最近のトラックバック

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« (今日の格言)相手を知り己を知れば百戦危うからず(孫子)名言 | トップページ | タイタニック』見終わったRe: »

2008年3月30日 (日)

ANGEL Ⅵ

Google

孔子の言うところの 小人だって

おざきゆるさねえ このOOという男は これで自分ではけっこう誠実な
人間のつもりでいたがるが それでも母が産んでくれねばよかったと思うほど
いろんな欠点を 数え立てることができるうぬぼれが強い
執念深い 野心満々だ そのほか どんな罪も犯しかねぬ
罪 想像のうちにもまだ 明瞭な形をとっていない罪
いや 折りさえあればすぐにでも犯しかねない罪 そういうものでいっぱいだ

その罪を おかさるざるを 得ないもの それこそ おざきという大悪人

我は 手に持った 手斧で 暗闇 

猫を八つ裂きにするような荒事なら お手の物 やんやの喝采請け負いだ

斧は 銀色に輝いていた 私は手に持った 斧をよく見た よく刻まれた年輪
よく砥ぎ 黒鋼と 銀の 輝きが わずかな大気の光に光る
一条  の光がさした 
振り下ろすときは 心臓がドキドキするのだろうか 荷重は 軽くかかるのだろうか
私は 殺しをする ことで 頭が一杯になった
思えば 黒い野郎だった 亞奴は 黒く 薄汚れて 老人で いじわるで 馬鹿にした目つきが いつも 俺をみていた

観察しているのか 俺を 観るような 目つき 糞 吐き気がする
そういう 物を取り除くために 脳髄を 黄色い脳髄を 引きずり出して
真っ赤に染めてやる 床を 
じっくりと相手を見据えた 

どんな野獣だって あなたほど 残忍じゃない

緊張の この緊張感がたまらない
俺は快楽が 襲ってきた
快感だ 奴を殺すことは
たまらない 閉場しがたき 楽しみだ

うまいものほどつい食べ過ぎて 
胃にもたれて おえっとなる

狩りだ 人間がりだ いらない人間など 捨てればいい

俺は 手に持った 手斧を 掲げた
おざき

なんて忌々しい名前だ
0に賭けるんだよ ゼロに 

そう叫びながら 奴に襲いかかった

その目つきは ストップがかかったようだった

時間が凍りついた
踏みとどまって 面と向かう勇気がないんだろ
奴の 目には 映った 逆襲に燃える 若きハムレットの姿が
だが ハムレットとは違う 彼は 悩みぬいて チャンスを逃した

だが 私は おびえるような目つきだ 

最高だ!!

これを待ってたんだ!!
さあ その 生気のない目に 命のともしびをともしてやろう
だらだらと続く日常 つまらないものだと思うだろう
だからこそ 与えてやるんだよ お前に なにも持っていない

お前に スリルを 感動を 感謝したまえ

感動し むせびなくがよい 気の狂った人間は頭の中は煮えたぎり

さあ 私のような 人間に 感謝しながら死ぬがよい

私は 殺しが好きだ! 怯えるような目つき! 破滅への予感! 鳴り響くパトカー!
なにもかも 私は 奴を殺すことを愛している
正直言うと 涙が止まりませんでした
笑い泣きしたのはあとにもさきにも これが初めてです
これはなんと血がたんと 

来たれ 復讐の女神たち!
おお 運命の 神 来たれ 来たれ
殺せこぼせ 壊せ こづけ

やつを 殺すそれで 完成する 全て 私は 求めて追及しているものだ
君の惨い仕打ちに心臓を刺し貫かれたのだから

輝きだ 舞い降りた エンジェルの はばたきは 頭の上で ひらめく
あなたなんか人間とは思わない

真っ白な 輝きをもった エンジェルは 祝福の金をならす
空に瞬く金色の
光にも似て輝きたて
聞こえるだろう お前にも なりひびく祝福と 歓喜の声が
涙をながすほど感激している 

私は どうしようもない ただ 考えていること

頭の中は 殺すことで一杯だ

おざき 音楽を そしてこの男を
深い眠りに沈めてやれ「

私のような 偉大なる 生き物に 殺されたことを
異論は聞かない俺が腕づくでもだまらしてやる
 感謝しろ お前

真っ赤に燃える東の門が

大海原に向かって大きく開き 慄然たる光線は
緑の潮を 金色に変える

音楽だ 高らかに

流れよ 我涙 涙よ ほとばしれ!

墓は あんぐり 大口を開け
亡霊どもが 躍り出て 墓地の小道を滑りゆく

前に フラッシュバックすると言ったが
自閉スペクトラムの フラッシュバック(タイムスリップ)について 対処法 治し方
フラッシュバックとはどういうものか説明しよう
たとえばメガネだったら メガネをみると
頭の中に 眼鏡が 入って それに関するキーワードを
勝手に検索するのだ
そして 眼鏡に関する 恥ずかしい記憶(嫌な記憶は 思い出さない 恥ずかしい記憶だけ思い出す)
を 思い出させる
それが 強烈に ぶっとぶのだ
こっれを なくすためには 自分のことを かんばったこと なおすところいいところ
を書いたり リラックスしたり 深呼吸をすれば治る
フィリップ K ディックの 火星のタイムスリップという作品が
自閉スペクトラムの ひとが強烈な 未来予知を行う
というのに酷似しているらしい
ディック自身 統合失調症(精神分裂病)だったし
あと遠藤周作のコリアン先生シリーズにも 夜中 春 うぎゃーって叫びたくなるような
記憶がよみがえることが・・・・
という 文章を読んで驚いた
遠藤周作も…ンいや妄想 妄想


あとは死にたいとか もうダメだ

とか ダメ人間だお もう終わりだ 恥ずかしくて死にそうだ
疲れた つかれた

とか 言いまくるのだ脳が反乱を起こしているかのように

コントロールできないののだ

お母さんにいろいろ言われたんのだが

あとアスペハートを読んで 何度も見直した 私の好きなアニメ エヴァンゲリオンの アスカ ラングレーのセリフですが という 読者がいて
世代が変わったことを 思い知った

« (今日の格言)相手を知り己を知れば百戦危うからず(孫子)名言 | トップページ | タイタニック』見終わったRe: »

ANGEL」カテゴリの記事

SISYIUSETU e」カテゴリの記事

SISYIUSETU2.0.com」カテゴリの記事

sisyousetu」カテゴリの記事

Sisyousetu 2.0」カテゴリの記事

Sisyousetu 2.0.com」カテゴリの記事

SISYOUSETU.COM」カテゴリの記事

Sisyousetu2.0.com」カテゴリの記事

シショーセツ」カテゴリの記事

恋愛小説 ミステリー SF ホラー ファンタジー」カテゴリの記事

私小説」カテゴリの記事

私小説.com」カテゴリの記事

私小説2.0.com」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485007/11978003

この記事へのトラックバック一覧です: ANGEL Ⅵ:

« (今日の格言)相手を知り己を知れば百戦危うからず(孫子)名言 | トップページ | タイタニック』見終わったRe: »