最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« | トップページ | とこしえの守り 海原 渡る 銀の翼 風を切って 地平線の遥か彼方 夢に 向かって 飛んでいく 我らが 防人よ 勇猛果敢に 飛び続け 宙に舞う 敵機 黒鉄の 死神は 咆哮を上げ  水の島を 護らん  八千代に 進軍せよ  かたき護りは 友軍の 後方援護射撃なり 海原を渡らん 光る 叫び 黒い 空間に 赤き光の 叫びをあげよ 黒鉄の 棺桶に 護られし 我が 戦神 大地を地響きたて 進まん 彼方に見えるのは 栄光なり 大地をける 芦毛の馬は 進軍ラッパとともに いざ進まん 進軍せ »

2013年8月18日 (日)

無能な愛国者にもなれず おまえは死亡したぜ ファシストウォロボセ 我らが聖戦 赤き大地に 神々が いかずちを落とす さあいけ サイクロン 竜巻を起こすのだ 地響き立てて 咆哮を鳴らせ 御霊が守護し 太陽の子らよ 神が守らん 山はかれ 国が滅びようとも  神の大地には ニニギがやどらん 美しく麗しい川 祖国 美しく豊かな大地祖国 神々のかごがあって  地の果てよりいでし 神の祖先たち 太陽が登る 朝日は 浴びる わが故郷の 神々の加護あれ 貞淑な女達 力強き男たち ふるきよきむかし 今も故郷

無能な愛国者にもなれず おまえは死亡したぜ
ファシストウォロボセ

我らが聖戦 赤き大地に 神々が いかずちを落とす
さあいけ サイクロン 竜巻を起こすのだ

地響き立てて 咆哮を鳴らせ

御霊が守護し 太陽の子らよ 神が守らん
山はかれ 国が滅びようとも 

神の大地には ニニギがやどらん

美しく麗しい川 祖国
美しく豊かな大地祖国

神々のかごがあって 
地の果てよりいでし 神の祖先たち
太陽が登る 朝日は 浴びる

わが故郷の 神々の加護あれ
貞淑な女達 力強き男たち
ふるきよきむかし 今も故郷は変わらない

美しい川の流れ 祖国の
杜を映し出す 神々よ 万物

にやどりす 精霊よこの地にさちあれ

たとえ祖国の土不満とも

戦場で死す我が生命

祖国のためにしするわ それは至極の名誉なり
たとえ祖国の土ふまんとも 戦車は進むよどこまでも

雨の日も 雪の日も
戦車は進むよドオまでも進む

疲れを知らぬ戦馬 我ら精鋭軍隊の

守りは敵 戦場翔る戦馬
我ら精鋭 陸軍の

鉄の棺桶になろうとも 我が軍は進軍する
ヴァルハラに免れ 帝国の信念度胸をみせてやれ

首相のおなはをみたかい?
首相のおはなをみたかい?

どこがスーパーマンなんだ

鉄の秩序の赤い国に
自由はない
朝起きて 日本だ
止めが覚ます事こそ幸いなりアイロニーだらけをつぶやく君が ルサンチマンな叫びをあげた

カタルシス の哀れな天使を 呼んだ wowowo

イデアをもてあそぶ 悪魔たちの巣窟には

パッションと 青火がくすぶってる

ドグマだけで 行動するな

静寂の灯火は アウラ アウラ に 宿る

« | トップページ | とこしえの守り 海原 渡る 銀の翼 風を切って 地平線の遥か彼方 夢に 向かって 飛んでいく 我らが 防人よ 勇猛果敢に 飛び続け 宙に舞う 敵機 黒鉄の 死神は 咆哮を上げ  水の島を 護らん  八千代に 進軍せよ  かたき護りは 友軍の 後方援護射撃なり 海原を渡らん 光る 叫び 黒い 空間に 赤き光の 叫びをあげよ 黒鉄の 棺桶に 護られし 我が 戦神 大地を地響きたて 進まん 彼方に見えるのは 栄光なり 大地をける 芦毛の馬は 進軍ラッパとともに いざ進まん 進軍せ »

ANGEL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | とこしえの守り 海原 渡る 銀の翼 風を切って 地平線の遥か彼方 夢に 向かって 飛んでいく 我らが 防人よ 勇猛果敢に 飛び続け 宙に舞う 敵機 黒鉄の 死神は 咆哮を上げ  水の島を 護らん  八千代に 進軍せよ  かたき護りは 友軍の 後方援護射撃なり 海原を渡らん 光る 叫び 黒い 空間に 赤き光の 叫びをあげよ 黒鉄の 棺桶に 護られし 我が 戦神 大地を地響きたて 進まん 彼方に見えるのは 栄光なり 大地をける 芦毛の馬は 進軍ラッパとともに いざ進まん 進軍せ »