最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2014年11月21日 (金)

 大槻ケンヂさんのエッセイにて

北尾幸司という 元横綱で のちのプロレスラーになった

人物がいるのだが 彼は プロレス界から永久追放されてしまった

その発端は 「この八百長野郎!!」

大槻ケンヂさんはこういう

「プロレスラーに対して八百長野郎とは なんともトンチのない台詞である

クマのぬいぐるみを着た アルバイトに向かって 『ぬいぐるみだぁあ!!』

というのと一緒だ」

他にもプロレスの面白さは は勝ち負けの部分じゃないと

思っているんだよね 

ジャンボ鶴田と ジャイアント馬場の試合を本気で観る人いないでしょ

さて新宿フェイスにて 新日本プロレスの興行イベント マッスルランド

を観にいった 

まず 面白いか 面白くないかの 単純な二元理論で言えば

「面白かった!!」

これ書いちゃうと 文章が続かないが

これは大切なことだと思う 面白くなかったら 文章も面白くないのを

前提に書いてしまうもの

新宿フェイスは 歌舞伎町にあった

新宿駅の東口を 抜けて 歌舞伎町一丁目にあるのが

新宿フェイス

とそのまえに お母さんが 中村屋に行きたいと言いだした

「プロレス観戦に 中村屋ぁ~?!」

中村屋とは 

新宿の歴史ある カレー屋さん(いや カリーなんだけど カリーって

気取りすぎじゃない? カレーで(・∀・)イイ!!ジャン カレーでさ

あとパスタってのも あんまり好きじゃない 

スパゲティでいいでしょ! スパゲティで!!  ・・・パスタ 気恥ずかしい)

ちょっと歴史をおさらいすると

日本に亡命したインド独立運動の志士ラス・ビハリ・ボースを匿う 1915  
 
*相馬夫妻の娘・俊子とボーズ     


ロシアの盲目の詩人エロシェンコ、中村屋に身を寄せる
1916
かりんとう
 
*バイオリンを弾くエロシェンコ    
    1922 ロシアチョコレート輸入・販売
・ 株式会社組織に改組、商号を株式会社中村屋とする
   1923 地震饅頭
・ 喫茶部を開設。日本にはじめて純インド式カリーライスを紹介
  1927 肉まん、あんまん、月餅、ボルシチ
・ 調布市仙川に中村屋牧場新設    
・ ロシア人技術者、スタンレー・オホツキー入店。ロシア菓子・パンを本格的に製造・販売

と言うわけで インド独立運動のラス・ビハリ・ボースさんが

中村屋の奥さんに伝授したのが その味の元となっている

さらに 中村屋には 

WEBサイト 中村屋 サロンから抜粋

~絵画から彫刻へ~
 留学中、アメリカではウォルター・パッチや戸張孤雁、フランスでは中村不折や岡精一に会い、感化されながら芸術性を高めていきましたが、一番の出会いはロダンの代表作「考える人」との出会いでした。守衛は「私は作品に接して、初めて芸術の威厳に打たれ、美の神聖なるを覚知して茲に彫刻家になろうと決心した」と、その時の感動を記しています。   明治40年、守衛は初めてロダンを訪問し、その後、アトリエでロダンの作品を直に見たり、親友パッチと共にロダンに会い直接教えも受けます。こうして守衛はロダンを師と仰ぎ、ロダンも次第に守衛を弟子として扱うようになりました。
 フランス留学中、20数点の彫刻を製作。日本の近代彫刻の礎を築いた記念碑的作品『坑夫』が生まれたのもこの時期です。
 以後、ローマ、ギリシャ、エジプトの美術を見て廻り、明治41年、神戸に着きます。実に7年にわたる遊学でした。ちなみに、渡欧中の明治40年夏、自ら初めて「碌山」という雅号を名乗るようになります。 
「坑夫」

~生命をつぎこんだ創作活動~
 帰国後は創作の場を中村屋奥のアトリエに決めて創作活動に勤しみます。このアトリエでの初めての作品が『文覚』、続いて『デスペア』を製作します。『文覚』は第二回文展で3等賞となりましたが、同じく出点した『坑夫』は落選。当時の日本彫刻界では未完成の作品としてしかうつらなかったのです。
 その後、『戸張孤雁像』『香炉』『灰皿』などが製作され、明治43年、日本近代彫刻史上最高傑作といわれる『女』が製作されました。
 熱心な創作活動が魂をすり減らしたのか、守衛は帰国からわずか3年後の明治43年4月20日、突然喀血します。ちょうど愛蔵・黒光夫妻と相談の上、帰国した友人柳敬助のためにアトリエを改造して完成した、その日の出来事でした。そして22日深夜、守衛は帰らぬ人となります。あまりにも突然の死で、この時守衛はまだ32歳の若さでした。

というわけで 彫刻のアトリエとしても 有名である

そんなハイソなところに プロレス観戦んん?!

しかし 旨いものを食べたい舌と タダ飯の誘惑にはかてなかった

僕は 中村屋の カリーを頼んだ

中村屋は 思っていたほど 高級料理屋という雰囲気はなかった

しかしハイソな感じはした プロレス観戦に 中村屋はね~

三国志で言うならば いきなり洛陽を攻め落として 曹操と対決するようなものだ(

書いててよくわからん)

そこで インドカリーを頼むと 5分ほど待たされて

運ばれてきた

これが インドの独立運動家 口伝のカレーライスか

♪カレーライス~}(大槻ケンヂさんの歌 その名もズバリカレーライスより)

食べる うまいね!

トロトロに煮詰まっているカレーのルーに 閉じこめられた 野菜の旨みが

舌先をしつこく 濃厚な味に仕上がっていて

それでいて 庶民でも楽しめるような したたかさ 

なんというか コックさんが 頭を 下に 落として

どうぞ食べてください!!

という 感じだ

これはうまいわー とインドカリーを食す トロトロになった

カレーを あつあつのご飯の上に載っけて食べる 

水までもがおいしい いやカレーがおいしいから水も旨いのか

どっちでもいいや とてもおいしくいただきました

で ふくじんずけも 出てきたのだが 

これはたいしたことがなかったが 赤茶けた カレーのスパイスの

色をした 付でもの が とてもおいしかった

これは 筆舌に解せない 

とにかくおいしいので 中村屋に行ったときに 試してください

さて中村屋を 出ると お母さんが

「紀伊国屋に行こうか」

といいだした 『だれか 家のお母さんをとめてくれーーー』 

「これから逝くのは プロレス観戦ですよ 

 紀伊国屋なんざ ハイソなところにいってれらまっかい」

と 却下した

予定よりも 一時間も早く 新宿フェイスに着いた

「まだ 開幕していません」

とのこと うーーん どうしようか

と 考えている と 目に入ったのがゲームセンター

ガンシューティング(銃を使ってコンピュータモニターに映し出された

エネミーを倒していく)
 セイギノミカタ  マリオカートアーケード版(アーケードとは ゲームセンターの筐体(ハード)の事) 

コナミのビシバシスペシャル(ビシバシチャンプかも) をやった 

一時期 隆盛をオウガしていた 格闘ゲーム(スト2とかきいたことあるよね) が一個もなかったのが

時代の流れを感じてしまった

面白かったのは ビシバシチャンプ

3つの青緑黄色のボタンを押して ミニゲームをするのだが

メイドインワリオっていう ゲームを知っているなら それに近い

すごく簡単なミニゲーム

瞬間!!

良く見る!!

目を凝らせ!!

電車に書いてある文字を読みとって、同じ言葉のボタンを叩け。
電車はだんだん速くなるぞ

ケータイ !!
落とすと!!

壊れます!!

落下してくる携帯電話をキャッチしろ。
ボタンはどれでもOK.。
落とすと失格。お手つきは2センチのペナルティだ!

とか 赤 緑 黄色のボタンを押して

ミニゲームを攻略していくのが 最高に面白い

さて 閑話休題(あだちごとはさておきつ)

ゲームも堪能したし さて出て行くか と

ゲームセンターを後にすると お母さんが いかにもやーさん風の

人を見かけたらしい 

「さすが新宿ね 」

と 僕は未練かった じゃなくて 見れなかった

さて 新宿フェイスに入ると 内装は真っ黒だった

渋くてカッコイイ 

なんといえばいいか 「PS2を 壊して 部屋にしたら

こうなりました~ 」といえばいいのだろうか

黒くて格好のいい 部屋を覗き見して

トイレへと急いだ トイレに行く途中

夢枕獏 らしき 人物を発見 

ひえーー 陰陽士も サイコダイバーも 群狼の旗も 仰天平成元年のカラテチョップ

も読みましたヨー 

といいたいところだけど 急いで トイレへ

うーむ サインもらっとけば良かったかな~

等と考えて 外に出た

外に出て 会場に向かった

フト気がついたのだが 会場に女の子が多い

70%ぐらいが 女の子だろうか

結構 カワイイ子もいれば ピザ(体重が重たい人)もいる

驚いたのは リスカ(リストカット カッターナイフで静脈を切ること

これをやると 落ち着くっていう 子もいるらしい (唐沢俊一さんが

「いまのこのかんがえってわからねえーよなあ 」と言っていた

完全自殺マニュアルの鶴見さんは リストカットだけじゃだめですよ

腕一本切らないと人間は死なないですよといっていた)

そして プロレスがはじまった

画面が暗くなった 

突然 ♪酒が飲める 酒が飲める 酒が飲めるぞ~

と 音が響く 前座でお笑い芸人バンド バラクーダを呼んだのか?!

浅草紀行以来だなあ

とおもっていると 出てきたのは 矢野というレスラーで拍子抜けした

しかし 矢野 持っているものがすごい

一升瓶をもっている

「おい!? みな! 酒がノミテエカー」

と 叫ぶと WWFのトリプルHの如く

空中に 酒を 霧にして 吹いた

「のみたいなら飲め」

というと 紙箱いりの 酒を 投げてきた

さて 僕はプロレスファンじゃないけど

カウント2.99

かませ犬 ロープブレイク スープレックス

ムーンサルト アルゼンチン カニばさみ

凶器はかんぬき ガチンコ セメント

しょっぱい WWEの独裁者ビンズ

という 言葉をしっているだろうか 

試合中 お母さんに いちいち 説明をするのがめんどくさかったが

した

まあ 閑話休題

酒が飲める といいながら 酒をがぶがぶ飲みながら

矢野は 去っていくと 隣にいた レスラーが あろうことか

半ケツになって 踊り狂った

なんつーか 馬鹿である

そこに レスラー3人が現れて 蹴ったり殴ったり

ちょwwwwwおまwww まてwwww

これって いじめじゃねーの と思っていたのだが

リングアナから 「えーたいへんお見苦しいものを おみせいたしまして

誠に失礼しました 」

ということで うーむ 身体を張ったギャグだな ギャグマンガもびっくりだ

プロレスの音楽を聴いて こういう血湧き肉躍る 音楽が作りたいなー

とか考えていた

そのあと ツボ魔神 と カニ道楽という レスラーが現れて

たたかいはじめた 

観客席から 「ツボ!! ツボ!!」

ツボ魔神人気あるなあ 

ツボ魔神も カニ道楽も 戦いが始まったら 会場の扉を開けて

どっかに 逝ってしまった

えー!? 無制限マッチだからって 

まあ どこかで  休んでいるんだろう

そのあとは 邪道 外道 北海道 というレスラーが

現れた 取り決めでは 邪道外道が 最後にいいところを

みせるという 取り決めを テレビ画面で 言っていた

リングに上がった 北海道 邪道 外道に

「うちのおかあさんがきているから しょっぱい試合………イテテテ」

するなよ!! といいたかった ところだが

お母さんに つねられて 言えなかった 

いや^^ 恥ずかしい からだそうだ

邪道外道 北海道は 北海道が最後に スリーパーをかけて

終わった

終わりに 「おい 俺たちに見せ場つくるんじゃねーのか?!

おまえなんか 北海道に郵送しておくりかえしちまうぞ」

と言っていた 記憶がある 

そのあと 田中というレスラーが 現れた

みのる というレスラーが 「いやー試合前は 出たくないなあ

なんか 試合になると ダメなんだよな 俺」

と 言って 携帯電話を持ち出して

「おい 田中 新宿フェイスにいるんだけど 俺の変わりに出てきてくれない?

歌舞伎町だぜ 

俺も お前も 大好きな店たくさんあるからよ」

「わかりましたやります」

というと 田中が現れた

田中は なんというか 正当派なプロレスをやっていた 

相手が誰だったか忘れちゃった

その後 タイガーマスクと エルサムライのタッグと

魔界軍団 という レスラーが現れた

この試合途中で トイレに行って来たので 詳しいことが解らないが

多分 マスクがなくなって いたので エルサムライが

マスク矧ぎしてかったのだろう 

そのあと 面白い おじいちゃんが出てきた

魔界軍団を率いる 星の総裁 

うーむ ギミックが効いている というか 

はやくいえば ビンズ・J・マクラマホンのパクリ

というかなんというか

「魔界一号よ よくやった ほめてつかわす」

と言う台詞に お母さんは 吹き出してしまった

なるほど 大時代的  

さて魔界一号やら 二号やらが戦って

気がついたのが 50すぎぐらいの おっさんが マスクを被って

やっていると言うことだ がんばっているなと思った

そのあと メインイベントになって 

魔界マン カナディアン と 棚橋が戦うことになった

途中 技が失敗して 首から落としてしまった 

「ウワーむちうちにならないのかな」 とお母さんが驚いていた

(ちなみに 棚橋が テレビに映ったとき 

女性アナウンサーの人が OOOにマイクを押しつけて

もっこり と言っていたのだが 下品なのでかかない)

試合が終わり 

そのあと 新日本プロレスから 藤原辰巳が脱退した

という ニュースを棚橋の口から 伝聞された

そして 忘れたことに ツボ魔神と カニ道楽が現れた

「えー 一時間 45分 ツボ道楽の勝ち」

ええーっと 一時間45分も プロレス(会場外で)してたのかい?!

とおもしろいオチがついたところで

かしこ

追記 真剣に見ていてソンした 馬鹿馬鹿しいのがプロレスとは思わなかった

K君が言っていた 学芸会みたいっていうのはよくわかった

っていうか 幼稚園………

母の感想です

« | トップページ | »

エッセイ」カテゴリの記事

  • (2017.03.30)
  • (2017.03.27)
  • (2017.03.23)
  • (2015.10.05)
  • (2017.03.16)

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485007/58050388

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »