最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2013年5月10日 (金)

[wait time=200]
*start|スタート
[cm]
[ct]





[wait time=200]
*start|スタート
[title name="巫女の奇妙な冒険(第三部)"]

;--------------------------------------------
[macro name=kirikae]
[trans time=2000 rule="trans1" vague=100]\
[wt]
[endmacro]
;--------------------------------------------



[wc time=20]
*start|スタート

[image storage="タイトル3" page=fore layer=base]
[layopt layer=message0 page=fore visible=false]
[ct]
[layopt layer=message0 page=back visible=false]\
[trans time=26000 method=universal rule="scanty2" vague=100]
[wt][trans method=universal rule="trans1" vague=1 time=1500][wt]



[image storage="ウィズ" page=fore layer=base]
[layopt layer=message0 page=fore visible=false]
[ct]
[layopt layer=message0 page=back visible=false]\
[trans time=26000 method=universal rule="scanty2" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="タイトル5"]
[layopt layer=message0 page=fore visible=false]
[image storage="タイトル5" page=back layer=base]
[backlay layer=message0]
[kirikae]
[wt]
[ct]
[backlay]
[layopt layer=message0 page=back visible=true]
[trans time=2000 rule="trans1" vague=100]
[wt]

[locate y=300]
[delay speed=nowait]
[style align=center]
[link target=*opening]  ゲームをはじめる  [endlink]
[link target=*dataload]セーブデータをロードする[endlink]
[link target=*option]    オプション    [endlink]
[link target=*end]  ゲームを終了する  [endlink]
[link target=*merry_go_round22255]]おまけ(官能小説) [endlink][r]
[style align=default]
[delay speed=user]
[s]
;--------------------------------------------
*opening
[ct]
CアチウソフトExecutiveプロデューサー櫻井与芝  櫻井聖子 アチウソフト  [r][l]
mainpurogurama メインプログラマー 櫻井聖子(アチウソフト) シナリオ櫻井聖子(アチウソフト) 音楽  櫻井聖子
 (アチウソフト) 作曲・サウンドプラグラマー 櫻井聖子 メインイラスト背景0号 http://www.futta.net/photo/1412.htmlT デバック 櫻井聖子 くまがいさん[r][l]

*opening
[ct]
[layopt layer=message0 page=back visible=false]
[image storage="タイトル5" layer=base page=back]
[kirikae]
[wt]
[ct]
[backlay]
[layopt layer=message0 page=back visible=true]
[kirikae]
[wt]
[l]
*inputname
あなたの名前を 教えてください[l]

[l]
[eval exp="f.sname1='アチウ'"][eval exp="f.name1='ソフト'"]
[input name=f.sname1 prompt="あなたの姓をご記帳下さい" title="名前の入力"]

;----------------------------------------------------
;入力文字列が長い場合
[if exp="f.sname1.length>4"]
[ct]
苗字は3文字までにして下さい。[p]
[jump target=*return_name]
[endif]
;----------------------------------------------------
;入力文字列がカラの場合
[if exp="f.sname1==''"]
[ct]
苗字を入力してください。[p]
[jump target=*return_name]
[endif]

[input name=f.name1 prompt="あなたの名をご記帳下さい" title="名前の入力"]

;入力文字列が長い場合
[if exp="f.name1.length>4"]
[ct]
名前は3文字までにして下さい。[p]
[jump target=*return_name]
[endif]
;----------------------------------------------------
;入力文字列がカラの場合
[if exp="f.name1==''"]
[ct]
名前を入力してください。[p]
[jump target=*return_name]
[endif]



[eval exp="f.sname2='鈴木'"][eval exp="f.name2='花子'"]
あなたの名前は [font color=0xffff00][emb exp=f.sname1][emb exp=f.name1][font color=default]様、でよろしいでしょうか?
[delay speed=nowait]
[locate y=360]
[link target=*scene01]A.よろしい[endlink]
[link target=*return_name]B.よろしくない[endlink]
[delay speed=user]
[s]
;--------------------------------------------
*return_name
[ct]
[jump target=*inputname]

[s]
[s]

[s]


;--------------------------------------------
*dataload
[ct]
でーたをろーどすんだもん。
[s]
;--------------------------------------------
*option
[ct]
おぷしょんぺーじだもん。
[s]
;--------------------------------------------
*end

おしまい。
[s]

*scene01
[ct]
[l]

[playbgm storage="g"]

[playbgm storage="g"]

[image storage="学校 外観 昼" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]
*start2|オープニング
[ct]
*scene01
[ct]
[l]
*prologue|プロローグ
[cm]

;
[playbgm storage="genn"]


[playbgm storage="g"]

[image storage="アパート 昼" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_bfmh"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]

*prologue_01|スタート
「ぎゃーーー」[r][l]

「やれやれだわ また自殺ね[r][l]

久伊豆神社の巫女 櫻井聖子は ため息を付いた [r][l]
[image storage="櫻井聖子" layer=1 page=fore visible=true]

「どうして 自殺ばかり」[r][l]

ここは埼玉県白岡市 5月の中頃GWも終わり 街は喧騒に包まれていた[r][l]

ぽかぽかとしたようきで何となくいい気分[r][l]

そこへ[r][l]

「私は マスターに 言われて あなたの スタンドを [r][l]
[image storage="AA" layer=1 page=fore visible=true]

引き出すよう 言われました[r][l]

と 現れる謎の人物[r][l]

「スタンド?」[r][l]

「ガードエンジェルです[r][l]

「守護天使? なんで 神道のあたしに[r][l]
ゴゴゴゴゴ[r][l]
と つぶっていた 左目を開けた[r][l]

「矢?!」[r][l]

「そうです この矢で あなたの スタンドを引き出します[r][l]

「きゃーーーー[r][l]

と逃げる 櫻井聖子  [r][l]

矢は肩を貫いた[r][l]

「こ これは?!」[r][l]

「スタンド ブルーハーツ」[r][l]

「成分分析中[r][l]

「あなたの周囲で起こった 自殺はこのガードエンジェルが[r][l]

原因です [r][l]

「この スタンドは 心を悲しくさせます [r][l]

ハートをブルーにする[r][l]

そして 攻撃する意思を奪うのです[r][l]


「このスタンドは…  [r][l]

[image storage="神社_3" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_cherries"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]
*prologue_01|ジェシカバア
「うひょひょ~ やりおるわい えーえーだぶる[r][l]

とぴょんとびはねて喜ぶ老婆[r][l]

「どう順調 ジェシカバア 」[r][l]

「アッコさま このスタンド 石川さゆりなら 」[r][l]
ゴゴゴゴゴ[r][l]
「どうだ順調か」[r][l]

 と スタンド陽水使い 井上が聞いた[r][l]

「スタンドあきこ 和田」[r][l]
[image storage="キャラクター1" layer=1 page=fore visible=true]
「スタンドヒバリ 美空」[r][l]
[image storage="キャラクター2" layer=1 page=fore visible=true]
「スタンドヨーコ 小野」[r][l]
[image storage="キャラクター3" layer=1 page=fore visible=true]
「スタンド百恵  山口」[r][l]
[image storage="キャラクター4" layer=1 page=fore visible=true]
「ふむ 壮観だ 四天王が 集結するとは」[r][l]

と井上が言った[r][l]
[image storage="海岸通 昼" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_delicious"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]

*prologue_01|アナアキイ「
さてその頃 [r][l]

「まて えーえーだぶる」[r][l]

「あなた方は?」[r][l]

「井上の 野望を阻止するために 貴様を破壊する」[r][l]

「名は?」[r][l]

「 これを喰らえ 」[r][l]
[image storage="櫻井星也" layer=1 page=fore visible=true]

巨大な 邪龍が 襲いかかる そして右から黒竜も[r][l]

「こ これはスタンド?!」[r][l]

「以下にも スサノオ神社の 右を守る スタンド!! スターリン!!櫻井仗助」[r][l]

「左を守る!! アナーキー!!櫻井星也 スサノオを汚した罪償ってもらおう」[r][l]

「我らコンビに 死角なし!!」[r][l]
ゴゴゴゴゴ[r][l]
「分析中・・・・」[r][l]

ドカンと やられる えーえーだぶる[r][l]

「ショキカ…します・・・」[r][l]

「私は えーえーだぶる ジェシカバアに作られました [r][l]

命令を・・・[r][l]

「櫻井聖子 話がある」[r][l]

「あなたは ドイルおじいちゃん」[r][l]
[image storage="ファミレス" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_a_stray"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]
*prologue_01|おじいちゃsん「」
「つまり 井上という 人が 魔界から やってきて[r][l]

大宮の氷川神社を 占領して 世界征服をたくらんでるのね」[r][l]

「仗助 星也 みな スタンドを 引き出されて [r][l]

強力な淫魔術にかけられていたのだ」[r][l]

「淫魔術?」[r][l]

「うむ 彼らは 真言立川流の使い手 人間の陽と陰をつかさどる[r][l]

房中術という 魔術が中国より 輸入された 今から遥か4000年前中国殷王朝の頃出来上がったとされる」[r][l]

「殷王朝!?封神演義の?」[r][l]

「そうだ 妲己という 中国の女王がいて 房中術で 王を誘惑し 酒池肉林 酒の池と 罪人の死肉を吊るした[r][l]

 インドをあらし 日本に来て 九尾の狐となって 法王に封印される」[r][l]

「真言立川流 そんな歴史があったなんて」[r][l]

「そうだ 何度も天皇の手で 弾圧された 外法だ」[r][l]

「私のスタンド ナイトメアは 悪夢を見せて眠らせる [r][l]

「催眠術を逆にかけるわけね」[r][l]

「そうだ わが孫娘ながら なかなかかしこいではないか」[r][l]

「あ そこの二人は?」[r][l]

「お前のいとこの 櫻井星也 櫻井丈助だ[r][l] 

スサノオ神社に務めている[r][l]

「スサノオを祭神とする氷川神社が奴らに穢(けが)れていては関東のバランスが崩れる[r][l]




氷川神社は モリノミヤイチ つまり 関東一大きな神社だしな」[r][l]

「よろしく」[r][l]

「 スタンドアナーキーは 地面の土を 地龍に変える」[r][l]

「わがスタンド スターリンは 水を 竜王に変える」[r][l]

「あ なるほど 龍が2体 出てきたのは そういうわけね」[r][l]

「うむ」[r][l]

「さて いこうとするか」[r][l]

「え どこへ」[r][l]
「大宮の氷川神社が奴らのアジトだ 電車は目立つから徒歩で行くぞ[r][l]

久伊豆神社のスサノオは荒ぶる神災害が起こってからでは遅いからな[r][l]
TVが 光る[r][l]
ゴゴゴゴゴ[r][l]
「この 井上に 楯突いた罪 償ってもらおう」[r][l]

「TVに 黒い人影が」[r][l]

「貴様 見ているな!!」[r][l]

「えーえーだぶる 壊して」[r][l]

「はい 新しいマスターさま」[r][l]

というと 手についた ロケット砲をぶっ放す[r][l]

「ところで 新しいマスター様 名前は 聖子さん? 聖子様?聖子くん?どれがよろしいでしょうか?」[r][l]

「ただの聖子でいいわ」[r][l]

「わかりました 聖子」[r][l]
[image storage="学校 外観 昼" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_assume_il"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]

*prologue_01|pu-ru
学校 [r][l]

「スタンドハイドマンよ 目覚めよ」[r][l]

「うおおおおお」[r][l]

「ん スタンドの反応を確認…」[r][l]
ゴゴゴゴゴ[r][l]
とえーえーだぶるが 言った[r][l]

「なに スタンドだと?!」[r][l]

「あ ナイフが飛んできた」[r][l]

「あ アブねえ」[r][l]

と星也が 聖子をかばう[r][l]

「こういうときに ブルーハーツを つかうんじゃねーですかねえ」[r][l]

と仗助[r][l]

「うむ 聖子 ブルーハーツ」[r][l]

「… 無駄です 遠隔操作型スタンド」[r][l]

「なに?」[r][l]

「スタンド名 ハイドマン スタンド使い名ラルク [r][l]

これ以上先の データーは機密情報です パスワードを」[r][l]

「っく えーえーだぶるのブルートゥースネットワークにハッキングしたな ラルク」[r][l]

「またナイフが…」[r][l]

「っく 」[r][l]

「くくく 我がスタンド ハイドマンは アサシン(暗殺者) 影に身を潜め 敵を撃つ」[r][l]

「ん… 学校に 行きますか?」[r][l]

「ふ ふふふふふふふふ」[r][l]

「なにがおかしいドイル」[r][l]

「ナイフの影がないんだよ」[r][l]

「…!!」[r][l]

「は 我々は[r][l]

「そうだ 幻覚を見せられていただけだ[r][l]

「っく 」[r][l]

「よし ならば 学校を吹きとばせ えーえーだぶる」[r][l]

「はいマスター」[r][l]

「ぎゃああああああ」[r][l]

「ふう あっけない最後だったな[r][l]

これが 櫻井ドイルの戦い方よ 年季が違う!![r][l]

[image storage="喫茶店内" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_grateful_il"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]
*prologue_01|喫茶店
「櫻井よ話がある」[r][l]
ニコニコ[r][l]
「なんとジェシカバア自ら おいでになるとは 光栄の極みです」[r][l]

「ところで櫻井よ」[r][l]

「は なんでしょうか」[r][l]

「わしの息子 ラルクを良くも見殺しにしてくれたなあああああl][r][l]

「あ あれは まだ 間に合わなかっただけで…」[r][l]

「おのれええええ 櫻井よ」[r][l]

「ま まさか 石川さゆりを… そ それだけはご勘弁を」[r][l]

その頃ドイル一同[r][l]

「メンゴ ちょっと トイレ行ってくる」[r][l]

と ドイルが言った[r][l]

「もー じーさんは トイレが近いんだから」[r][l]

「はやくしろよな」[r][l]

「ワリイワリイ」[r][l]

と 喫茶店に入るドイル[r][l]

「ん なんだか 便器がでっかいような」[r][l]

「んんん わしのからだが 縮んでいる」[r][l]

「ふ 私は 櫻井 スタンド名ミスターチルドレン[r][l]

「わ わしをどうするつもりだ」[r][l]

「けーけけけ わしのかわいい息子をよくも殺してくれたな[r][l]

「ジェシカバア」[r][l]

「わしのかわいいかわいい息子を」[r][l]

「くくくっく スタンド石川さゆり!!」[r][l]

「だ 濁流?」[r][l]

「その通り 我が能力は地面の影を水に変えることができるちなみに えーえーだぶるのサーチ脳は切ってある[r][l]

ラルクのようにはいかない」[r][l]

「マントル層まで落ちろ!! ドイル!!」[r][l]

「っく 」[r][l]

「今助けに来たぜ [r][l]

星也の地龍に乗って 助け出される[r][l]

「な なんだと [r][l]

「甘かったなジェシカバア 人間は白日夢を見るのをしらないか」[r][l]

「ん…」[r][l]

「スタンド能力遮断機を作っておけば 勝機もあっただろう」[r][l]

「ま まさか 」[r][l]

「その通り 我がスタンドナイトメアで メッセージを わしの孫に送っておいた[r][l]

「白日夢 は そうか」[r][l]

「聖子 ブルーハーツだ」[r][l]

「はい ブルーハーツ!!」[r][l]

「あああああトラウマがああああ [r][l]

おばあちゃん 悪いことしないから たたくのやめてーーーー[r][l]

「う なんだ 急に死にたくなった」[r][l]

「いまじゃ 星也 仗助」[r][l]

「邪龍 黒竜 刻竜 無双演舞」[r][l]

「じゃああああああああああ」[r][l]

「ふう 井上の参謀にしてマッド・サイエンティストのジェシカバア[r][l]

影を水に変えるとは あやうく 地球の中心部まで 降ろされるところだった[r][l]

恐ろしいスタンドだな[r][l]

そして我が孫娘のブルーハーツ [r][l]

トラウマを引きずり出し 戦意を損失させるとは[r][l]

敵にまわしたら恐ろしい目に合いそうだ[r][l]

味方でよかったわい」[r][l]

[image storage="公園 昼" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_sunnyr"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]
*prologue_01|ミステリー

「ん なんか 光ったような…」[r][l]

と星也 [r][l]

「え なにが 」[r][l]

「なんか金貨みたいなものが見える」[r][l]

「きのせいじゃない」[r][l]

「ほら あそこ あそこ」[r][l]

「え なにも見えないわよ」[r][l]

「ちょっと行ってくる 」[r][l]

「お 金貨だ フランスのナポレオン金貨だな[r][l]

こいつはホームズの赤毛連盟つーミステリーで有名になった[r][l]

1フラン千円だから 6万5千円の価値が有るぞ[r][l]

おれはミステリーが好きでよう チャンドラーの長いお別れ[r][l]

とかそしてだれもいなくなったとか何回も…[r][l]

「あ 星也」[r][l]

「読みなおしたっけ ん ここどこだ!?」[r][l]

「わがスタンド シャネルズへようこそ 」[r][l]

「スタンド使いか!!」[r][l]

「星也くんといったね 君の能力は 地面を 龍に変えるだったかな?[r][l]

「ここは」[r][l]

「亜空間 エーテルが生み出した 宇宙さ まさにパラダイス銀河[r][l]

地面は ない」[r][l]
ゴゴゴゴゴ[r][l]
「!!!!!」[r][l]

「エーテル体?」[r][l]

「アストラル体 エーテル体 おまえはファイナルファンタジーシリーズをやったことないのか!!」[r][l]

「ないね」[r][l]

「その余裕 きにいらないな」[r][l]

「はっきりとモノを言う気に入ったぞ 我が魔術[r][l]

?????[r][l]

「地面てーのは 砂でできてんだ このティンバーランドのブーツについた[r][l]

砂だけで・・・・[r][l]

てめーは俺を怒らせた いたぶって殺してやる[r][l]

「な なぜだ なぜそんなに怒る!!」[r][l]

「俺が読んだ ホームズは 赤毛連盟が最初だからだ!!」[r][l]

「て 天正小判にしとけばよかった…ぜ」[r][l]

「大丈夫だった?!」[r][l]

と聖子[r][l]

「ふう やれやれだぜい」[r][l]

「さっき ミステリーがどうこう言っていたな どんなのが好きだ わしは紅子の一巻[r][l]

動機が…なんてびっきり アポトスも 変わった子がいますも本陣殺人事件も十角館も御手洗のダンスが好きだ」[r][l]

「じーさん 本格好きか 好みあうな」[r][l]

「あたしは社会派かなー テロリストのパラソルとか新宿鮫とか 点と線とか[r][l]

「あ おれは ハードボイルドプレイバックとかそれからルパン 探偵対怪盗とか 三十棺桶島とか[r][l]

と仗助はいった[r][l]」

その後 一時間ほど 本格ミステリー館のような ミステリー談義が行われたのはいうまでもない…[r][l]

[image storage="公園春_1" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_tsuwa_il"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]

*prologue_01|鳥

「ん… 」[r][l]

「どうしたの おじいちゃん」[r][l]

「いや いま誰かに見られているような[r][l]

「真知子 行け」[r][l]

「は 井上様」[r][l]

「と 鳥が すごい勢いで 飛んでくるぞー」[r][l]

と 星也が言った[r][l]

「と 鳥?」[r][l]

「スタンド名 かもめが翔んだ日」[r][l]

「えーえーだぶる 撃ち落せ[r][l]

「あーかー47べーたすぺつなずな」[r][l]

というと アサルトライフルで応戦する[r][l]

「か… 数がおおすぎます」[r][l]

「だめか」[r][l]

「そうだ ブルーハーツは?」[r][l]

「やってみる だめね[r][l]

「おい星也」[r][l]

「おう 仗助」[r][l]

「ん? 」[r][l]

「コンクリートってのはじゃりと みずでできているんだ[r][l]

「俺らコンビで ドームを作る」[r][l]

と すなと水が 回転し コンクリートのおおきなテントができた[r][l]

「あそこに 逃げよう」[r][l]

「ドイルじいさん えーえーだぶるのレーダーをうまく使えたか」[r][l]

「いま ハンドヘルドPCのusbでつないでいる [r][l]

「うまいくった 遠隔操作じゃないのが幸いしたな 南西の方角 ブルーハーツを[r][l]

集中しろ[r][l]

「はい!! ブルーハーツ!![r][l]

「あなたは 何故 私を捨てたの… 遊びだったの?!」[r][l]

鳥が地面に落ちる[r][l]

「スタンド使い これで終わりだ」[r][l]

「邪龍黒竜邂逅拳[r][l]

「っく 我が 女の情念は 渦巻く[r][l]
怨念 たとえ鬼神になっても たとえ般若に鳴っても・・・あ」[r][l]

「ふー なんだか恐ろしい女だったな[r][l]

あんな大人になっちゃダメだぞ聖子[r][l]


「わかった」[r][l]

[image storage="ホテル入口_1" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_spolit_il"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]

*prologue_01|ホテル

「ふー疲れた すこし休んでいくか ホテルもあることだし[r][l]

「ここは蓮田ね [r][l]

桜の名所で年間30万人 桜まつりには地元のゲームメーカーCIRCUSが出店し[r][l]

お酒は 神亀 千亀が 美味しんぼに紹介された 世界でも珍しい100%純米酒らしいわ[r][l]

[image storage="ホテル客室内" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_tokage"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]

*prologue_01|ホテル

「蓮田名物は おでんうどん にんにくと豚肉のオイスター玉ねぎ炒め さつまいも餃子 あんみつうどん[r][l]

ゆずとレモンのパスタなどです[r][l]

「俺は スタミナ つけるために にんにくと豚肉をたのむぜ」[r][l]

と仗助[r][l]

「わしは ゆずとレモンのパスタかな」[r][l]

「わたしは あんみつ蕎麦」[r][l]

「ん なんか 変じゃないか[r][l]

「なにが? [r][l]

「ふ… 風景が 変わっている!!」[r][l]

「まさか このホテル スタンドなのか?!」[r][l]

と 驚愕する 一同[r][l]

「ああ アナーキーのちからで 移動してんだ[r][l]

「え?」[r][l]

「まあ 東大宮あたりまでしかパワーもたないけどな」[r][l]

と仗助[r][l]

「なーんだ」[r][l]

「びっくりしたぞ新手のスタンド使いかと思った」[r][l]

「お 豚肉のオイスター ジンジャーとオイスターの味がお互いを引き出して美味いな[r][l]

「あ さくらんぼーだいすき レロレロレロレロレロレロ」[r][l]

「やれやれ 我が孫ながら 行儀が悪いのは親ににたのか」[r][l]

レロレロレロレロレロレロ[r][l]
[image storage="ホテルロビー" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_slashme_il"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]
*prologue_01|ホテルの工房

「いけ 我がスタンド スキマスイッチ プラグインと」[r][l]

「そーいえばよー 俺昔 コアっていう映画見て[r][l]

ハッカーに憧れたんだよねー[r][l]

クーロン黒沢の暗黒アジアンハッカーズで 胡錦濤の頭が襲ってきて13億人を殺すまでエンディングの見られない[r][l]
ブルース・リーのシューティングゲーム香港97とか DVDコピーとか[r][l]

ハックロムとか ロリコンの巣くうサンリオチャットとか[r][l]

マジコンの失敗談とか あー マイコン少年のさわやか青春記とか[r][l]

デジタルスーパースター列伝とかも読んだなー [r][l]

アミーガとか エロゲーの絵パクって ゲーム作って 17万荒稼ぎとか[r][l]

電話ただ掛けとかさー」[r][l]

その時である[r][l]

「ピピピ プログラムに 侵入者あり[r][l]

「な なんだこのコードは[r][l]

ボス と 星也 仗助 聖子 の頭にもついた[r][l]

「うわーーー」[r][l]

と襲い掛かってくる 4人から逃げ出すドイル[r][l]
[image storage="ホテル非常階段" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_livingt2_il"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]

*prologue_01|ナイトメア
「くくく このスキマスイッチは 人間を操る スタンド[r][l]

どんな隙間も 入っていって スイッチを入れる 」[r][l]

と黒服の男はいった[r][l]

「ふふふふふふ[r][l]

同士討ちして 血まみれの抗争を繰り広げるがいいさ ゴッドファーザーのようにな!!」[r][l]

どかっと蹴られる黒服の男[r][l]

「な 何故ここがわかったドイル!![r][l]

そしてコードは 何故刺さらなかったんだ!?」[r][l]

「コードは おまえさんの 脳に つながっている… ということは[r][l]

シナプスを支配し夢を見させる事ができる[r][l]

コードには眠ってもらった」[r][l]

「っく コードをたどってきたな[r][l]

「透明なコードだったら わしは負けていたかもしれん[r][l]

「おのれえええええ」[r][l]

「眠れ ナイトメア!!」[r][l]

[image storage="ホテル客室内" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_delicious"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]
「なぜ 俺を 生かした」[r][l]

とスキマスイッチはいった[r][l]

「実はな…」[r][l]

「なるほど 仲間になるぜ」[r][l]

「しかし ナイトメアがかかったのは偶然だったがな」[r][l]
[image storage="繁華街_1" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_imitation"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]

*prologue_01|ホテル3

「ふあああよくねた おじいちゃんのスタンドってつかえるわね」[r][l]

「実は 仲間を 一人増やしたいと思う[r][l]

「スキマスイッチだ よろしくな」[r][l]

「ふーん 」[r][l]

谷村 とゴダイゴ[l]

「おれの アリスと」[r][l]

「おれのガンダーラで 」[r][l]

「奴らを倒すぜ」[r][l]

「ん 地震?!」[r][l]

「きゃああああ」[r][l]

「スタンド名ガンダーラ」[r][l]

とえーえーだぶる[r][l]

「なに ならば」[r][l]

「スキマスイッチ 」[r][l]

「はい」[r][l]

「ご ゴダイゴどうした」[r][l]

「お前を殺す」[r][l]

「っく 裏切ったのか」[r][l]

「スタンドアリスチャンピオンファイヤー」[r][l]

「ん そうか スキマスイッチ 裏切ったな[r][l]

「・・・・コードがないだと では何故」[r][l]

「うぎゃあああああ」[r][l]

と地震の地割れに 落ちる 谷村[r][l]

「スターリンの地龍で コードを地面に隠すとは[r][l]

ドイルさん あなたには 感服しました」[r][l]

「地面に 隠せば コードも 見えんだろう」[r][l]

「はははははははは」[r][l]

と笑う 二人[r][l]

「 ふう やれやれだぜい」[r][l]

と星也[r][l]
[image storage="児童公園春_2" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_heystranger"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]
*prologue_01|ジェシカバア3
一時間ほど[r][l]

「ずいぶんあるいたな 」[r][l]

「カラスだ」[r][l]

「我が名は神の使い八咫烏なり」[r][l]

「え カラスが喋った」[r][l]

「ん…」[r][l]

「我を崇めよ」[r][l]

そういうと 堕天使として襲ってきた[r][l]

「スタンドchara スタンドYMO 確認…[r][l]

「スターリン アナーキー」[r][l]

「うむ いけ刻竜 慟哭波」[r][l]

「くわあああ」[r][l]

「ん 弱いな チャラだけに チャラかったな」[r][l]

「まってください これはスタンドではありません[r][l]

「???」[r][l]

「教授 あんたのYMO 使えるな」[r][l]

「ああ 我がスタンドYMOを 使えば 遺伝子を変えることができる」[r][l]

「しかし チャラ 動物に 喋らせる スタンドあまり効果的じゃなかったな[r][l]

「うーむ 物質移転装置ターミナルボックスがある 上野から…」[r][l]

一方 ドイル側[r][l]

「あれ」[r][l]

「どうした 聖子」[r][l]

「マスター スタンド使いの反応が消えました」[r][l]

「逃亡したのか?」[r][l]

「あ なんでしょうかあれ」[r][l]

「オラウータン?」[r][l]

「でかいぞ 十メートルもある オラウータンだ」[r][l]

「まて おれ あたまよくしてもらった」[r][l]

とオラウータンが喋った[r][l]

「そしたら ふたりのにんげん おれ メイレイする 」[r][l]

「あ そうか」[r][l]

「おれ 凶暴な 動物 おこると ちがのびる」[r][l]

「あー 現場は」[r][l]

そこには 2つの死骸があった[r][l]

「俺 もうそろそろ死ぬ」[r][l]

「タバコすってみるか」[r][l]

とドイルは パイプを渡した」[r][l]

「ありがとう すってみる うまい おれ おまえらにあえてよかった」[r][l]

「ふう チャラとYMO 一体どんなスタンドだったんでしょうね」[r][l]

「このドイルいっそ親が産んでくれなければならぬと[r][l]

幾ばくかの罪を起こしてきた[r][l]

野心は満々 傲慢で 執念深い[r][l]

まずいラーメン屋など払わぬ[r][l]

男よだが 井上のおかした罪[r][l]

悪だ こいつはゲロ以下のにおいがプンプンするぜ[r][l]

井上の首を跳ねろ首を 馬を寄越せ 王国はくれてやる」[r][l]

「はい?」[r][l]「
「腹がたって ハムレットのセリフ忘れた」[r][l]


「そこへ」[r][l]

「おー イギリス 帰ってきたが」[r][l]
とスキマスイッチ[r][l]
「ん そいつは?」[r][l]

とドイル[r][l]

「こいつは 俺の愛犬の イギリスだ」[r][l]

「おーかわいいわんちゃんですねー」[r][l]

と ドイルが 手をだすと[r][l]

「グルルルルウ」[r][l]

「あ 危ない ブルーハーツ!!」[r][l]

「スキマスイッチ!!」[r][l]
「危なかったですね ドイルさん こいつはスタンド名 赤いスゥイートピー[r][l]

という 蜂の スタンド使いなんです」[r][l]

「もしかして 蜂ってことは」[r][l]

「はい 毒があります」[r][l] 
「ど どれくらい?」[r][l]

「三日間寝こむくらいです 象をも殺すといったほうがよかったかな」[r][l]
「おじいちゃん 年配だから…」[r][l]

「ふう よかった」[r][l]

[image storage="丘  昼" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="足長ba_ORIGAMI Cyclone - 見切れたッ!"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]
*prologue_01|ジェシカバア20

「土手に ついたわね [r][l]

「うむ 星也も 仗助も 存分に能力がふるえる」[r][l]

「・・・スタンド使い 発見 ドラゴンアッシュ」[r][l]

「え ドラゴンアッシュ 」[r][l]

と驚愕する スキマスイッチ[r][l]

「ど どうした」[r][l]

「ドラゴンアッシュは…」[r][l]

その頃 KJ [r][l]

「わがドラゴンアッシュは 落雷で 敵を消し炭(けしずみ)にする[r][l]

スタンド 街や ビル街などでは 役に立たぬが 平地では・・・ さて ドラグーン(ダラダラ)でもするか」[r][l]

その時 ピカっと光る[r][l]

「ふう 紅茶がうまい」[r][l]

「このバカモンがああ」[r][l]

「なに? 落雷を食らったはずだ[r][l]

この平地に 避雷針など…」[r][l]

「おれのアナーキーで水の柱を立てたのさ」[r][l]

「そうか 電気は水に流れる・・・[r][l]

「ここのちがいじゃ」[r][l]

「さーて」[r][l]

おとこは吊るされた[r][l]

「修行中です いくらでも殴ってください」[r][l]

「まあ おれのスターリンで 砂鉄のとう立ててもよかったんだがな」[r][l]
「早く言わんかバカモン」[r][l]

「ふーーー やれやれだわ…」[r][l]
と聖子[r][l]

[image storage="神社_2" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="足長es- Harvest Moon"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]
*prologue_01|ジェシカバア1

井上[r][l]

 「そうか ついに ドイル一行は 土呂まできたか[r][l]

「アッコさま井上様がお待ちです」[r][l]

「あきこ」[r][l]

「は 」[r][l]」

「魔階でも ゴット姉ちゃんと恐れられたお前だ[r][l]

かならずや 食い止めてみせろ」[r][l]

「御意!!」[r][l]

[image storage="植物園" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_ukkutsu"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]
*prologue_01|666

「ん なにか臭わないか」[r][l]

「不思議な香りね」[r][l]

「あ あぶない」[r][l]

とスキマスイッチが聖子をかばう[r][l]

「な… なにこれ? 木でできた 巨大な拳」[r][l]

「オーホホホ」[r][l]

「誰だ?!」[r][l]

「あたしはあきこ スタンド和田の使い手」[r][l]

「ザ ブルーハーツ!!」[r][l]

「あたしは魔族 複数のスタンドを持つことができる[r][l]

お前たちが見ているのは質量のある残像[r][l]

「さすが四天王の一角 名乗り出るとは敵ながらあっぱれじゃ」[r][l]

といいながら スキマスイッチと ナイトメアで交信する」[r][l]

「スキマスイッチスタンドで脳へつなげ」[r][l]

「スキマスイッチのホーミング弾で 奴の居場所を」[r][l]

「無理です 人間の心音を聞いてスキマスイッチは居場所を探します[r][l]

魔族は 心臓が 動いてないんです[r][l]

「ふふふふふっふ もういちど行くよ 和田!! 神の拳」[r][l]

と 植物でできた 樹林の拳が襲って来る[r][l]

「奴は植物を操る ことができるのか」 [r][l]

「ん・・・」[r][l]

と星也[r][l]

「逃げろ」[r][l]

「あーははははははははは このアッコさまに逆らおうなんざ[r][l]

一万年早いね」[r][l]

「アナーキー!!」[r][l]

というと 地面が砂漠化した[r][l]

「あ そうか 」[r][l]

「地龍のちからで 地面の水分を蒸発させた」[r][l]

「っく」[r][l]

「あ いた」[r][l]

「ちくしょーーーーー」[r][l]

「ブルハーツ」

「う 肩がこる 頭も重い いっそ殺してくれ」[r][l]

「じゃあ おのぞみどおりにな」[r][l]

スタンド使い あきこ 再起不能[r][l]

[image storage="駅大_1" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="足長es- Lilybell was picked"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]
*prologue_01|オーメン
「やっと 大宮についたわね」[r][l]

「陽水まってろよ」[r][l]

そのころ [r][l]

「はっくしゅ [r][l]

「まさか 四天王最強といわれたあきこを倒すとわな」[r][l]

「百恵ちゃん言ってくれるか」[r][l]

「魔階では時代と寝た女と異名を持つ[r][l]

わたくしの力存分に」[r][l]

「うむ」[r][l]

「んん? 」[r][l]

地響きがする[r][l]

「なんだ?」[r][l]

と ドイルは 言った[r][l]

「あ 戦車?!」[r][l]

「ポルシェティーガーだ」[r][l]

[playbgm storage="ss"]
爆風 [r][l]
嵐の日も雪の日も、[r][l]
太陽 我らを照らす日も、[r][l]
炎熱の真昼も[r][l]
極寒の夜半も[r][l]
顔が埃に塗れようと、[r][l]
我らが心は快活ぞ。[r][l]
我らが心は快活ぞ。[r][l]
戦車は轟然と[r][l]
暴風の中へ驀進す。     1.[r][l]
Ob's stu"rmt oder schneit,[r][l]
Ob die Sonne uns lacht,[r][l]
Der Tag glu"hend hei?[r][l]
Oder eiskalt die Nacht.[r][l]
Bestaubt sind die Gesichter,[r][l]
Doch froh ist unser Sinn,[r][l]
Ist unser Sinn;[r][l]
Es braust unser Panzer[r][l]
Im Sturmwind dahin.[r][l]
2.[r][l]
機関は吼えて[r][l]
疾風迅雷と進み、[r][l]
敵の砲火も[r][l]
鋼の装甲で防げ。[r][l]
我等は友軍の先駆、[r][l]
支援はなくも戦うなり。[r][l]
支援はなくも戦うなり。[r][l]
斯くの如く我らは[r][l]
敵陣深く突き進む。     2.[r][l]
Mit donnernden Motoren,[r][l]
Geschwind wie der Blitz,[r][l]
Dem Feinde entgegen,[r][l]
Im Panzer geschu"tzt.[r][l]
Voraus den Kameraden,[r][l]
Im Kampf steh'n wir allein,[r][l]
Steh'n wir allein,[r][l]
So sto?en wir tief[r][l]
In die feindlichen Reihn.[r][l]
3.[r][l]
敵の軍勢の[r][l]
眼前に現われなば[r][l]
全速力もて[r][l]
向かい討たん![r][l]
我らが陸軍の為[r][l]
この身命なにものぞ。[r][l]
然り、この身命なにものぞ。[r][l]
ドイツの為に散る、[r][l]
そは至上の栄誉なり。     3.[r][l]
Wenn vor uns ein feindliches[r][l]
Heer dann erscheint,[r][l]
Wird Vollgas gegeben[r][l]
Und ran an den Feind![r][l]
Was gilt denn unser Leben[r][l]
Fu"r unsres Reiches Heer?[r][l]
Ja Reiches Heer?[r][l]
Fu"r Deutschland zu sterben[r][l]
Ist uns ho"chste Ehr.[r][l]
4.[r][l]
障害物と地雷にて[r][l]
敵が阻むとも、[r][l]
それを鼻で笑い[r][l]
回避して進まん。[r][l]
黄土に潜む[r][l]
敵の火砲が吼えるも[r][l]
火砲が吼えるも[r][l]
我らは何人も知らぬ[r][l]
未踏の道を探るのみ。     4.[r][l]
Mit Sperren und Minen[r][l]
Ha"lt der Gegner uns auf,[r][l]
Wir lachen daru"ber[r][l]
Und fahren nicht drauf.[r][l]
Und droh'n vor uns Geschu"tze,[r][l]
Versteckt im gelben Sand,[r][l]
Im gelben Sand,[r][l]
Wir suchen uns Wege,[r][l]
Die keiner sonst fand.[r][l]
5.[r][l]
武運つたなく[r][l]
深傷を負いて、[r][l]
もはや故国に[r][l]
帰ることかなわず。[r][l]
弾丸 我らを貫き[r][l]
命運は尽き果てぬ。[r][l]
ああ、命運は尽き果てぬ。[r][l]
その時、戦車は[r][l]
我らの鋼鉄の墓とならん。     5.[r][l]
Und la"?t uns im Stich[r][l]
Einst das treulose Glu"ck,[r][l]
Und kehren wir nicht mehr[r][l]
Zur Heimat zuru"ck,[r][l]
Trifft uns die Todeskugel,[r][l]
Ruft uns das Schicksal ab,[r][l]
Ja Schicksal ab,[r][l]
Dann wird uns der Panzer[r][l]
Ein ehernes Grab.[r][l]
[r][l]
 [r][l]

1.[r][l]
嵐も雪も 何かある[r][l]
炎熱酷寒 乗り越えて[r][l]
砂塵が襲うも[r][l]
笑みて進まん 進まん[r][l]
怒濤と駆ける 我が戦車[r][l]
戦車は進むよどこまでも[r][l]」

5.[r][l]
武運つたなく 斃れなば[r][l]
戦車は 黙(もだ)し語らねど[r][l]
弾痕は伝う[r][l]
あの敢闘 敢闘[r][l]
戦車は 鋼の忠魂碑[r][l]

「戦車の歌!!(パンツァーリード!!)」[r][l]

「やつら勝った気でいやがる」[r][l]

「よし 教育してやるか!!」[r][l]

「ふふふ 我がスタンド百恵は ナチスの亡霊を 操るスタンド」[r][l]
[playbgm storage="sd_yourep"]

「シュッツルハイム少佐」[r][l]

「は 百恵様」[r][l]

「戦争(クリーク)はお好きかしら」[r][l]

「ふ 戯言を[r][l]

