最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2012年5月 2日 (水)

荒野の決闘と 白夜の決闘 シェーンと 駅馬車と黄色いリボンを観た荒野の決闘と 白夜の決闘 シェーンと 駅馬車と黄色いリボンを観た

なんというかぼくの 映画初体験は

ワイアット・アープなのだが

ノリネコ先生の飲み会で

ワイアット・アープの話をしたら

「あれ ずいぶん酷評

されてましたよね」

と言われた

じゃあ 本家の OK牧場は どうか と見たら

うーん ワイアット・アープの方が面白いなあ

という感想 

いや 思い出補修とか 色々あるとおおもうんですけど

ワイアット・アープは 最初 麦畑のなかで始まって

その鮮明さに びっくりした

それから ヒロインが 美しいひとで

OK牧場にはなかったなあ

あと 立て札が まともだった立て札が

ボロボロになっていって

これは 面白いなあ

というのが 感想

ドクも かこいい役者さんが演じていたし

賛否もあるだろうが

ぼくは ワイアット・アープを進める

荒野の決闘には ヒロインが居ないし

ロマンスがないのだ

さて他の映画

シェーンは ラストが良かった

西部劇は 最初と最期が 一番面白い

っていうのが あるんだろう

Jという 画家の先生に訊いたら

「シェーンは 主役が痩せぎすで

全然 かっこ良くない」

との キビシー批評

駅馬車は よくわかんなかった

黄色いリボンは インディアンを演じるひとや

主役が 威風堂々として かっこ良かった

白夜の決闘は 面白い

プラトーンは この映画の 影響があると思う

女のひとが物あつかいされてて

ちょっと 今じゃ出せないよなー

女尊男卑な現代では

という感想

« | トップページ | »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485007/45108015

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »