最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2012年8月24日 (金)



『孤独な革命家ブルーハーブ 北海道HIPHOPシーンの紹介

どうも 二階堂小町です
かって 日本語ラップシーンには一人の革命家がいました

その名は ボス ザ MC グループ名『ブルーハーブ』

デビュ-アルバムで 『シーンは小さくなればいい』とか
『革命家の悲しい 定だよ』など 
美しい旋律の中で 過激な発言をする 北海道出身のラッパ-でした

彼は その実力を認められ 雑誌ウ-フィンに記事を書くことがきまりました
そこには やはり前述のような
『日本のアーティストは数分だけの 外国人の音源を手に入れるだけで
金をつかいやがる』
『金のことしかねえ馬鹿プロデューサー』
と毒舌で 記事を彩り 

記事の中でも一際めだつ 言葉の数々 ついに5週目で
打ち切りになりました
『まだ おわりじゃない』
と言葉を残し

それから 数年 2001年に刊行された サブカルチャ-雑誌
『クイックジャパン』に 彼等はいました
でも
『ええ あんなダサイのが(中央で)受けて 俺らがもっとダサイの作って
それがまた受けるんだよな 馬鹿みたいだけどさ』
っと 減らず口は達者でした 元気でよかった小町は安心しました

彼が 上げた HIPHOPによる革命というのは 
魅力的です 
ぜひ あのウ-フィンで書いた 記事の様に
日本のHIPHOP界に革命を起こしてください どんなになるか見てみたいです

いいたいことをいって 打ち切る様な 雑誌が日本語ラップの
カルチャ-誌だとかいうのは 冗談にしても あまりに悲しすぎますし
HIPHOPは 自分のいいたいことをいうのが その文化の発祥
(ラップの起源は黒人伝道師(ブラックエンゼリスト)の説教から始まった説とギャングのジャズから始まったのの2種類がある
ですしね 

小町は 孤独な革命家 ブルーハーブを応援しています

ランチタイムスピ-ツ 水戸茨城HIPHOPシーンの紹介

ランチ タイム スピ-ツ はブッタブランドの
コラボレーションが始まりデビューした ラップグル-プです
ユウザロックのラジオで
『なんで 上手いのに 東京にこないんだ』
と いわれる ぐらいの実力派です
しかも 『本当に売る気あるんですかこの人達』
と 読者のメールでいわれるぐらい 
アンダ-グラウンドです
…… ええっと それぐらいですね

なんか今日は いろいろ疲れたので 

ここらへんで いったんおやすみして 続きはまた後日に
お話します 

なんだか短いですが (ちょと 疲れているんで すみません

小町は ランチタイムスピ-ツを応援しています
 

« | トップページ | »

ANGEL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485007/46809794

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »