最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2013年9月 2日 (月)

浅草キッドの男の星座を読んで ブルーハーツが

当時の ヒーローで 爆発力と かっこよさのロックスターだったと聞いて

おれら90年台のスターって誰だったんだろうと考えると

空からの力のZEEBRAだった

当時 酒鬼薔薇事件や 阪神大震災 オウム事件など

閉塞感がただよっていた

ZEEBRAは ノストラダムスの大予言や スト2とかを使い

解散のシングル影で 最終戦争を歌って

あの時代の雰囲気をよく表していた

この人僕らを歌っていると スチャダラパーみたいなバブリーさではなく

共感があった

ほかにもブッタブランドの黒船とかが あったが

謎だったのが ぶったの休日だった
なんだこりゃ?

と当時のHIPPHOPファンは首をかしげた

だが あれで夜かかったかもしれない

ぶったの休日とは 一体何だったのか

そういう謎解きが あの時の自分におおいに成長させた

なんだ これ なんだこれ 

思春期に エヴァを見なかった代わりに

これが 人生のクイズだったんのだ

のちに打ったブランドはこうあかしている

あれは俺らにとってのセルアウトで 一般受け

どこがやねんと突っ込みたくなる歌詞だ

俺に大いに影響を与えたのは 人間発電所ではなくブッタの休日だった

« | トップページ | »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485007/53117890

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »