最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« giulianoWATCHCOLLECTION | トップページ | »

2011年10月17日 (月)

大根歳時記

今日は お母さんと俳句の話をした

話の発端はこうだ「 眼に青葉っていうyじゃんかいわれとか

たべたいなあ」
といったら 「眼に青葉っていうのは 映る ってこと」

と返されたでお母さんが 「目に青葉 山ほととぎす …」

「とろろいも」 と僕が言ったら爆笑

その後 さくらもち とか やまざくらとか

大根が川に流れる 俳句があったなあ 中学生に読んだ 

國學院大学の樋口教授の歳時記に書いてあった

といったら そんな難しい俳句は知らないとの答え

ネットで 大根を調べてみると

「流れ行く 大根の葉の 白さかな」と書いてあって

読んだら お母さんに 大根の葉が白いわけ無いでしょ

よく見たら 大根の葉の早さかな

だった

ながれゆく 大根の葉の 白さかな なかなか清涼感あって

いいくだと思う

あと 晩飯は ホロという魚だった

他には

大根引き 大根の道で 道教え 一茶

なんだこれ 一茶は 変わった俳句つくるなあ

烹大根 通夜の 畳の上に置く という俳句が

お母さんは 気に入ったらしい いいくねーー

としみじみといった

僕は 大根を 団十郎する 子供かな

のほうが面白かった

なんというか 現代的なタッチで 

大根を 「これぅぞ でんぅかんお ほぅとおおおおお」

と 団十郎みたく 見栄を はる 子どもが

思い浮かんで 思わず笑った

僕も一句ひねろう

大根の 彩り並んだ 蓮田のコープ

こんなんで いいかな

« giulianoWATCHCOLLECTION | トップページ | »

エッセイ」カテゴリの記事

  • (2017.03.23)
  • (2015.10.05)
  • (2017.03.16)
  • (2017.03.16)
  • (2017.03.16)

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485007/42550496

この記事へのトラックバック一覧です: 大根歳時記:

« giulianoWATCHCOLLECTION | トップページ | »