諸君 私は戦争が好きだ[r][l]
諸君 私は戦争が大好きだ[r][l]
[r][l]
殲滅戦が好きだ[r][l]
電撃戦が好きだ[r][l]
打撃戦が好きだ[r][l]
防衛戦が好きだ[r][l]
包囲戦が好きだ[r][l]
突破戦が好きだ[r][l]
退却戦が好きだ[r][l]
掃討戦が好きだ[r][l]
撤退戦が好きだ[r][l]
[r][l]
平原で 街道で[r][l]
塹壕で 草原で[r][l]
凍土で 砂漠で[r][l]
海上で 空中で[r][l]
泥中で 湿原で[r][l]
[r][l]
この地上で行われるありとあらゆる戦争行動が大好きだ[r][l]
[r][l]
戦列をならべた砲兵の一斉発射が轟音と共に敵陣を吹き飛ばすのが好きだ[r][l]
空中高く放り上げられた敵兵が効力射でばらばらになった時など心がおどる[r][l]
[r][l]
戦車兵の操るティーゲルの88mmが敵戦車を撃破するのが好きだ[r][l]
悲鳴を上げて燃えさかる戦車から飛び出してきた敵兵をMGでなぎ倒した時など胸がすくような気持ちだった[r][l]
[r][l]
銃剣先をそろえた歩兵の横隊が敵の戦列を蹂躙するのが好きだ[r][l]
恐慌状態の新兵が既に息絶えた敵兵を何度も何度も刺突している様など感動すら覚える[r][l]
[r][l]
敗北主義の逃亡兵達を街灯上に吊るし上げていく様などはもうたまらない[r][l]
泣き叫ぶ捕虜達が私の振り下ろした手の平とともに金切り声を上げるシュマイザーにばたばたと薙ぎ倒されるのも最高だ[r][l]
[r][l]
哀れな抵抗者達が雑多な小火器で健気にも立ち上がってきたのを80cm列車砲の4.8t榴爆弾が都市区画ごと木端微塵に粉砕した時など絶頂すら覚える[r][l]
[r][l]
露助の機甲師団に滅茶苦茶にされるのが好きだ[r][l]
必死に守るはずだった村々が蹂躙され女子供が犯され殺されていく様はとてもとても悲しいものだ[r][l]
[r][l]
英米の物量に押し潰されて殲滅されるのが好きだ[r][l]
英米攻撃機に追いまわされ害虫の様に地べたを這い回るのは屈辱の極みだ[r][l]
[r][l]
諸君 私は戦争を地獄の様な戦争を望んでいる[r][l]
諸君 私に付き従う大隊戦友諸君[r][l]
君達は一体何を望んでいる?[r][l]
[r][l]
更なる戦争を望むか?[r][l]
情け容赦のない糞の様な戦争を望むか?[r][l]
鉄風雷火の限りを尽くし三千世界の鴉を殺す嵐の様な闘争を望むか?[r][l]
[r][l]
[r][l]
『戦争(クリーク! 戦争(クリーク! 戦争(クリーク!』[r][l]
[r][l]
[r][l]
よろしい ならば戦争だ[r][l]
[r][l]
[r][l]
我々は渾身の力をこめて今まさに振り降ろさんとする握り拳だ[r][l]
だがこの暗い闇の底で半世紀もの間堪え続けてきた我々にただの戦争ではもはや足りない!![r][l]
[r][l]
大戦争を!![r][l]
一心不乱の大戦争を!![r][l]
[r][l]
我らはわずかに一個大隊 千人に満たぬ敗残兵に過ぎない[r][l]
だが諸君は一騎当千の古強者だと私は信仰している[r][l]
ならば我らは諸君と私で総力100万と1人の軍集団となる[r][l]
[r][l]
我々を忘却の彼方へと追いやり眠りこけている連中を叩き起こそう[r][l]
髪の毛をつかんで引きずり降ろし眼を開けさせ思い出させよう[r][l]
連中に恐怖の味を思い出させてやる[r][l]
連中に我々の軍靴の音を思い出させてやる[r][l]
[r][l]
天と地のはざまには奴らの哲学では思いもよらない事があることを思い出させてやる[r][l]
一千人の吸血鬼の戦闘団で[r][l]
世界を燃やし尽くしてやる[r][l]
[r][l]
「最後の大隊大隊指揮官より全空中艦隊へ」[r][l]
目標英国本土ロンドン首都上空!![r][l]
[r][l]
第二次ゼーレヴェー作戦 状況を開始せよ[r][l]
[r][l]
[r][l]
[r][l]
[r][l]
[r][l]
[r][l]
[r][l]
[r][l]
[r][l]
[r][l]
「戦争(クリーク!! 戦争(クリーク!!」[r][l]

「さすがに 戦車が出てきては[r][l]

敵わないな[r][l]

と星也[r][l]

「ビットマンか昔プラモで作ったな」[r][l]

と 話す ドイル[r][l]

「どういう人なんですか?」[r][l]

「ソ連戦車が 17台 いる[r][l]

よし前進!! [r][l]

走り回って何台も戦車がいるように見せるんだ[r][l]

「大した手柄だな ほうびはなにがいい」[r][l]

「それより負傷したソ連兵を早くたすけてやらんと」[r][l]

これが 世にでるきっかけ 170台もの ソ連の戦車を破り[r][l]

たった一機の ヘンシェルティーガーで 40台もの大英帝国マチルダ戦車[r][l]

を 倒した」[r][l]

「降伏しよう イノウエ お前の勝ちだ!!」[r][l]

と白旗を上げる ドイル一行[r][l]

「戦車休止」[r][l]

「あ ミハエルビットマン 少佐[r][l]

「やあ こちらはヴォル ベルガー キルシュナー ポールマン」[r][l]

「あ どうも」[r][l]

「久しぶりの 地上だ パンケーキでも食べて 話そう」[r][l]

「え なに?!」[r][l]

「くくく もうケリが付いたな ヤクトパンター パンテル 4号戦車 三突 ロイヤルタイガー エレファント マウス」[r][l]

と百恵ちゃん [r][l]

「キングタイガー 世界最強の虎だ!!」[r][l]

「な なに?!我がスタンド百恵の ナチス兵は!?」[r][l]

「俺が全部倒した」[r][l]

「聞いたぜ 世界征服を企んでるそうだな [r][l]

「お おまえは ビットマン」[r][l]

「悪いが 私は 高潔なる ゲルマン騎士!![r][l]

悪を たおす」[r][l]


「か 神のご慈悲を…幸子様ーーー」[r][l]

「さ… さちこだと?!」[r][l]

「ど どうしたんですかおいじいちゃん」[r][l]

「さちことは魔人や魔族 人間などの及ぶ所ではない」[r][l]

「超高次元の存在だ ラスボスどころか 宇宙が崩壊する」[r][l]

「こんにちわ」[r][l]

「ででたーーー」[r][l]

巨大で金色の存在が現れた」[r][l]

「さちこ様 あなたにあこがれて」[r][l]

「百恵ちゃん 神の国へ行きましょう」[r][l]

というと 巨大なクレーターを残し消えた[r][l]

「ふーーーやれやれだぜい」[r][l]

「ん? ビットマン殿[r][l]

「どうやら スタンド使いが 死ななかったから [r][l]

「そこへ」[r][l]

「ナチスの科学力は世界一いいいいいい」[r][l]

「シュッツルハイム少佐 もう クリークは終わった」[r][l]

「んそうか 」[r][l]

[image storage="公園春_1" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_delicious"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]
「氷川公園ね」[r][l]

「ヒバリ ヨーコ」[r][l]

「は 」[r][l]

「氷川神社が見えてきたわー」[r][l]

「まて 此処から先は いかせない」[r][l]

「スタンド ヨーコ ヒバリ」[r][l]

「召喚 英霊 山本五十六」[r][l]

というと 巨大な 空間の歪みができた[r][l]

「あ あれは 戦艦ヤマト」[r][l]

「はあ はあ はあ これだけ 巨大な ものを呼び出すのは・・・」[r][l]

とヒバリとヨーコ [r][l]

「あ 旧日本海軍」[r][l]

「ぜ ゼロ戦」[r][l]

「山本五十六 大和の359インチ袍を…」[r][l]

「むう タイガー戦車でも 戦艦は…」[r][l]

とビットマン[r][l]

「ダッシュ装置」[r][l]

と ビットマンは 足で 脱出装置を踏んだ」[r][l]

「にげーろーーーー」[r][l]

「発射」[r][l]

「あ さすがにこの質量 …」[r][l]

「バタンと 倒れる ヨーコとヒバリ」[r][l]

「さあ 行こう」[r][l]

[image storage="神社_3" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="sd_delicious"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]

つ…ついつに!![r][l]

「ついたー[r][l]

と 全員[r][l]

「持病の 腰痛が」[r][l]

とドイル[r][l]

「おじいちゃん大丈夫」[r][l]

「先言ってるぞ 」[r][l]

と 星也と仗助[r][l]

「よくきたな」[r][l]

「イノウエ!!」[r][l]

「ふふふふ もう一度服従すれば 命だけは助けてやる[r][l]

「だが 断る…」

「では私の能力を教えよう」[r][l]


「星也 仗助 何故帰ってきた」[r][l]

「ありのまま聞いたことをしゃべるぜ[r][l]

戦艦ヤマトとか [r][l]

キングタイガーとか ちゃちなもんじゃねえ[r][l]

恐ろしい鱗片を 味わったぜ[r][l]

ああたまがどうにかなってしまいそうだ」[r][l]

「で イノウエのスタンド 陽水とは?能力は?」[r][l]

「そ・・・ それは…」[r][l]

「核だ…」[r][l]

「な… なにい!?」[r][l]

「どうする?」[r][l]

A戦う[r][l]

B 祈る[r][l]

櫻井聖子は祈った 平和を そして人るを脅かす敵を…[r][l]

「待たせたな」[r][l]

「あ あなたは?」

「スサノオ」[r][l]

「イノウエ いくぞーー」[r][l]

「スタンド ザ・スター」[r][l]

「オラオラオラオラオラオラオラオラ!!!」[r][l]

「無駄無駄無駄無駄無駄」[r][l]

「イノウエ神をも超えるというのか!?」[r][l]

「あ ザ・ブルーハーツが 進化した」[r][l]

「時よ止まれ!!」[r][l]

「な… なにいいい」[r][l]

「オラオラオラオラオラオラオラオラ」[r][l]

「ザ・ブルーハーツ そして時は動き出す」[r][l]

「ぐは」[r][l]

「では 私は根の国帰る」[r][l]

「須佐之男様」[r][l]

「例はいい」[r][l]

[image storage="神社_3" page=back layer=base]
[trans time=2000 method=universal rule="trans1" vague=100]
[wt]

[playbgm storage="アパート 昼"]
[cm]
[position layyar=message1 page=fore left16 top=248 width=608 height=212  frame""]

「じゃあおじいちゃんかえっちゃうんだ」[r][l]

「聖子 うむ」[r][l]

「我々も東京へ帰る」[r][l]

第三部・完[r][l]

 


[playbgm storage="足長sd- Ripple on The mirror -introless-"]
Cアチウソフト櫻井聖子 [r][l]

アチウソフトCOE・エグゼクティブプロデューサー櫻井与芝しば  [r][l]
mainpurogurama 
メインプログラマー 櫻井聖子(アチウソフト)[r][l]
 シナリオ櫻井聖子(アチウソフト)
音楽  櫻井聖子[r][l]
 (アチウソフト) [r][l]
作曲・サウンドプラグラマー [r][l]
櫻井聖子 [r][l]
メインイラスト背景0号 http://www.futta.net/photo/1412.htmlT[r][l]
[r][l] デバック [r][l]櫻井聖子 [r][l]くまがいさん[r][l]
[r][l]
「我ら役者は影法師(かげぼうし)[r][l]、
 皆様方のお目がもし[r][l]
 お気に召(め)さずばただ夢を、見たと思ってお許しを。[r][l]
 拙(つたな)い芝居ではありますが[r][l]
 夢に過ぎないものですが[r][l]
 皆様方が大目に見、お咎(とが)めなくば身の励(はげ)み。[r][l]
 私パックは正直者(しょうじきもの)[r][l]
 幸(さいわ)いにして皆様のお叱(しか)りなくば私も[r][l]
 励みますゆえ、皆様も見ていてやってくださいまし。[r][l]
 それでは、おやすみなさいまし。[r][l]
 皆様、お手を願います、[r][l]
 パックがお礼を申します。」[r][l]

「終わりよければ全てよし!!」[r][l]
シェークスピア[r][l]
企画 制作 アチウソフト[r][l]
Thank you playing byyou[r][l]

[image storage="いちこう ねこぐち 閉じ" layer=1 page=fore visible=true]

どもども[r][l]

お疲れ様でした[r][l]
[font color=0xffff00][emb exp=f.sname1][emb exp=f.name1][font color=default]様[r][l]

わたしはいちこう アチウソフトの公式マスコットです[r][l]

「どうでしたか 巫女の不思議な冒険は [r][l]
[image storage="いちこう 驚き" layer=1 page=fore visible=true]
冗談で友達と ザ・ブルーハーツってスタンド名によくね」[r][l]

っていったら それいいじゃん!![r][l]

といことで[r][l]

[image storage="いちこう 照れ 口閉じ" layer=1 page=fore visible=true]


ということで [r][l]
ジョジョゲーぽくしました[r][l]

ではでは~うじゃうじゃ[r][l]

カオスルートは開発中です[r][l]

« | トップページ | »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485007/51574136

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »