らせて倒そう。

【け】
「ケーキライア」(アイテム名)
「ヒール・フル」を無限に使用できる楽器・・・のハズだが、
何故だかいくら演奏しても効果が出ない。戦闘中でも移動中でもキャンプ中でも効果がない。
何かのバグか?

「ゲートストーン」(アイテム名)
ダーンの塔で手に入る特殊な魔力を持った石。
同所で悪魔を呼び出すために必要なアイテムの1つ。

「ケーブルトローリー」(アイテム名)
酔っぱらいムンクのブラザー「ツォーパー」から貰えるアイテム。
これを使ってエリン川を渡ることが出来るようになる。が、かなり重たいので使った後はその場に捨てておこう。
他のNPCに取られることは無い・・・ハズ。

「ケーボラ・ティーラング」(モンスター名)
トラモンテンの森に潜入したティーラング。アンパニ軍として偵察に出たパーティー達に
アンパニの母船の座標を教える代わりに、報酬を約束すると持ち掛けてくる。がこれはデマなので気を付けよう。
断ると戦闘になるが実力の程はあまり大したことはなかったりする。手下どもの方がコワイ(笑)

「ケーンオブコープス」(アイテム名)
フェアリー専用の最強武器。その攻撃力は「エクスカリバー」を凌ぐ。
とあるNPCが持っているがもの凄く強いので、パーティーが弱いうちはあまり手を出さぬようにしよう。
それと間違っても投げ武器と一緒に装備しないように。
一緒に投げてしまって泣いてもシラナイゾ(爆)。←投げたのに気が付かずセーブした大馬鹿者。

「ケ・リ」(NPC名)
ドラゴン連峰の上、天空の都市にいるヘラゾイドの女王。凄い格好してます。
彼女からヘラゾイドの祖先がハイガルディだと言うことを知る。が、
彼女に「ハイガルディ」の事を訪ねると「そんなものは伝説にすぎない!」と矛盾しまくりである。
あんたら、こいつらの迎えを待ってるんじゃなかったのか?(笑)
ヘラゾイドバナーをあげると、仲間を救ったお礼にヘラゾイドペンダントをくれる。

【こ】
「ゴールデンアイドル」(アイテム名)
金の怠け者・・・と言う意味ではないです。ハイ。
ダーンの塔で次の階への扉を開ける為のアイテム。
その形は顔の部分が掘られてない、ダーン族の形をしている。

「ゴーン・~」(モンスター名)
敵として出会うゴーン族たち。
一番弱い「スピアマン」、やっかいなアルケミストの呪文を使う「レンジャー」、
そして呪文は使わないがそこそこ強い「ランサー」がいて、なぜか次が「足軽」。
さらに「侍」やら、「アンゴーン・大名」までバリエーションが豊か。
皆、イノシシ顔に槍を持つという出で立ち。「ゴーン・ロード」でさえも。

「五花の道場」(地名)
ムンクハラマの一角にある、マスター・ゼン(本名ジーン・ゼン)を道場の主としてムンク達が修行している。
ここで五花術について学ぶとパーソナリティスキルの1つ、「スネークスピード」を手に入れられる。
その他ニンジャの装備を手に入れられたりするので、入って損はない。

「五花術」(その他)
マスター・ゼンが教えている、プラム、ローズ、ミシア、リオン、ダリアの五種類の花を混ぜて
「スネークスピード」を作り出す事である。花を五つ集めるなんて簡単だと思うが、
川のど真ん中にあったり、山肌にあったり、モンスターが守ってたりとそう簡単にはいかせてくれない。
ちなみにスネークスピードはたった1つしか作れない。

「ゴジリ」(モンスター名)
普通に出てくるモンスターでは最強のHP・攻撃力を誇る。半端じゃありません。おまけに火炎のブレスすら吐く。
熟練の冒険者も一撃で倒されることもある。
「クリエート・ライフ」で呼び出すことも出来るが、「レックス」に一撃で倒された時はさすがに唖然とした。
「ふざけんなぁ~(爆)」

「コモド・ドラゴン」(モンスター名)
確か・・・同名のトカゲが実在しているような気がするのだが、こちらはトカゲではない。
見た目はトカゲだけど酸のブレスを吐く事から、ドラゴンの一種だと思われる。
この酸のブレスがなかなか強く、大量出現したときはかなり痛かったりする。
経験値もそこそこあるので戦うかどうか迷うところ。

「ゴローの間」(地名)
聖堂の島地下2階に存在する6つの小部屋の事。入るには専用の鍵が必要。
そして、それぞれの部屋にはCDS最強のモンスターが最高の宝を守っている。
その強さは「ダーク・サヴァント」や「ゴジリ」を簡単に凌ぐ。何しろHP6000超えるモンスターとかいるし。
ただし、たった一体を除けば・・・の話。

「混乱」(バットステータス)
こうなるとどうなるかは分かるでしょう。
ただしこのゲームでは仲間に攻撃するだけでなく、踊り出したり、ヒステリックに笑い出したりと
なかなか面白いことをしてくれる(笑)
がやっぱりかなりヤバイ状態なのですぐに「セーン・マインド」で直してあげよう。



あ行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 英数字 その他

« | トップページ | »

ANGEL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485007/61174508

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »