最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2013年1月 9日 (水)

酒一杯と漢詩 冬の夜長の戯れかな
明智左馬介琵琶湖を渡る(2-2)  <釋 五岳>
あけちさまのすけびわこをわたる     <しゃくごがく>

桀狗堯に吠ゆ 豈已むを得んや
けっくぎょうにほゆ あにやむをえんや
男子重んずる所 唯是忠
だんしおもんずるところ ただこれちゅう
忍びず崑玉の 一火に付するを
しのびずこんぎょくの いっかにふするを
之を敵營に輸す 何ぞ雍容
これをてきえいにいたす なんぞようよう
嗚呼君が心は 琶湖の濶きよりも濶し
ああきみがこころは はこのひろきよりもひろし
清風留まって在り 唐崎の松
せいふうとどまってあり からさきのまつ

« | トップページ | »

エッセイ」カテゴリの記事

  • (2017.03.30)
  • (2017.03.27)
  • (2017.03.23)
  • (2015.10.05)
  • (2017.03.16)

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485007/48675050

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »