最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 戦艦シャルンホルスト呪いの真実 | トップページ | »

2013年6月10日 (月)

[wait time=200]
*start|スタート
[cm]
[ct]





[wait time=200]
*start|スタート
[title name="氷川神社ノミコ"]

;--------------------------------------------
[macro name=kirikae]
[trans time=2000 rule="trans1" vague=100]\
[wt]
[endmacro]
;--------------------------------------------



[wc time=20]
*start|スタート

[image storage="タイトル3" page=fore layer=base]
[layopt layer=message0 page=fore visible=false]
[ct]
[layopt layer=message0 page=back visible=false]\
[trans time=26000 method=universal rule="scanty2" vague=100]
[wt][trans method=universal rule="trans1" vague=1 time=1500][wt]



[image storage="ウィズ" page=fore layer=base]
[layopt layer=message0 page=fore visible=false]
[ct]
[layopt layer=message0 page=back visible=false]\
[trans time=26000 method=universal rule="scanty2" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="タイトル5"]
[layopt layer=message0 page=fore visible=false]
[image storage="タイトル5" page=back layer=base]
[backlay layer=message0]
[kirikae]
[wt]
[ct]
[backlay]
[layopt layer=message0 page=back visible=true]
[trans time=2000 rule="trans1" vague=100]
[wt]

[locate y=300]
[delay speed=nowait]
[style align=center]
[link target=*opening]  ゲームをはじめる  [endlink]
[link target=*dataload]セーブデータをロードする[endlink]
[link target=*option]    オプション    [endlink]
[link target=*end]  ゲームを終了する  [endlink]
[link target=*merry_go_round22255]]おまけ(官能小説) [endlink][r]
[style align=default]
[delay speed=user]
[s]
;--------------------------------------------
*opening
[ct]
cアーマーチアソフトソフトスペシャルバイザー y/t協力徒楽夢さん Executiveプロデューサー櫻井与芝  櫻井聖子 アーマーチアソフトアーマーチアソフト/アチウソフト  [r][l]
mainpurogurama メインプログラマー 櫻井聖子( アーマーチアソフト/アチウソフト) シナリオ櫻井聖子(アーマーチアソフトアーマーチアソフト/アチウソフト) 音楽  櫻井聖子
 (アーマーチアソフトアーマーチアソフト/アチウソフト) 作曲・サウンドプラグラマー 櫻井聖子 メインイラスト背景0号 http://www.futta.net/photo/1412.htmlT デバック 櫻井聖子 くまがいさん[r][l]

*opening
[ct]
[layopt layer=message0 page=back visible=false]
[image storage="タイトル5" layer=base page=back]
[kirikae]
[wt]
[ct]
[backlay]
[layopt layer=message0 page=back visible=true]
[kirikae]
[wt]
[l]
*inputname
あなたの名前を 教えてください[l]

[l]
[eval exp="f.sname1='アチウ'"][eval exp="f.name1='ソフト'"]
[input name=f.sname1 prompt="あなたの姓をご記帳下さい" title="名前の入力"]

;----------------------------------------------------
;入力文字列が長い場合
[if exp="f.sname1.length>4"]
[ct]
苗字は3文字までにして下さい。[p]
[jump target=*return_name]
[endif]
;----------------------------------------------------
;入力文字列がカラの場合
[if exp="f.sname1==''"]
[ct]
苗字を入力してください。[p]
[jump target=*return_name]
[endif]

[input name=f.name1 prompt="あなたの名をご記帳下さい" title="名前の入力"]

;入力文字列が長い場合
[if exp="f.name1.length>4"]
[ct]
名前は3文字までにして下さい。[p]
[jump target=*return_name]
[endif]
;----------------------------------------------------
;入力文字列がカラの場合
[if exp="f.name1==''"]
[ct]
名前を入力してください。[p]
[jump target=*return_name]
[endif]



[eval exp="f.sname2='鈴木'"][eval exp="f.name2='花子'"]
あなたの名前は [font color=0xffff00][emb exp=f.sname1][emb exp=f.name1][font color=default]様、でよろしいでしょうか?
[delay speed=nowait]
[locate y=360]
[link target=*scene01]A.よろしい[endlink]
[link target=*return_name]B.よろしくない[endlink]
[delay speed=user]
[s]
;--------------------------------------------
*return_name
[ct]
[jump target=*inputname]

[s]
[s]

[s]


;--------------------------------------------
*dataload
[ct]
でーたをろーどすんだもん。
[s]
;--------------------------------------------
*option
[ct]
おぷしょんぺーじだもん。
[s]
;--------------------------------------------
*end

おしまい。
[s]

*scene01
[ct]
[l]

[playbgm storage="g"]

[playbgm storage="g"]

[image storage="学校 外観 昼" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]
*start2|オープニング
[ct]
*scene01
[ct]
[l]
*prologue|プロローグ
[cm]

;
[playbgm storage="genn"]


[playbgm storage="g"]

*prologue_01|スタート

[image storage="駐輪場_3" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_ravenous"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]

*っっっっh

その日 私は 闇を見ていた[r][l]

明るい 光など 我が 邪龍の前では[r][l] 

何もない 黒竜邂逅拳を 使うものとして[r][l]

闇の中で 静かに 瞑想をする[r][l]

はっ と目が覚めた [r][l]

邪龍が 猛っている[r][l]

黒竜が 凜々たる眼を見開き[r][l]

黒鉄の 鎧を 切り裂いた[r][l]

一人の男が現れた[r][l]

「父上」[r][l]
  [image storage="!!!!!059" layer=1 page=fore visible=true]
「ざくろ やはり 黒竜がたけってオルカ」[r][l]

黒竜は慟哭した 大気を 震わせ 闇に弾む 道化師のように[r][l]

喜んでいる[r][l]

「うむ魔術師がくるのだろう」[r][l]

雷が 落ちる 大木を 焦がす[r][l]

闇夜に カラスたちの鳴き声が聞こえる[r][l]
[image storage="神社_3" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_blackd"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]

*っっっっh4
星也は 歩いていた[r][l]
[image storage="!!!!!050" layer=1 page=fore visible=true]
変なお寺[r][l]

と朽ち果てた 寺の前を灯籠が灯る [r][l]

蛾が 灯籠の光に導かれ[r][l]

焼かれて落ちる[r][l]

「なんだろう」[r][l]

10名ほどの老人たちが 座っている[r][l]

夕焼け[r][l]

老人たちは歯をカタカタと鳴らし始めた[r][l]

カタカタと カスタネットの合唱の様に 地上に木霊する[r][l]

そして 一斉に 止まった[r][l]

「な なに?」[r][l]

突然 老人たちの首が伸びてきた[r][l]

*っっっっh5
 「ろ ロクっろ首!!」[r][l] 

黒竜邂逅券!![r][l]

と 叫び声が聞こえる[r][l]

「だ だいじょうぶですか」[r][l]

と ざくろはいった[r][l]

「魔術師 ファウストが 日本に来ているのです[r][l]

暗闇が 覆う [r][l]

「父は 倒しに 行きました[r][l]

[image storage="大学風教室_3" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_bougi_il"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]

*っっっっh7
前田ざくろ 出身地 日本 蛟に 取り憑かれ[r][l]

闇夜に歩く ブラックブラッドストーカーズとして[r][l]

魔物退治を生業にする 20才[r][l]

黒竜 邪龍は 彼女を 蝕むつもりだったが[r][l]

彼の父 前田玄伊が 神獣十二支の使いだったことが 幸いし[r][l]

その血筋により 龍を使役する[r][l]

「なるほど ファウストですか」[r][l]

「そうよ 暗闇 に潜む  者達を 征伐 するのが役目[r][l]

黒竜が猛っている!! [r][l]

「西!!」[r][l]
[image storage="墓地_3" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_bfmh_il"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]

*っっっっh8
吉備津イソイは ロウソクを見ながら 正座をしていた[r][l]
[image storage="!!!!!054" layer=1 page=fore visible=true]
天文学では 今宵は 金星が最も 地球に 近づく日[r][l]

300年前 日本大震災が襲った 日と 同じなのだ[r][l]

 これは なにか起こりそうね [r][l]

上弦の月が 青く 照らす [r][l]

久伊豆神社にて 一条の光が差し込んできた[r][l]

「だ 誰?!」[r][l]

と 見ると 姉の 吉備津イソラの姿が[r][l]
[image storage="!!!!!053" layer=1 page=fore visible=true]
「姉さん だったの[r][l]

しかし 様子がおかしい[r][l]

「漆黒の魔導士 我が名は 巴」[r][l]

姉さんは?!と即座に訊く イソラ [r][l]

「私に勝ったら 場所を教えてやろう」[r][l] 

「魁偉 釜鳴り!!」[r][l]

と 技を繰り出す イソ
「これは 弱い」[r][l]

「なに?」[r][l]

「ククク 喰らえ バスターディンゴ」[r][l]

っくっと 足を付く イソイ[r][l]

「われは 人狼 狼よ この 上弦の月が[r][l]

あまりに眩しいので 狂いたくなってな[r][l]

と 一匹の狼は 言った[r][l]

「なんとしても この 夜空を 血に染めるわけにはいけない[r][l]

そうイソイはいった[r][l]

「おおお 眼が金の台座を写した 今宵は 叫ぶ ジャ・・・邪眼が 猛り狂っておるわ [r][l]

餓狼拳!![r][l]

*っっっっh9
「やみ に潜む 邪悪な者どもの 悲鳴 阿鼻叫喚 血に飢えた [r][l]

闇の鴉  蝙蝠の瞬き 月夜に 落ちる 金の雫 [r][l]

美しい 夜よ深けろ 叫びを上げて 次元を歪ませるのだ[r][l]

魔術師は そういうと 月下の光に導かれ 歩んでいく[r][l]

「っく 夜行雀 [r][l]

銀と金の 夜想曲が 巴の廻りを 爆ぜる[r][l]

暗き闇夜に 横たわりしは 巴であった[r][l]

「姉さん[r][l]
[image storage="神社_3" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_idtbicold_il2"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]

*っっっっh11
前田玄以と 吉備津イソラは 死闘を繰り広げていた[r][l]

一匹の バンパイア 吸血鬼 black 漆黒の魔導を 放ち[r][l]
[image storage="!!!!!057" layer=1 page=fore visible=true]
この世界が まるで 自分の物か 磨かれし 玉製の賜物か[r][l]

闇夜は 厳しく 生暖かい風を 読んだ[r][l]

「ブックレイ」[r][l]

「なんの… 犬神よ いけ!!」[r][l]

前田玄以は 12神将の式神を使役する ざくろの師匠であった[r][l]

「魁偉 地獄落とし[r][l]

魁偉 という 流派の法力使いである 磯良もまた [r][l]

イソイの 師匠であった[r][l]

「我が 忠実な 執事(バトラーよ 血に飢えた 狩人達よ[r][l]

黒きマントに身を包み 小高い丘の上に立った[r][l]

影は大きく 広がり 無数の蝙蝠となって 月を望む[r][l]

まるで 地上の 天界を 目指すかのような[r][l]

闇夜は 耽る [r][l]

「 竜流将!! 虎真将!!」[r][l]

「魁 偉五 虎将!!」[r][l]

吸血鬼 BLACKは 風とともに かぜなき空を舞う[r][l]

鳥は風がなくても飛ぶものだ[r][l]

光が 差し込む[r][l]

闇は 上がっていく[r][l]

「黒き騎士 我が名は でゆらはん」[r][l]

暗黒のマントと 銀の鎧に身を包んだ[r][l]

騎士が 荒々しい 声を上げた[r][l]
*っっっっh12
「イソイ 」[r][l]
「はい ざくろさん」[r][l]

邂逅を果たした ふたりは もう一つの 追手に気づかなかった[r][l]

「死」と書かれた 母衣を纏った サムライの 弓が 月に照らされた[r][l]

「あ あぶない 魁偉 小喬!!」[r][l]

と 叫んだ[r][l]

くくククク[r][l]

もう おしまいか [r][l]

強大なパワーの前に 沈む 二つの巨星[r][l]

「磯良 お前だけでも 逃げろ[r][l]

と 最後の 力を 振り絞り 十二支の理を 放つ[r][l]

「前田玄以さん!!」[r][l]

「俺は もう駄目だ 早くいけ」[r][l]

闇が 磯良を 追いかけた[r][l]

スサノオが 氷川神社より覚醒した[r][l]

苛烈なる気迫と 呂布奉先 をも凌駕する[r][l]

眼光は鋭く 大気を切り裂いた[r][l]

闇に 沈んだ 都市を見ながら[r][l]

宙を回転しながら 進む[r][l]

闇は ガトリングガンを持った男[r][l]
[image storage="!!!!!060" layer=1 page=fore visible=true]
ジーソーンを 写した[r][l]

錆びついた ガトリングガンが 闇の吠える[r][l]
[image storage="繁華街  夜" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_livingt_il"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]

*っっっっh13
「black 俺は逃げも隠れもしない 」[r][l]

磯良を 追いかけるをやめ 長きに渡る因縁に 決別をつけるため[r][l]

[image storage="!!!!!061" layer=1 page=fore visible=true]
ガトリングガンは ヒヲハナツ[r][l]

暗き 黄泉 闇夜の 馬の嘶きが聞こえる[r][l]

「でゆらはん」[r][l]

カカカッ と 石段を 駆け下りる騎士[r][l]

マントは沈んだ色をしていた[r][l]

この血継淘汰なら 助かるはずよ[r][l]

でいらはんの 一太刀により 血を飛ばした[r][l]

イソイ 地面から 悪霊の喚き声が木霊するする[r][l]

「磯良さんだ」[r][l]
「父は…」[r][l]

「残念ながら 助かりませんでした」[r][l]

嗚呼と あきらめの声を上げる 少女[r][l]

「暗闇 光 風を追い込み 光る先にみえるのは!!」[r][l]

朽ち果てた玉座 王は 屍鬼となりて 玉座に座る[r][l]

「リチャード三世」[r][l]

「馬をくれ馬を王国(イギリス)はくれてやるぞ」[r][l]

そう叫びながら マスケット銃兵の 被弾に堕ちた黒き堕天翅[r][l]

「我には ミカエルの加護があるぞ」[r][l]

炎を吹いて巻き上がる旋風[r][l]

十字の金の剣を持った 熾天使(セラフィム)ミカエルが[r][l]

炎を纏いて 背後に付く[r][l]
*っっっっh14
「ミカエルよ この 第三次不死鳥聖戦の 勝者は私だ[r][l]

ナポレオン 成吉思汗(チンギスハーン)[r][l]

この極東の島で 戦争が 巻き起こした[r][l]

不死鳥聖戦[r][l]

黄金を作ると言われた 賢者の石が ここ極東に存在する[r][l]

闇は ・・・[r][l]

*テスト

[playbgm storage="sd_livingt2_il"]

[image storage="!!!!!073" page=back layer=base]
[trans time=9992000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]
[r][l]
[r][l]
[r][l][r][l][r][l]
*っっっっh
[link target=*merry_go_round000]]プッシュスタートさあはじめましょう →START [endlink][r]
[s]
*merry_go_round000

[image storage="神社_3" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="足長ba- Like a Jade"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]
*っっっっh14
「魔技士よ」 [r][l]

と スサノオ神社の巫女二階堂小町は言った[r][l]

「あら ウフフフ なーに」[r][l]

[image storage="!!!!!055" layer=1 page=fore visible=true]
坊主頭で オカマである 白山が言った[r][l]

ここは 氷川神社の前である[r][l]

「あら ヤダ スサノオの 力が ないわね」[r][l]

と言った [r][l]

「お主の吉兆天の力を借りてもダメか」[r][l]

と 二人は暗闇の 中を 彷徨い続ける[r][l]

二階堂小町は邪龍封印・袍を放った[r][l]

闇夜に 輝きが増す[r][l]

「スサノオ様 何処へ」[r][l]

「白山」[r][l]

「なーに」[r][l]

そこへ [r][l]

「あ こまっちゃん」[r][l]

「あら ざくろじゃない」[r][l]

と 二人は 話した[r][l]

「へー 吉備津イソラ イソイ そして あなた」[r][l]

「おっと おれもいるぜ」[r][l]

と 星也[r][l]

「ふむふむ 魔術師が この日本に やってきてるのね」[r][l]

「そうだ ファウスト」[r][l]

「あらかわいいぼーやね おにーさんがかわいがってあげるわよ」[r][l]

と 白山は 言った[r][l]

「え 遠慮しときます」[r][l]

そこへ 一体の 人形が 現れた[r][l]

「我は カグツチの霊魂」[r][l]

「敵?!」[r][l]

「いや 違うようだ」[r][l]

「星也よ 我が力 受け取れ」[r][l]

「こ これは?」[r][l]

「カグツチのファイヤーボール」[r][l]

そこへ[r][l]

暗闇より 現れし 異形の者[r][l]

「我が名は 金色夜叉 」[r][l]

「なんですって 」[r][l]

「何者だ」[r][l]

「中国の妖怪よ 子供の血をスううのよ」[r][l]

邪龍封印将!!邪龍邂逅拳!![r][l]

と ざくろと小町は 攻撃した[r][l]

「私は 夜叉 闇夜と ともに 黒い 」[r][l]

夜叉は 珠を残し消えた[r][l]

「この珠は?」[r][l]

「なぞねー ちょっと 霊界鑑定鏡で調べてみるわ」[r][l]

と白山[r][l]

「ふむふむ これは 呪術に 使う 道具よ」[r][l]

「魔術師の 道具ってわけか」[r][l]

[image storage="空3" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_irony"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]

*っっっっh15
「おお 朽ち果てし 台座に 座りし 2つの月よ[r][l]

目を見開き 千年の宴が 覆い尽くす 絹のケープ」[r][l]

そこへ ヴァンパイアブラックが現れる[r][l]

バンパイアはひざまずき 祈りを捧げた [r][l]」

邪神に [r][l]

「おお ふたつの太陽よ 輝き満ちたる 太陽よ 光る太陽よ 」[r][l]

太陽は 昇らない [r][l]

「闇よ 闇よ」[r][l]

棺に 眠りし 永遠  風と叫びがこだまする[r][l]

[image storage="空3" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_pcpc_il"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]

*っっっっh16
スサノオが 剣を取り出し リチャードと対決していた[r][l]

「スサノオ われこそ虚無 無限とは すなわち宇宙」[r][l]

「狂王よ しばし 剣を交えん」[r][l]

叫びとともに 剣戟が放たれる[r][l]

「っく 強いな 」[r][l]

とスサノオは 闇に消えた」[r][l]

「チャリオットよ 目覚めよ」[r][l]

地面から チャリオットが 現れる[r][l]

「まてスサノオ」[r][l]

「っく 喰らえ」[r][l]

雷が落ちる [r][l]

「ぎゃーーー」[r][l]

という声とともに 霊界へ帰っていった[r][l]

[image storage="児童公園冬_3" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_irony"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]

*っっっっh17
「不死鳥聖戦?[r][l]

「そうよ なんで 日本に ダークブラッドたちが やってきたか しらべてみたの」[r][l]

と白井[r][l]

「そしたらねー バンべブルグの司教 エッツオの書に 」[r][l]

「ミルヒャムは東方にて現るる 気高き血 汝の実こそ 甘美で善きものなり」[r][l]

という 予言があって 極東の島に 賢者の石が 眠っている[r][l]

という 伝説があるの」[r][l]

「ふーん 」[r][l]

「不死鳥聖戦か…」[r][l]

「賢者の石を 持つとされる 火の鳥を 倒すのが 彼等の狙い[r][l]

「どうする[r][l]

「私は 父の仇を討つため 戦います[r][l]

「ざくろさん[r][l]

「私もだ [r][l]

と イソラ[r][l]

「俺はまだ 慣れてないから この氷川神社にいるよ」[r][l]

「イソイどうする?[r][l]

「私も残る」[r][l]

「小町は?[r][l]

「スサノオが 賢者の石を 手にしたら どうなるか気になるので[r][l]

ざくろに ついていく」[r][l]

行くわよ!![r][l]

バーン!!![r][l]

*っっっっh18
「遠からんものはよってみよ近からんものは活目せよ」[r][l]

ななんだありゃ」[r][l]

「われは源源十郎太義経 ただいま推参」[r][l]

「邪龍邂逅拳!!」[r][l]

ハッ!![r][l]

と 一息で交わす [r][l]

「八艘飛びね」[r][l]

「くくく 我を倒せるわけがない 」[r][l]

「これだけは 使いたくなかったけど…[r][l]

「蛇竜!! 咬め!!」[r][l]

「ななにー 我が刀が…[r][l]

「蛇咬み 相手の武装を奪う技よ」[r][l]

「それだけじゃない 相手の能力をコピーするのよ」[r][l]

「な なんだと…」[r][l]

「八艘飛びと 剣術 コピーさせてもらったわ 」[r][l]

と刀を 持ち 義経を 一刀両断する[r][l]

「ぐは」[r][l]

「行くわよ!![r][l]

「つよいわねえ ざくろちゃん 男だったら惚れてたわよん!!」[r][l]

*っっっっh19

「ふう 疲れた」[r][l]

「あら お茶でもかってこようかしらん らんららん」[r][l]

「きゃーーー ば 化け物よ~」[r][l]

「へ 蛇?」[r][l]

「我が名はクレオパトラなり [r][l]

「エジプトの女王ね[r][l]

「くらえ!!」[r][l]

「っく」[r][l]

「ざくろちゃん 剣術は?」[r][l]

「一度ダメージを受けると 数十分 使えない」[r][l]

「くくく 死ぬがいい」[r][l]

「ん これは 毒」[r][l]

「そーよー クレオパトラは毒で死んだのよ」[r][l]

「こ 小町 」[r][l]

「償還 神鬼 高天原の狛犬!!」[r][l]

「いけ 狛犬!! 雷鳴と稲妻!!」[r][l]

「ぐはあああああ」[r][l]

「もどったわ 一刀両断!!」[r][l]

「っく ワラワは…」[r][l]

「さてと 毒使いの能力をコピーさせてもらうわね」[r][l]

*っっっっh20
さてその頃 氷川神社[r][l]

「あ スサノオ様[r][l]

「うむ お前たちは?」[r][l]

「かくかくしかじかです[r][l]

「なるほど [r][l]

「賢者の石を手にしたものが 世界を制するか[r][l]

「スサノオさまは 野望はないんですか[r][l]

「世界など… 根の国を収めるだけで 十分大変だ[r][l]

「じゃあ 大丈夫ですね[r][l]

「氷川神社には アラハバキもいるぞ[r][l]

「東北の神様でしたっけ?[r][l]

「いや 神社は 埼玉に多い[r][l]

「呼ぶか おう アラハバキ」[r][l]

「おう スサノオ」[r][l]

「この日本で 縄文系の神様で 天候を変えるを持つ[r][l]

それから植物も 操ることができる お方だ[r][l] 

「もとは氷川神社の主神だったんだけどねー[r][l]

朝廷の 蝦夷征伐で それから 聖徳太子に破れちゃってねー」[r][l]

「今では客人神として その名を残すだけになっちゃったんだ[r][l]

某オカルト雑誌では アロハ~が 語源ではないかとか言われちゃって[r][l]

「ハワイの神様ー?! あはははははははは[r][l]

「酷い 扱いだよな スサノオなんか 祇園新道って言って[r][l]

牛頭天王と ともに 京都の守護神なのにー[r][l]

「でも 植物と 天候じゃ あんまり[r][l]

「なにー 昔は 日照りが続くと 私を信仰したんだぞ」[r][l]

「昔って 2000年前でしょ[r][l]

「うーん その頃は 狩猟だったから 稲作はしてないからなー」[r][l]

「いちおう 埼玉の主神だったのだ」[r][l]

「はあ」[r][l]


« 戦艦シャルンホルスト呪いの真実 | トップページ | »

ANGEL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485007/51988758

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 戦艦シャルンホルスト呪いの真実 | トップページ | »