最近のトラックバック

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« | トップページ | 萌えについて »

2007年12月 5日 (水)

北浦和紀行

Google

今日は 北浦和の美容室トレントに行って来た

K君と言う 格闘技マニアの友達に

紹介されたからだ

「Sさん トレントいいですよ~ 自動髪洗い機 すっごく きもちいいですよー」

といわれたので 行ってみることにした

せっかく 美容室に行くのだから 

デイケアの女のこ達に 好きな芸能人を 訊いてそれを参考に

しようと思った

で 候補に上がったのが 嵐のボーカル 松本淳 ウェンツ(K前さん推薦)

スピッツのボーカル 草野正宗 イチロー

うーん 松本淳の髪型にすると 長州小力みたいになっちゃうな~

で ウェンツは ハーフだし

イチローは ちょっと イメージに合わないので

草野マサムネ の髪型にすることにした

で インターネットで 草野マサムネという人を グーグルの

イメージ探索(画像をインターネットから探してくれる グーグルの機能)

をして 印刷をして 美容室に持っていった

( ついでに ヤフーで トレントの場所を調べて

地図検索(1分8000の地図)を

コピーした

電車に乗ると 快速に乗ってしまい 一気に赤羽についてしまった

本当は 新都心でおりる 予定だったのだが 

で 駅員さんに 「北浦和は何処ですか」 と聞いたら

「ニ番線ですよ」 と返ってきた 

よかった… ここで間違っていないのか!

赤羽で 京浜東北線に乗り換えて 北浦和に行くことにした

京浜東北線の線路図をみると 秋葉原が書いてあった

この間 秋葉原紀行を 書いたときに 上野で乗り換えたんだけど

京浜東北線でも行けるんだ と一寸(ちょっと)賢くなった

週間スピリッツを 駅で買った

ビックコミックスピリッツは ネットでは

「ビックコミック系の漫画雑誌の中では 一番つまらない」

という評判で 僕自身も アグネス仮面と 団地ともお 

THE 三名様 闇金融ウシジマクン 以外はそれほど好きな漫画はない

ハクバの王子様は ネットで人気があるけど いまいち

面白さが分からないし

(人気があった連載では 20世紀少年とか)

だけど 惰性で買ってしまっている

いやあ 団地ともお 面白いから(コミックスも4巻まで買った)

ちなみに この漫画誌は 美味しんぼ と気まぐれコンセプト じみへん(調べてみたら769回も続いている)

が乗っている

この三つで雑誌を保っているようなものだ

むかしは 昔のスピリッツは めぞん一刻 YAWARA サルでも書ける漫画教室 東京ラブストーリー 東京大学物語 とか

名作がそろっていたんだけど

まあ マイナーな雰囲気が好きなので(幼年期 コロコロ派でなく ボンボンだったし)

この雑誌を買っている

で 電車のなかで 持っていた ネオジオポケットで遊んだ

ネオジオポケットというのは SNKというゲーム会社が出した

悲運のハードで ゲーム市場の売り上げでは全然売れなかったらしい

でもいいゲームがたくさんあり 僕は好きだ

特にいつも差している { SNK VS CAPCOM 最強頂上ファイターズ }は面白い

ネットでPS2の{カプコンVS SNKミリオネアファイティング2000}や

{CAPCOM vs SNK2} よりも面白いって 評判のゲームだ

これについて話し始めると 枚数が足りなくなるので 

音楽の面で 一言三言 このゲーム PS2や DC(ドリームキャスト)の

ゲームより優れているのは音楽

スト2のリュウの!! ケンの!! 春麗(チュン・リー)!!の ガイルのテーマが

完全に再現されている 

これには驚いた!! 

「モノラルでいいじゃん 携帯ゲームなんだから…」{ネオジオポケットで音声を出すってことは つまりスピーカー
は一つ つまりモノクロだ 普通「モノクロでいいっしょ!」ってことになるでしょ 話の分かるヤツだ

でもネオジオポケットはしない ステレオ!! ヤヴァイ 超ヤバイ 普通イヤホンつけて ゲームする人なんて
ほとんどいないっしょ でも…… ステレオ!! ありえない!! でもありえないことをするから 偉い 

超偉い こんな偉い ネオジオポケットのゲームを一部マニアだけにとどまらさせておくだけじゃなくて ネオジオポケットの

偉さを 一般の人はもっと知るべきだと思います}

ということはしない 

はんぱない 凝りよう である{インターネットでネオジオポケットファンサイトを

覗いてみたら MP3プレイヤーとして 利用する事を前提に

開発されていたとのこと (MP3プレイヤーのソフトはサンプルだけできて 会社が倒産してしまったらしい)だから 音に凝っていたのか)

 更に京(ゲームのキャラクター)のテーマは キングオブファイター96の

庵は 97 レオナは96のテーマが流れる 

テリーは飢狼伝説2のテーマだし リョウは竜虎の拳(アートオブファイティング)の音楽 しかも…

 あの藤堂竜白先生の面だ!! これは渋いとか 通好みのセレクションとか

通り越して 「覚えているヤツ いるのか?」 という次元だ(KOF98で流れていた気もするが…)ほんと
挌闘ゲームマニアにしか ワカラン セレクションだ

と挌闘ゲーム好きなら 血が沸き、肉踊る 渋いセレクションが

PS2やドリームキャストには無い 豪華特典なのである

個人的には 挌闘ゲーム屈指の燃える闘魂テーマ

ギースの画廊伝説1の音楽と べガのストリートファイター 2 ワールドオブウォーリア(一番 初めのスト2)

が再現されていて 一寸(ちょっと)現代風にアレンジを加えているところがいい

(特にギースの曲は 今聴くと 「だめだこりゃ!!(持ってるのがメガドラ版だから特に)」ってかんじだが

このゲームでは 素晴らしいアレンジが加えられ 「超ヤバイ マジ イケてる」って感じの名曲になっている」

のである 

それから おまけゲームにビートマニアが付いていて

春麗のテーマや ナコルル 麻宮アテナの歌や フェリシア ダン

月下の剣士(これ自体 スゲーマイナーだ)のあかりの歌(うーむ なんか渋いセレクションだな…)をビートマニアで遊べる

というのも画期的だ たしか挌闘ゲームの音楽のビートマニアはなかった気がする

(アニメソングはあるけど)

あと 大 魔界村の音楽が流れる ゲームとか メタルスラッグのゲームとか

サムライスピリッツの一番初めのボーナスステージのゲームとか(これの再現率はすごい

サムライスピリッツそのまま 当時現役ゲーマーだった人は 涙ながすんじゃないかな?)

なんか アイディアを いい方向に 詰め込みすぎたら こうなった( 普通 アイディアを詰め込み過ぎるとクソゲー(エネミーゼロは酷かったなあ)
になるけど 

ってカンヂのボリューム満点のマクドナルドのバリューセットみたいな ゲームだ

1490円で買ったけど 音楽だけで 十分元は取れた

(そうそう キングオブファイターズっていえば セガサターン版で 95~97まで

やったけど 96から「サービス!! サービス!!(ユリの勝ちゼリフ) 「あんたバカ?」(ユリの挑発)とか

「あなたは死なないわ」(レオナのセリフ)とか 一部のアニメファン つまり エヴァ(エヴァンゲリオン)ファンにしか

通用しない ネタ満載になってしまった 97では 庵が暴走初号機になってしまったし

(千葉の某地域では ラリり庵と呼ばれるらしい)

MAX必殺技では 「使徒を食ってる?!」 だし95まで 95までは 硬派な挌闘ゲームだったんだけどな

あと99で Kダッシュという キャラクターが「俺一人で十分だ」というセリフがあるんだけど

PS2のナムコのRPG テイルズオブリバースの主人公 ヴェイグが「俺一人で十分だったな…」

と言うセリフにやっていたP君と ひっくり返ってしまった 

まさか パクリゲーと呼ばれる キングオブファイターズからパクルとは

ある意味コロンブスの卵!! ナムコ なかなか味な事をしてくれるメーカーである

あと ハイデルンという キャラがいるのだけれど これの使う技が ストームブリンガー

これの元ネタは アメリカの作家 マイケル・ムアコックの ヒロイックファンタジー エターナルチャンピオンシリーズ

エルリックサーガ「 メルボルニアの皇子 」と言う本に出てくる 魔剣ストリームブリンガーが元ネタだとおもう

この魔剣は 関わった 人の生気を すすりとるという 魔剣でエルリックの 戦友や恋人を

廃人にしてしまう という 剣で ムアコックの描いた 虚無的で退廃的な 

雰囲気がなかなか 面白い本である 「この世の彼方の海」「黒き剣の呪い」「ストリームブリンガー」はオススメ(絶版してるかもしれないけど…)

で ゲームでは 開いての体力ゲージを吸い取る 技になっているけど

これは元ネタ知っている人いるのかな~?)

閑話休題(あだちごとはさておきつ)

さて そうやって ゲームをしながら北浦和駅についた

来てみて思ったのが 「結構都会だな」

と思った 母さんと 浅草に行ったときは

「浅草って 田舎みたいだよね 昔の建物がそのまま残っていて」

と言われた で P君に そう言ったら

「いやー 浅草 全然 都会じゃないすか 行って驚きましたよ」

といわれてしまった

もっかい 閑話休題(あだちごとはさておきつ)

途中 ミスタードーナッツでフォンデリングを買って食べて

北浦和の 西口を出て バスのロータリーを こえると

埼玉大学通りというとおりにつく 

浦和公園を 過ぎて その通りをまっすぐ進んで行けば トレントにつく予定だったのだが

行きすぎて サティについてしまった

持っているやフーの地図では サティの前に トレントがあるようなのだが

と 一寸迷った で2戸 程 美容室を見つけ

やっと 見つけたのがトレントだった 

雰囲気は落ち着いた 感じで

中に入ると ネコ顔のお姉さんが 受付をやっていた

「あの予約していたSです 」

というと 「ちょっとお待ちください」

といわれ 待つことに… 待っていたら

いかにも 美容師といった かっこいい店員さんに

声をかけられた

「ええっと 度のようなカットにしますか」

「(ゴソゴソ)これですよ!これ!!」

と草野マサムネの ネットでコピーした写真を出した

「あ わかりました ナチョラルな 感じ ですね」

「眉毛も 整えてください」

「眉毛は 1500円になります」

「あ あります」

と言うわけで 商談成立? ちょっとちがうか

で自動髪洗い機に 行くこととなった

「最初なので ちょっと くすぐったくなるかもしてませんけど」

といわれた

自動髪洗い機は 結構大きい 洗濯機ほどもあるマシーンで

頭を乗せるところがあり 

そこに頭をのせた 

今思い出したのだが 昔のSFに出てくる

全自動 身体洗い機 というのが 頭に浮かんだ

頭を グルグル回るような感じで 

はー 極楽 こりゃいいや 

結構 きもちが良かった

で 終わって カットをし始めた

スピリッツを 読もうと思ったので

大きな鏡台の前に スピリッツを置いたら

美容師のおにいさんに

「あ 漫画が好きなんですか?」

と聞かれた

「ええ まあ おにいさんは なにが好きですか」

「最近は ジャンプですかねえ デスノートなんかは難しいですよ

でも面白い」

むずかしいけど 面白いとは いかなる事態であろうか……ああ!解った!!

「推理小説を読んでいる感じですか」

「! そうそう そんな感じ」

とスピリッツを置いて 美容師のにーさんと話をしていた

「ジャンプか 

 るろうに剣進 (俗に るろ剣 この人の「武装錬金」という漫画がネットで

二巻を10冊 三巻を20冊 四巻を30冊も買う人が居て{圧巻!!}

ブログで 好きだけど 人気がいまいちな漫画を 20冊や30冊(同じ巻の)買って

 武装練金買いました~ というのが ネット界で密かに流行っている いわゆる プチブームだ)

とか すごいょマサルさんとか 読んでた」

「あー なつかしいね マサルさんとか 結構展開がグダグダになっていたよね」

「そーそー かわいいキャラ えっと もきゅーだっけ あいつがでてから

ちょっと おかしくなったなあ あの漫画」

「僕はねえ 幽々白書(俗に幽白 2006年現在 原作の富樫さんは

ハンターハンターをジャンプで連載というか休載というか……)とか」

「あー 幽白見ましたよ あれも最後らへん グダグダでしたよね」

「好きなキャラいる?」

「あー 桑原(幽白のキャラ 霊剣使いのリーゼントの不良のにーちゃん 痩せてて背が高い)」

「ああ 桑原ね結構 つかえない ヤツだけど 影で
結構努力してるんだよね そう言うところが好きなの?」

「いやー 鞍馬(※)とか 飛影(※)とか 結構性格わるいから

ちょっと友達にしたくないタイプだなーと思って」

「あー(笑) そうかそうかあのふたり微妙なところあるよね」

「そうそう 現実にいたら どうか? と」

それから 幽白の話をした

「玄海って若いとき結構かわいかった」「歳取ると皺が増えちゃウンだよねー」とか

「裏浦島太郎とか 裏桃太郎とか知ってる」「あー結構強かったよね」とか

「厨って お酒のむと 強くなるキャラいたよねー」「あーそうそう へットバットで」

なかなか話せる 幽白好きな K保さんに 会わせてあげたいな~

でバカボンドの話になって

「バカボンド知ってる?」

「あー 三巻までしか読んでない」

「そっか 」

「周りの友達が バカボンド目当てに 買ったモーニング

みんな蒼天航路にハマッてしまって

蒼天航路しってますか?」

「三国志の漫画だっけ 知ってるよ 曹操猛徳(すごい名前だなあ)が主人公なんだよね」

「結構 面白いんですよ 僕

子供の頃 NHKの 人形劇で 三国志好きだったから」

蒼天航路は ネットでも投票で バカボンドを抜いて 7位に

ランクインした 面白い漫画 オススメ!!(あと スピリッツの「 ハクバ ノ 王子サマ」が8位にランクインしていた

あの漫画 そんなに面白いのかなあ 土井さんという男の教師と 貴子様という女の教師が女子高でくっつきたいけど意識しすぎてくっつけない

しかも土井さんのほうh 婚約者がいて 貴子様の 心の動きを 絶妙な表現力で描写していくって だけの漫画

なんだけど いまいち 面白さがわからん)

で 三国志の話をして 

「五虎将 って知ってますか 」
「知ってる知ってる」
「黄忠とか 厳顔とか 好きなんですよ」
「あー 年とってても 頑張ってた将軍だよね

かっこいいよね」

「あと馬超とかかっこいいですよね」

「あのひとは 最初 蜀の人じゃなかったんだっけ」

「そうですよ 最初雲南省 のほうだったかな

いや 河北だったけ の方の人で 

信じられないですよね 中国の最北端から

最南端まで旅してたっていうから 昔の人のバイタリティってすごいなあと」

「そうだね 人というか 馬もすごいよね 馬疲れちゃう

よね あれだけの距離 旅したら」

「そうですねー」

「結構 僕 呉が好きなんですよ」

「あー うん」

「呉は陸遜将軍がカッコイイですよ

人形劇で 一番かっこよかった」

「そうかー」

「後赤壁の戦いとか」

「アレで コウガイっていう将軍が かっこいいんですよ」

「けっこう いいからだしてる 武将だよね」

「それから 三国志で すごいシーンだなーと 思ったのは

魏にカコウトンという 武将がいるじゃないですか」

「あー 片目の武将だっけ」

「あの人 矢傷で傷ついた片目を『親から貰った 大事な目玉だ』

っていって 食べちゃうんですよ!!」

「わっはははは」

「それからー 張飛が 虎を 一人で 素手で倒した話とか

印象に残ってますね」」

「すごいよね」

「K1のマサト 見たいな人 だったのかなー」

とか 「天下三分の計(※)はたしかコウメイじゃないくて チョウシュウって人が

発案したんですよね 地図を劉備の元に持っていって」

「それはしらないなー」

とか 三国志の話で盛り上がった

で そのあと 眉毛を切ってもらうことになって

眉毛ソリ機 というのをもってきて

驚いた!!

眉毛を 剃るためだけの 機械があるんだ!!

「みたことないですよ」

と言ったら

「うん お店では売ってないね」

とのこと

で 散髪を終えて 

トレントを後にした 

で帰りに ゲームショップによった

そこで ドリームキャストの GIANT GRAM 全日本プロレス in 日本武道館{ジェフリー(※)とウルフ(※)影丸(※)が

ヴァーチャファイターから参戦(SEGA)180円

と言うゲームと PS2の{キングオブコロシアム 新日本×全日本×パンクラスディスク}{キングオブコロシアム ノア×ゼロワン(スパイク)}どちらも580円

と言うゲームを買った あれamazon(インターネットショッピングの大手サイト)

プロレスで検索したら 引っかからなかった ソフトだ

PS2でも 実名選手のでる ソフトがあったのか

と驚いた (前回のエッセイで 「PS2にレスラーの実名がでる

ゲームは無い!! 」って書いてしまって おお恥かいてしまった

PS2でも 実名レスラーのソフトはあります)

で こんど 山田さんとやろうと思う

それから スペースチャンネル5 というゲームを買った

これはたしか マイケルジャクソンが出てくるゲーム

だったきがする 

それから 大宮に降りて アグネス仮面の4巻から6巻を

大宮ロフトのコミック売り場に 行って買おうとした

ロフトに入ると エレベーターが故障していて

しかたなく エスカレーターで上がった

でコミック売り場の 小学館青年コミックスに行った

そうしたら アグネス仮面は あることはあったのだが

4巻と 6巻 しかなかった

店員さんに訊いてみると 

「いまあるのは それだけですよ」

といわれた 残念 

地元のラOOOOO屋で 5巻を予約した

で アグネス仮面4巻を 読んだのだが

「うーん 4巻 嫌いじゃないけど この展開はな~

笑いも少ないし」

と言った感じだ いや 嫌いじゃないぞ 

ただ ちょっと シリアス過ぎる

しかしこれから読め始める人は 123 645 

の順番で読むと いいかもしれない 

黒人カラテ家の マイケルジャクソンが…

6巻は かなり面白いし 笑える サイコーだ!!

まあ そんなところで 

総括は えーと 自動髪洗い機 はとても気持ちが良かった

というところで 終了したいと思う

 

  

« | トップページ | 萌えについて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485007/9268165

この記事へのトラックバック一覧です: 北浦和紀行:

« | トップページ | 萌えについて »