最近のトラックバック

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ANGEL Ⅵ | トップページ |  ロリコンは 知的な遊びだったのだ »

2008年4月 2日 (水)

やっぱ アニメ観ているやつ=オタクなんだよ

<

Google

dd>http://www2.atchs.jp/test/read.cgi/takekumamemo/93/オタクと実社会が決定的に乖離しだした時期は、少年誌にロリコン漫画が堂々と
載りだした時期と重なってないですか?

80年代初頭ぐらいからロリコン雑誌が全盛になり、漫画もその影響で毛がなきゃ
OK的なエロの抜け道が一般紙の少年誌に移り、普通の社会に認識されだした頃
この頃、何となく危ない連中だなと疑われ出したと感じます

この雰囲気が生まれた頃、宮崎事件が起こり、一気にオタク=ヤバイの図式が認知され
竹熊さんが感じていた認識もここで生まれたと思います
そういえばオタクのキーワードの中の一つにロリコンってのがありましたね。
私にとってロリコンって2次元だけのものじゃないので今の2次元限定ロリコンって抵抗ありますね。
2次元ロリコンキーワードがオタクに組み込まれたのはだいぶ後じゃないかな
ヤマトガンダムが登場したころにはまだロリコンは別カテゴリで3次元限定だったです。
ナボコフの小説やデビットハミルトンが撮影した写真集に胸ときめかせた
古きよきロリコン時代でした。
ただし漫画アニメオタクに当時の3次元ロリコン趣向は好まれる傾向にあり
宮崎事件も現実の3次元幼女が対象になってましたよね

1970年生まれで、東京で青春時代はすごしましたが、
オタクというか、アニメファン差別はありました。
ガンダムを見て語るのはすでに「あぶない、暗いやつ」だったかな。
小学生だったんですが、なるたけ自分の趣味を人に話さない癖がついたのはこのころかな。
アニメが好き、って話すだけで、なにか嫌な生き物を見る目で見られて辛かった。

住んでいる地域、ってのも一つのポイントではないかと思います。
僕は69年生まれですが早生まれなので、ガンダムの本放送の頃は伊豆半島に住んでいた小学五年生でした。
オタク差別というか、オタクということばをはじめて知ったのは「OUT」の人生相談コーナー「AOI私を責めないで!」でした。
そこではオタクと同じ文脈で「ピー」とも呼ばれる、コミュニケーション不全の失礼なアニメファンがいるとされていて、
そういう人間は同じアニメファンの中でもつま弾きにされるから気をつけよう-といった内容があったと記憶しています。

なので、僕の中のオタク差別というのは「アニメファンとそうでない人々」ではなく、
「アニメファンという囲いの中での問題」であったと今でも信じています。
これが1984年から85年にかけての連載記事での話題ですから、取り敢えずこの段階では「オタク」という言葉はまだ市民権を得ておらず、
あくまでもアニメファン内部での内ゲバのようなものだったのではないかと思います(この記事が正しかったとすれば、ですが)。
しかしながら同時に、同誌での記事などには普通の人々と接する時には自分の趣味を公にするのは良くない、と言った文言もありました。
そうして考えるなら、この時期に広くあったのはオタク差別ではなく『いい歳してアニメとか漫画なんか読んでるのは幼稚な人』という世間の目を憚る
ということではなかったでしょうか。
無論、それが激化すれば言われなき虐めや差別に繋がっていたこともあったでしょう。
事実、自分は高校生の時は漫研に所属していましたが、悪っぽい生徒からからかわれていたということもありましたし。

とまれ、「宮崎事件」から後のオタク蔑視と、それ以前の問題とは一線を画しているのではないかと思います。

自分は64年生で、多摩美に一浪で入りましたが、記憶では一年から二年にかけていわゆるアニメ好きを「アニメック」と大多数の一般人は呼んでおり、自分もその中にいました。それを差別と呼ぶことはできるかもしれません。確か84~85年です。
その後、「オタク」という言葉が流通するようになり、アニメ研究会の子たちが実際に互いをオタクと呼んでいてびっくりした覚えがあります。
中森明夫などが言うように当時は新人類対オタクという図式は確かにあり、自分がオタクと同一視されることを見かけ上の差異のあまりない美大生などは非常に神経質に畏れていました。反面個別のレベルでは、何かオタクに対するコンプレックスのようなものもあり、それが後にオタクサブカル論争みたいな形で呼ばれるひな形になったのではないかとは思います。いずれにしても本質的な差別意識はないものの、理解不可能なものとしてのオタクを畏れる気持ちは一般にあり、同時にどこかでそれを認めなくてはいえkない心性もありましたが、少なくとも当時の美大受験の教育ではアニメ絵はいけない絵とされており、そうした意味でアカデミズムがオタクを排除していたきらいもあると思います
東浩紀氏と同じ1971年生まれ。第二世代です。

確かに当時「おたく」という存在は世間一般に認知されてなかったと思います。
そこであった差別の実態についての仮説をちょっと書かせて頂きます。

中森明夫のいう「おたく」は「痛いアニメファン」というニュアンスだと思うのですが、
当時アニメファン達がこの言葉に飛びついたのは自分たちの周囲で「痛いアニメファン」が存在していたからではないでしょうか。
そして、「おたく」という言葉は「自分はそんな痛いヤツとは違う」と周囲に宣言するかのようにオタク差別をしていたように思います。
(激しく「おたくバッシング」をする人にはおたくに片足突っ込んでいた人が多いのと同じ構造)
でも、端から見れば「痛いアニメファン」も「ただのアニメファン」も大差が無い訳で彼等も、より外側の存在(サブカルとか)から「おたく」と揶揄されると。

痛いアニメファン<アニメファン<サブカル

という感じに階層的に差別があった気がします。
だから、自分がどんな立場で差別した人がどんな立場だったか、
その状況に対する理解次第で「世間に差別された」とも「おたく同士の差別だった」とも受け取れるのではないでしょうか?
宮崎事件ってのはきっかけであってオタク差別とは別ものだと思う。
ああいったショッキングな事件はたしかにいつまでも記憶に残るけど
一過性のものであって一般人の間ではじょじょに忘れられていく。
宮崎事件まだ記憶さめやらぬ時期に
宅八郎がオタクというのはこういうスタイルだと定着させた事だと思う
当時は毎日のようにどこかのTV番組でキモオタスタイルの
オタク代表者だと自己宣伝する宅八郎が
お茶の間に侵入してくる
そこでの宅八郎はキモく電波な発言をしまくり
ほかのゲストたちにバカにされる存在。
一般人はこれを毎日見続けてオタクはこういうヤツらなんだと思うようになった。
いわゆるオタク蔑視ってのはここから始まったんだと思う。
電車男でTV版は今時のオタクファッションだったのに対して
映画版はステレオタイプな古くさいオタクイメージを持ち込んでた
いまだにオタクはこういう存在なんだと思ってる一般人は多い。
昭和42年生まれです。ガンダム本放送は確か小学校高学年の頃です。
当時はマイナーだったガンダムを観てるというだけで少々特殊でした。
中学時代、私はいじめられっ子でしたが、いじめの悪口の一つが「アニメキチガイ」でした。
田舎だったからかもしれませんが、ガキ向けのアニメを中学生になってまで観てる、という
ニュアンスでした。
ただ、私をいじめるヤツ全員がそう言ってた訳じゃなくて、たった1人だけです。

個人的にはオタクを名乗れるほどの人間じゃないんですが、今勤めてる会社でもなぜか
オタク呼ばわりされます。遺伝子ですかね(笑)。
けれど、冷静に受け止めるとあまり差別的な雰囲気は感じません。

差別があったとしたら、それは多分オタク自身によるものか、オタクが過剰反応しているだけか、
世間一般ではオタクは差別対象になってるみたいだからとりあえずそうしているか、いずれかだと思います。
本当に外部から差別してる人もいるとは思いますが、それはオタク全体を差別してるんじゃなくて、
その相手個人だけなのでは。

差別的な扱いはTV等の中だけで、おそらく世間一般はそれほどオタクに興味ないんじゃないでしょうか。
TV等でオタク差別が露骨なのは、そもそもTVを作ってる人たちがオタクだからだと思います。

信じられない と思うが80面大では ロリコンは 知的な遊びだったのだ
その証拠に 吾妻ひでお の 失踪日記を読めばいい
「コミケカラ やおいを追い出せ」という フレーズで ハードロリコン同人誌を出した
と書いてある でももう 
2011ねんですよ いまさら 知的エリートとしてロリコンだとか 
2ちゃんねるの幼女とか ロリコンがどうこういってのるのって 80年代の奴ら
なんじゃねえ 

もう 世代は変わりました 適応してください

« ANGEL Ⅵ | トップページ |  ロリコンは 知的な遊びだったのだ »

ANGEL」カテゴリの記事

SISYIUSETU e」カテゴリの記事

SISYIUSETU2.0.com」カテゴリの記事

sisyousetu」カテゴリの記事

Sisyousetu 2.0」カテゴリの記事

Sisyousetu 2.0.com」カテゴリの記事

SISYOUSETU.COM」カテゴリの記事

Sisyousetu2.0.com」カテゴリの記事

ケータイ小説」カテゴリの記事

シショーセツ」カテゴリの記事

恋愛小説 ミステリー SF ホラー ファンタジー」カテゴリの記事

私小説」カテゴリの記事

私小説.com」カテゴリの記事

私小説2.0.com」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485007/12126429

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱ アニメ観ているやつ=オタクなんだよ:

« ANGEL Ⅵ | トップページ |  ロリコンは 知的な遊びだったのだ »