最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2013年8月27日 (火)

私が愛した歴史小説私が愛した歴史小説

錬三郎 近藤勇外伝 司馬遼太郎 夏草の賦  マムシのしろ 燃えよ剣

どれも面白かった 土佐では 一領具足といって

農民でもサムライなんだという気風があって

それが後の坂本龍馬や サイバラさんにつながっていくんだなあ

ということや とにかく 面白かった

新撰組外伝 近藤勇伝では 最初鴨が 龍にしたいと誠の方がいい

ともめて 弟弟子が かわいいので誠にしたというはなしが

鴨が 人間なんだなあというのがわかって面白かった

京都の護衛の話でかも暗殺で終わってしまって

燃えよ剣は なー トリビアの泉では ひじかたはOOOOだったといsしって

夜這い失敗するわけないじゃん 恋愛ベタとか嘘じゃんって

思って…

« | トップページ | »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485007/53050691

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »