最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2012年8月24日 (金)

<






『十歳の少女をソープで働かせる ハヤオ・ミヤザキに仰天』
いきなり なんですが これは アメリカの青年向け 
雑誌 『PULP』に乗った 記事です
ちなみに 映画の感想です 監督は本当にこんなことしません!

確かに あのカオナシはチンコのメタファ-でありますし(宮崎はやおは
女神転生の『マ-ラ』様をしっているのかしらん)
明らかに 分かる 童貞喪失感の高揚 処女性の崩壊を示唆した場面
鼻がやたら大きい 造形 竜 などの隠喩
いかがわしくも清潔感というか シャープな感覚を受ける 風俗店の感覚など 
たしかに ざくろも 性的な物をあの映画から受け取ったのは 
確かです これは隠しようのない事実です
でも普通書きません 
こういう 事を堂々と書いてしまう 奴とはだれだ……といいますと

テレビブロスで 『まっちんぐUSA』を連載している 町山さんです
さて冒頭の記事で驚かれた方はさらに驚くべき事実に驚愕するでしょう

なんと あの『デス渋谷系』の根元敬を!『珍遊記』の画太郎を! 
『ダウナ-系マンガ家』ジョージ秋山の『銭ゲバ』を! 永井 豪の『ハレンチ学園』を!この雑誌に 紹介してしまったのです 題してマンガ・ヘル
(ほかにも 早見純 回転を粉余無く愛する籠龍真太郎(コミックライズとかBOOPとかでかいてる読んだ後目まいがする漫画家さんですね) 新井秀樹 山 本英夫『さるマン』『うずまき』 忍者とやくざと 警察しかでてこない 血で血を洗う抗争を繰り広げるスゲ-漫画『バクネヤング』 )

こ……これは 角川ホラ-文庫や太田出版でも 出版に少々ためらうライナップですが……事実ですので……

最終号なので 読者の反響は 分かりませんが おとろしい事をする人です

さらに 佐川一政の漫画も乗せようとしたらしいのですが
ストップをかけられたそうです

作者の言葉を借りると
「アメリカでは 決して 出版できない ヒューマニズム踏みにじりまくりの
コミックの数々 アメリカ人ども 日本人は大人しいオタクだと思ってナメるなよ
本当は こんなに狂気って るんだぜええええ!」

っと まるで 山崎百郎のごとき 鬼畜イズム!

 感服しました

でもどうせなら  
夏目房のすけにして『春心期の中学生はよまないほうがいい 奇妙な伝染性があるかだら』といわしめた
読むドラッグ 徳南誠一郎 『人間時計』 

特殊漫画家大統領 根元敬にして悪魔の漫画家といわしめた 読む人間がバタバタ死んでいく 現実の磁場を揺るがす因果者 マンガ家『蛭子良和』

熱い 熱い 熱い 熱い 熱い 熱い 熱い 描写で
見る物を 驚異的なマッチョイズム 肉体至上主義 狂わす 『肉弾エクストリ-ム漫画家』 ふくやま正美 『聖マッスル』『女犯坊』

ほかにも奇形少女漫画家『カンダモリカ』とか 壮大なる男の叙事詩『野望の王国』
究極無比の番長漫画の最終形態『男塾』 とか 一ページに最低3人は浮浪者が出てくるガロの事実上『最終兵器漫画家』だった『ねこぢる』   狂った科学根拠といい加減な取材 矛盾だらけの世紀末漫画『MMR』 
それからダークホースとして 小学校の図書室に必ずといっていいほど置いてある
20世紀 トラウマ漫画の筆頭 原爆漫画『はだしのゲン』 (ヤンキ-の野郎
原爆展 とりやめやがって マザファッキン)

とか 読ませて アメリカ人を狂気の淵にあるという
 電気菩薩の姿を拝ませたいですね 

なにはともあれ ネットアイドルざくろは 町山友浩をマジで応援しています 

HEAD>













1786話 ハイウェイの怪
OZIの彼女「あら OZI だれそのこ」
「……俺の尊敬する人 だよ……」
「………ふ-ん」

小一時間程走ると 草の茂みと舗装道路のみで構成された
国営道路に入った
「………ん……」
バックミラーに何か黒い影の様な物を見た OZI
ガシャン!
という音を訊いた
「……?」
キイイイイイイと車を止めようと地面に火花が走る
「な……なに?」
「わ わからねえ 車を止めようとしてやが」
と言いかけたOZIが 体からガスを破棄出し 
運転席のドアを開け エクトプラズマを
風と友に送り込んだ
「ウ……グウ」
「よし 振り切った」
車を止めようとしている 何かは ガスクラウドの
煙に やられ 闇夜のロードウェイに倒れ 
OZIは黒い物体が 車から放され 置いていかれ
そのまま引き離されていくように バックミラーから消えたのが見えた
「……ふう 
……!」
ガスクラウドが 消え去った 後
あいつはバックミラーから消えたはずだ そう思った
OZIの心に一種の混乱が生じた
 引き離しバックミラーから消えた筈の
黒い物体が 歩み走り 息を吐き 追いかけてくるのだ……
「……おい に……人間じゃねえ! ……」
と判断し 車を止めた
キィィィィ!
とブレーキ音が 鳴り
ガシャン!
と車全体に 加重がかかる 車が揺れる さすがの小町や吉備津も目を覚した
「……殺っちまったか……」
ふき飛ばされた 物体が バックミラーから ワゴン車から
はね飛ばされるのを見て OZIは 不安を感じた
OZIの彼女が「……キャアア!」と悲鳴をあげる
「な……」
その黒い物体が破壊されたのは確かだった
そう 飛ばされ グジャ グジャとなったのも……

しかし そのはね飛ばされた黒い物体をそのままコピーしたような
つまり 全く同じ存在が 草藪を ガサガサを 震わせ
姿を表したのだ

 まさかこの怪物がここまで 狡猾で準備万端とは……
その場にいた4人の誰が思ったであろうか?
「……も……もう 一匹いたのかよ」
 オランダの夜 あくなき逃走を続ける 一台のワゴン
小町の旅に異変が起こる………
1780話 小町の旅立ち シナリオ1
「……オランダか 」
「一番信憑性があるのは オランダですね
政府発表はあれですが 恐らくオランダの湾岸部に 流れ付いて
……民家なんかにいるのかもしれません」
「………さがしに行こうか……」
「……」

「世界中を探すなんていったけど 結構地道な作業になりそうね」
「そうですね」
「ふう 」
トボ トボ トボ と二人の少女が残した足跡が 
オランダの湾岸部に 残り 波が 押し寄せる波が それを消していった
「……トボ トボトボ」

「ん- んん-ん」
「そういえばさ 磯亥さんってば 
 前大会は 優勝したじゃん 」
「はい……」
「優勝を経験してないの 私だけなのよね
神道連盟チームで」
「……」
「はあ 」
「………」
「………」
小町と磯亥の旅は 長びきそうである……

1785話 小町の旅立ち シナリオ2
「あれ OZIじゃない」
「よお 小町さん こまってるそうじゃねえか」
「……」
「のんな俺のワゴンだ」
「え……」
「いいから 乗れよ」
「あ…… うん……」

「これから何処に?」
「オランダで作った 彼女に会いに行くのさ
……つかれているならゆっくり寝な」
「ありがとう」
1465話    ス<テルダム>

オランダ アムステルダム港
OZI「う-む 豪華客船で祝賀会を開くとは 主催者もなかなかしゃれた事してくれる
じゃねえか」
前田 ざくろ「……あんたの為じゃないよ」
OZI「 お…ー ブッタブランドに ランプアイ マイクロフォンペイジャ?
すげえ メンバーだな 」
ざくろ「へへへ あたしの趣味  」 
吉備津 磯亥「だれですか……」
「え-あ- 日本語ラッパ-だけど」
和泉「ふうん」 
と納得したのか していないのか分からない返事をする和泉の横に
セイ「どうもざくろさん ……おめでとうございます」
ざくろ「あ セイさん」
出身地 出雲
年齢18歳
スリ-サイズ B89 W59 H78
好きな物 源氏物語 (原点)
嫌いな物 悪人
 備考 出雲の鷲司神社 神主の3女 
鷲司家は 代々学者と術士を排出する名家で
平安の世において 神道の神髄である 奥義光臨を生み出した由緒ある家柄でもある
それは 卑弥呼などの 古来からの言賜りの儀式を解体し 研究
した 先代は 13代目 宮廷呪術博士 鷲司 箒ノ上 の功績による
ところが大きい
本人としては あまり興味がなかったが ざくろの人柄に引かれ
大陸横断格闘大会に参加する

必殺技 光臨・一言主 光臨・ご先祖さま 光臨・大物主
光臨ノ神髄・天照大神 光臨・荒神 光臨・アマノウズメ 
新釈光臨儀・タジカラオ 必殺光臨儀・安倍清明 
超必殺光臨儀・角ノ行者




1460話 

ギ-グ・パワード VS 酉延 和泉





   」<BR>



   ス<テルダムBR>


オランダ アムステルダム港

OZI「う-む 豪華客船で祝賀会を開くとは 主催者もなかなかしゃれた事してくれる
じゃねえか」

前田 ざくろ「……あんたの為じゃないよ」

OZI「 お…ー ブッタブランドに ランプアイ マイクロフォンペイジャ?

すげえ メンバーだなあ 」

ざくろ「へへへ あたしの趣味  」 

吉備津 磯亥「だれですか……」

「え-あ- 日本語ラッパ-だけど」

和泉「ふうん」
 
セイ「どうもざくろさん ……おめでとうございます」
ざくろ「あ セイさん」
セイ「え-と 第4回の出場も できますか ……今度の大会は
名前を変えて ユニバ-サル・アルティメット・ト-ナメント2003としますけど」
ざくろ「気が早いなあ あ 一条さん」
一条「 吉備津さん 和泉さん 写真!写真!」
「カシャ」
一条姉妹「……じゃあそ-ゆ-ことで 」
吉備津 磯良「……こういうのも悪くないわね」

小町「……コ-クハイおいしいなあ あははははは」
ミルカ-ラ「……?」
小町「……あれ あれなに?」

カミ-ラ「凄いい 勢いでこっちにくるけど」


海上の水渋きを上げ現れる一機のヘリ
「R だあ」
とだれかが声をあげると
「R?」「Rだよ」 「Rなぜここに」「Rって?」「H・P・ログ・クラフト」
と会場に声が……

とスピーカーから声が
R「……パーティーをぶち壊して悪かったな!」
ざくろ「なんの目的でここに」
R「……観戦とでもいっておこうか」
ざくろ「観戦?」

「……そろそろだ」

突然 会場にいたものの全てが おぞましい 妖力を感じた
「……な なに?」
と驚くざくろの前に……三体の巨大な影が立ちはだかる
「……っく っく っく」

ざくろ「あなたは 赤い布 」
「青い布もいる……」
「そして黒い布も……」
突然 その 布が翻ると
三人の 女が姿を表した
ざくろ「………! ここれは 吉備津良さん に あやねさんに 私? 私自身?」
   
「黒龍夢想乱舞」
「『フア……』」
「……まだなにか……」
「あやねさん!」
あやね「……ざくろ 助けて……」

「ううう」 
と ざくろの攻撃を受け 船の床に蹲った
 あやねは指を延ばし 電撃を迸らせた
「吉備津 我と共に……」
吉備津磯良「……!」

ピカッ(お約束)

「きゃああああ」
と 磯良をかばい 船の床に倒れる 磯亥
吉備津磯良「磯亥!」
「ね……ねえさん よかった無事で…… 」
ガクッ
「……… おのれええ 二階堂あやね」
と般若の形相となり あやねに突進する 磯良
「はあ!」
と 薄い膜の 決界(バリア)をはるが……
「……まやかし なぞ」
と 膜を斑破り あやねと 拮抗する
「うぎゃあああ」
と 声 海の落ちる2人 
「……終わった?」
そこには 2人の姿は無く ただ 黒い波が……

オランダのとある病院……
磯亥「…… ねえさん……
あ…… ざくろさんに 二階堂さんに 酉延さん」
小町「……あなたのお姉さん に 私のお姉さん……
どっちも 何処かに いる 生きている ……と思う 」
磯亥「……二階堂……小町さん  」
小町「……一緒に探しましょう 私は カミ-ラに置き手紙を渡し
家を後にしたわ
……世界を探せば ……いつか見つかるはずよ
これは 携帯電話 決心ができたら 何時でもかけてきて」
磯亥「……はい!」

和泉「…… 最後まで 声に正体は謎でしたね」
ざくろ「結局 この……大会では あきらかにならないのかもね
………自分の力で探すしかない ……
人を頼りに するよりも自分が動かないといけない ……
そういう 局面に立たされているのかもね 私たちは……

じぶんでやらなきゃ意味がない
自分でかんがえなきゃ 意味がないってね」

和泉「……わかります」
ざくろ「……私たちも いかなくちゃ ……声の正体をさぐるために」

……オカルト女子高生ザクロZERO TO BE CONTENYUD
  (とりあえず 一段落したので 構想をねる為に はやければ一週間 いや 2か月ほど休みますとなると 次の更新はおそらく8月頃になると……)

ロシア 赤の広場
吉備津 磯亥「寒いねえ」
前田 ざくろ「ロシアだもん しかたないよ」
酉延 和泉&吉備津 磯亥「まあ そうですけど」
「次の対戦相手は……ギ-グかあ 」 
「だれですか……」

ざくろ「……… 
父の敵 」
吉備津磯亥「……!  あ ごめん ごめんなさい……」
「いいのよ……べつに」

第三回 TOK2002大陸横断大会IN 赤の広場 




TIME 1:33
 サポーター動員数 19990
 ロシア
 



「……」
TV局の男「え- 準備できました どうぞ……」

「ふ 前田ざくろか……」
和泉 「あの……悪い人なんですね」
「……まあな」 カメラマン「OK です じゃあ 試合がんばってね」

GIIGU PWAERD VS ZAKURO MAEDA



「っく 今回は 負ける気がせんわ フッ……弦庵と共に 血の海に沈めてくれよう」

「……」

ROUND 1 REDYFIGHT! 




「いくよ! 蛇竜健闘剣」
「支竜・戦塵! 」 
「復讐……なんて…… 刻龍 電撃将!」
「ぐはあああ」

   K.O
WINER IS ザクロ  

パ-フェクト! 

 


ざくろ「……いくら戦っても」

「インタビューです」
ざくろ「ギ-グ……お父さん…… おとうさんを返して!」
1460話 

ギ-グ・パワード VS 酉延 和泉





   ス<テルダムBR> 

« | トップページ | »

ANGEL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485007/46809808

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »